スパンタックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スパンタックスのCV-990

スパンタックスSPANTAX)はかつてスペインに存在したチャーター航空会社

概要[編集]

1959年にスパニッシュ・エア・タクシーの名称でカナリア諸島に設立。スペイン初の民間チャーター便会社として誕生した。

1963年にスパンタックスに名称変更。コンベア CV990ダグラスDC-9などの機材を使用し、国際線も運航していた。同社は、生産機数が少ないCV990を、1980年代まで使用していた唯一の航空会社だった。

しかし、1970年代から小さな事故を多発するようになり、安全性に疑問を持たれるようになった。さらにオイルショックによって、燃料価格が高騰すると、燃費の悪いCV990を運航していたスパンタックスは大打撃を受けた。それでも、1977年にはワイドボディ機であるマクドネル・ダグラスDC-10を導入。1980年代に入ると夏の観光シーズンにダグラス・DC-8で東京向けのチャーター輸送を行うまでになった。

ところが、1982年マラガ空港でDC-10の墜落事故を起こしてしまい、チャーター契約は激減してしまった。その後、ルクセンブルクの投資会社によって買収され、ボーイング737-300などを導入して経営の立て直しを行ったが業績は好転せず、結局1988年に倒産してしまった。