パシフィック・サウスウエスト航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パシフィック・サウスウエスト航空
Pacific Southwest Airlines
PSA Airlines Logo.svg
IATA
PS
ICAO
PSA
コールサイン
PSA
設立 1949年
ハブ空港 サンディエゴ国際空港
ロサンゼルス国際空港
会員ラウンジ Presidents Club
保有機材数 74機(合併時)
就航地 31都市(合併時)
本拠地 カリフォルニア州サンディエゴ
テンプレートを表示

パシフィック・サウスウエスト航空Pacific Southwest Airlines)はかつてアメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴに存在した航空会社。アメリカウエスト航空ピードモント航空アレゲニー航空とともにUSエアウェイズを形成した航空会社の一つである。合併以前は全米で最初の大規模格安航空会社であり、1971年以降にダラスに本拠地を置くサウスウエスト航空が参考にしたと言われている。USエアウェイズへの合併後パシフィック・サウスウエスト航空のブランド名はジェットストリーム国際航空に引き継がれた。ボーイング社の顧客番号は14。

歴史[編集]

創始と発展[編集]

パシフィック・サウスウエスト航空は1949年にケニー・フリードキン(Kenny Friedkin・英語版)によって設立された。フリードキンはパイロット養成学校経営とその教官を、その後個人運営の航空会社と事業失敗を重ねていたがある旅行代理店からアドヴァイスを得て夫人と再起し、リースしたダグラスDC-3によって週に1度のサンディエゴバーバンク経由オークランド行の往復線を開設した。設立当初航空券の予約は第二次世界大戦中に作られあまっていたトイレを改装したチケット売り場で受け付けられていた。1951年にはサンフランシスコ湾を横断しサンフランシスコに就航し、1955年にはキャピタル航空から2機のDC-4を購入したが、このときDC-4の外装をより新しい機材であるDC-6に似せた塗装(楕円型の客室風防に額で四方を黒く塗りつぶしDC-6の正方形状風防へ偽装)を施していた。

1960年代、ロッキード L-188をサンディエゴ - サンフランシスコ線に投入し、さらに60年代終盤にはボーイング727-214ボーイング737-214に入れ替えた。このロッキード L-188に関しては、当初は利益が見込めないと判断し退役させる予定だったが、パシフィック・サウスウエスト航空が発注したL-188は後部にラウンジを設けた特殊なインテリアをしていたためサクラメントサンノゼロングビーチオンタリオといったカリフォルニア州の都市間ネットワークを拡充するのに中古機を含めた延べ9機が使用された。1975年にL-188のハブがサンディエゴ国際空港からレイク・タホ空港(Lake Tahoe Airport・英語版)に移され1979年に退役した[1]

ロッキード L-188・エレクトラ 1959年

しかし1978年にアメリカで航空業界の規制緩和が行われたことにより、パシフィック・サウスウエスト航空をはじめエア・カリフォルニア、ウェスタン航空、ユナイテッド航空などカリフォルニア州の主要な航空会社は運賃戦争に突入した。そのなかでパシフィック・サウスウエスト航空はリノラスベガスソルトレイクシティフェニックスツーソンといったカリフォルニア州外の西部の都市へと路線を拡げていき、主要空港に自動発券機と自動チェックイン機の導入を行うなどしたほかメキシコサンルーカスに国際線を開設した。またダラスにあり倒産したブラニフ航空を買収しようと画策したりワシントン州オレゴン州アイダホ州にも路線を伸ばしたりと積極的に事業を拡大していき、西海岸のユーレカコンコードのような小都市には新しくBAe146を投入した。このBAe146につける名前についてパシフィック・サウスウエスト航空は新聞に全面広告を出し公募して、「Smiliner」という名前に決定した。

USエアウェイズとの合併[編集]

PSA復刻塗装のエアバスA319

1986年ウェスタン航空デルタ航空に、エア・カリフォルニアがアメリカン航空にとそれぞれ州外の航空会社に買収された。このうちエア・カリフォルニアはUSエアウェイズも買収を検討していたといわれ、アメリカン航空に買収されたことで計画が頓挫したことから新たな買収対象として選ばれたのがパシフィック・サウスウエスト航空だと言われている。アメリカン航空側としてはすぐにエア・カリフォルニアの取締役会を開き対策を検討したが、カリフォルニア州内での航空市場を独占することをアメリカン航空が嫌ったため、この「USエアウェイズにパシフィック・サウスウエスト航空を買収させる」というのはアメリカン航空の作戦であったとも考えられている。しかしこの計画はうまくいくことはなかった。

