スパンタックス995便離陸失敗事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スパンタックス 995便
Spantax McDonnell Douglas DC-10 EC-DEG.jpg
1981年にチューリッヒ空港で撮影された事故機
事故の概要
日付 1982年9月13日
概要 離陸中止に伴うオーバーラン
現場 スペインの旗 スペイン マラガ空港
北緯36度39分48秒 西経4度29分03秒 / 北緯36.66333度 西経4.48417度 / 36.66333; -4.48417座標: 北緯36度39分48秒 西経4度29分03秒 / 北緯36.66333度 西経4.48417度 / 36.66333; -4.48417
乗客数 381
乗員数 13
負傷者数 110
死者数 50
生存者数 344[1]
機種 マクドネル・ダグラス DC-10-30CF
運用者 スペインの旗 スパンタックス
機体記号 EC-DEG
出発地 スペインの旗 マドリード=バラハス空港
経由地 スペインの旗 マラガ空港
目的地 アメリカ合衆国の旗 ジョン・F・ケネディ国際空港
テンプレートを表示

スパンタックス995便離陸失敗事故(すぱんたっくす995びんりりくしっぱいじこ)は、1982年9月13日に発生した航空事故である。マドリード=バラハス空港マラガ空港経由ジョン・F・ケネディ国際空港行きのチャーター便だったスパンタックス995便がマラガ空港からの離陸中に、ノーズギアのタイヤが破損し、離陸中断を試みたが、オーバーランし炎上した。乗員乗客394人中50人が死亡した[2]

事故の経緯[編集]

スパンタックス995便は、9時36分にマドリード=バラハス空港を離陸し、10時20分にマラガ空港へ着陸した。マラガ空港から251人の乗客を乗せ、滑走路14へ向かい、11時58分に離陸許可を受けた。V1速度の162ノット (300 km/h)に達する直前、ノーズギアのトレッドが外れ始め、機体が振動し始めた。離陸速度に達し、機長は離陸させようとしたが、制御できなくなる恐れがあるほど振動が大きすぎたため、離陸を中止した。その時点で、速度は184ノット (341 km/h)に達しており、滑走路の残りは4,250フィート (1,300 m)ほどだった。機長は逆推力装置を使って機体を停止させようとしたが、第3エンジンのスロットルを誤って離してしまい、左右の推力が非対称になり、機体は左に逸れていった。995便は110ノット (200 km/h)の速度で滑走路をオーバーランした。ILSアンテナに衝突し、第3エンジンが脱落、フェンスを突き破りハイウェイに突っ込んだ。その際、3台の車両を巻き込み、右翼が分解した。機体は、滑走路端から1,475フィート (450 m)地点で停止し、胴体後部が炎上した[2]

事故原因[編集]

軍用機で搬送される重傷者

調査委員会は、異常な振動の原因が、ノーズギアの右車輪のトレッドが剥がれたためだとした。また、離陸速度を越えてからの離陸中止は乗員の訓練不足が影響したと述べた。離陸時のエンジン故障は訓練を受けていたが、車輪の故障時の対応などの訓練は受けていなかった。そのため、乗員は離陸中止の判断が適当であると考えてしまった[2][3][4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ministerio de Fomento. “Accident Report on Spantax Flight 995 (PDF)”. 2010年4月22日閲覧。 (see p9)
  2. ^ a b c Spantax Flight 995の事故詳細 - Aviation Safety Network. 2018年9月9日閲覧。
  3. ^ http://www.fomento.es/NR/rdonlyres/088C1CFF-4A54-4A14-AD23-92221CC4FED9/14129/1982_031_A_Spantax.pdf
  4. ^ UK CAA Document CAA 429 World Airline Accident Summary (ICAO Summary 1985-5)