バシキール航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バシキール航空
IATA
V9
ICAO
BTC
コールサイン
BRAVO TANGO CHARLIE[1]
設立 1991年
運航停止 2007年
テンプレートを表示
バシキール航空のTu-154(2005年にモスクワで撮影)

バシキール航空(バシキールこうくう、英語: BAL Bashkirian Airlinesロシア語: «Башкирские авиалинии»)とはかつてロシアウファにあるウファ空港の敷地内に本社を置いていた航空会社である[2]。ウファ発着の地方航空路線・幹線路線およびヨーロッパアジア北アメリカへのチャーター便を運航していた。同社は1991年に設立され2007年に清算された[3]

歴史[編集]

バシキール航空は当初アエロフロートの部門として設立され、かつてはサマーラに本社を置くアエロヴォルガの一部であった。解散時、同社は1,513人の従業員を抱えていた。2006年、ロシアの安全機関FTOAにより同社の免許が取り消された。同社がイランTu-1541機の検査を行いFTOAが安全法を満たし営業を再開できると判断すれば、2006年11月に営業を再開する予定であった[4]

事件・事故[編集]

バシキール航空2937便(2002年): バシキール航空2937便 (RA-85816) はロシア・モスクワ発スペイン・バルセロナ行きのチャーター便であった。同機 (Tu-154) はドイツ南部を飛行中に、ドイツ・スイス国境付近のユーバーリンゲン上空でイタリア・ベルガモ発ベルギー・ブリュッセル行きのDHLアビエーションボーイング757と衝突した。この衝突事故でボーイング757に搭乗していた乗員2人とツポレフ機に搭乗していた乗客・乗員69人全員が死亡した。ツポレフ機の乗客の大半は、地元のUNESCO団体が主催した休暇でバシコルトスタン共和国からスペインのコスタ・ドラダ (Costa Daurada region) へ向かっていたロシア人児童であった。

脚注[編集]

  1. ^ Airline Codes
  2. ^ Bashkirian Airlines v. Federal Republic of Germany (ドイツ語). District Court of Kostanz. Retrieved on September 11, 2011. "BASHKIRIAN AIRLINES vertreten durch d. Generaldirektoren Flughafen d. Stadt UFA, Russische Föderation, 450056 Russland-UFA"
  3. ^ Information about Bashkirskie Avialinii at the Aviation Safety Network
  4. ^ Airliner World, February 2007

外部リンク[編集]

ウィキポータル 関連ポータルのリンク