アメリカン航空のエア・カリフォルニア買収が発表されてから約1時間後、パシフィック・サウスウエスト航空はUSエアウェイズとの合併計画に同意した。合併は1987年に完了し1994年までにすべてのパシフィック・サウスウエスト航空の航空路線がUSエアウェイズへと移管した。しかしパシフィック・サウスウエスト航空は合併とともに会社は完全に解体されると共に拠点は東海岸側に移されて、いままでハブ空港としていたサンディエゴ国際空港は単なるコミューター空港扱いに格下げされてしまった。またパシフィック・サウスウエスト航空が合併により目指していた全国的なメジャーキャリアへの進出は、合併以前に西海岸側のみにしか路線を拡げていなかったこともあり実現しなかった。なおこのサンディエゴを中心とした航空網は現在はサウスウエスト航空によって引き継がれている。

2005年にUSエアウェイズアメリカウエスト航空が合併した際に、一機のUSエアウェイズA319が現在のUSエアウェイズを構成している元の航空会社の記念としてパシフィック・サウスウエスト航空の塗装に塗り替えられた。この機体はサンディエゴ国際空港に配属され、もともとパシフィック・サウスウエスト航空が運航していた路線をなぞるように運用されている。

社風[編集]

笑顔に見えるPSAのL-1011
PSAの客室乗務員

パシフィック・サウスウエスト航空はそのユーモアセンスでよく知られていた。会社のスローガンは「最もフレンドリーな航空会社」で、トレードマークである笑顔のマークを航空機の先端に施していたほか、「Catch Our Smile」というキャッチフレーズにもそれはあらわれている。現在でも元パシフィック・サウスウエスト航空の整備士が冗談で笑顔マークをUSエアウェイズの機体に施すことがあるという。また米海軍の一大拠点があるサンディエゴをベースにしていたことや、その格安の運賃から「貧しい水兵の航空会社」とあだ名をつけられたこともあった。

また客室乗務員の制服が非常に明るい色でスカートの丈が短いことでも知られており、その精神は現在のサウスウエスト航空にも受け継がれているという。

就航都市[編集]

雨の日にPSAのボーイング727に乗り込む乗客。

保有機材[編集]

合併時の保有機種[編集]

合併時点で退役していた過去の保有機種[編集]

事件・事故[編集]

パシフィック・サウスウエスト航空182便墜落事故

1978年9月25日、サクラメントロサンゼルス経由サンディエゴ行のパシフィック・サウスウエスト航空182便ボーイング727-200型機がサンディエゴ国際空港に着陸態勢に入った時に訓練中のセスナ機と衝突するという事故が発生した。両機はサンディエゴ郡ノースパークに墜落し、パシフィック・サウスウエスト航空機の乗客128人と乗務員7人、セスナ機の2人、そして地上にいた7人の合計144人が死亡、また地上ではほかに9人が負傷し22の家屋が全半壊するというカリフォルニア史上最悪の航空機事故となった。

パシフィック・サウスウエスト航空1771便墜落事故

1987年12月7日、サンフランシスコからロサンゼルスに向かっていたパシフィック・サウスウエスト航空1771便BAe146型機がカリフォルニア中部の海岸沿いを飛行中に突然急降下しはじめ、カユコス近郊の農場に墜落した。調査により、麻薬所持の容疑がかけられたこともある素行不良の黒人機内清掃員がUSエアウェイズを解雇され、その逆恨みで元上司が乗っていた1771便に拳銃を機内に持ち込み搭乗。元上司を射殺、機内の嘔吐袋に遺書を書いたあと上空でパイロットと自分自身を撃ったものと判明した。これにより1771便に乗っていた乗客38人と乗務員5人は全員死亡した。空港セキュリティーの杜撰さとこのような素行不良の人物を雇用した航空会社が責められた。

パシフィック・サウスウエスト航空902便ハイジャック事件

1972年1月7日、サンフランシスコロサンゼルス行パシフィック・サウスウエスト航空902便ボーイング727-200型機がハイジャックされた。ハイジャック犯はショットガンなどの武器で武装しており、機長の交渉によってロサンゼルスで乗客は解放されたものの、客室乗務員は解放されずに燃料補給のためのタンパ経由でキューバまで連れて行かれた。

パシフィック・サウスウエスト航空710便ハイジャック事件

1972年7月5日にはサクラメント発サンフランシスコ行パシフィック・サウスウエスト航空710便ボーイング737-200型機がソビエト連邦への亡命目的でハイジャックされ、一人の乗客と2人のハイジャック犯が死亡した。また710便には西部劇のテレビドラマ「ボナンザ」シリーズで有名な俳優Victor Sen Yungが搭乗しており背中を撃たれたほか、もう一人の乗客も撃たれていた(両名とも生還)。

なおハイジャック事件に関してはこれら以外にも怪我人を出さずに犯人引き渡しに至ったケースが幾度となく発生している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]