アシアナ航空214便着陸失敗事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アシアナ航空 214便
NTSBAsiana214Fuselage.jpg
NTSBが公開した現場写真(胴体部分)
出来事の概要
日付 2013年7月6日
概要 CFITパイロットの操縦ミス
現場 カリフォルニア州サンフランシスコ国際空港
乗客数 291
乗員数 16
負傷者数
(死者除く)
180(重傷47名)
死者数 3
生存者数 304
機種 ボーイング777-200ER
運用者 韓国の旗アシアナ航空
機体記号 HL7742
出発地 韓国の旗仁川国際空港
目的地 アメリカ合衆国の旗サンフランシスコ国際空港
テンプレートを表示

アシアナ航空214便着陸失敗事故(アシアナこうくう214びんちゃくりくしっぱいじこ)は、2013年7月6日仁川国際空港を離陸し、サンフランシスコ国際空港へ向かっていたアシアナ航空ボーイング777-200ER型機が、サンフランシスコ国際空港への着陸に失敗、炎上した航空事故である[1]。事故の原因はパイロットの不適切な操縦とされ[2][3]、3名の乗客が死亡した[3]

航空機[編集]

2011年7月に撮影された事故機の写真

事故機(HL7742)は2005年2月に初飛行し、2006年3月に引き渡された[4][5]。総飛行時間は36,000飛行時間で離着陸は5,000サイクルこなしていた。また、2013年6月2日に仁川国際空港からサンフランシスコ国際空港に到着した際に、油漏れが見つかって約20時間の整備を受けていた[6]

ブリティッシュ・エアウェイズ38便事故に次ぐ3例目のボーイング777の全損事故[7]であり、1995年の運行開始以来18年、1,000機以上が就航している中で初の死亡事故となった[8]

概要[編集]

機体から上がる煙(誘導路上の他機の乗客撮影)
当該機の機内(NTSB撮影)
サンフランシスコ空港で発生したアシアナ航空214便事故現場の概要
事故による火災で焼け焦げたミドルキャビン

2013年7月6日、午後4時35分(KST)に定刻の5分遅れで韓国・仁川国際空港を出発したアシアナ航空214便(ボーイング777-28EER 機体番号:HL7742 製造番号:29171/ライン番号:553)が、サンフランシスコ国際空港に同日米国現地時間午前11時15分到着予定のところ、11時28分、着陸に失敗し、通常の着地地点から数百フィート手前の滑走路に尾部が激突した。

このときの衝撃で垂直尾翼および水平尾翼が胴体から破断した。車輪も接地時の衝撃により破壊され散乱した。乗客は天井にぶつかり荷物が落下し負傷者が発生した。胴体着陸となって滑走路を外れ水平にスピンしながら滑って止まった後、煙が立ち込め、10-20分前後で胴体内部が炎上した。乗客は乗員によって、不可解な90秒間の機内への足止めを強いられた後、幸いにもその後に脱出用シューターや空いた穴を使って多くの乗客乗員が避難することができたが、307名中当日2名、12日にさらに1名の死者が発生した[9]。182人が病院に運ばれ、そのうち数十人が重傷を負った[10]。死亡した3名のうち2人はシートベルトをしていなかったために機外に放り出された為に死亡したとされ[3]、もう1人は事故の衝撃で緩んだドアで頭部を強打したために死亡した[3]

この日は天候が良く、風もほとんど吹いていなかった[11]。ただ、操縦桿を握っていた副操縦士はボーイング777型機については飛行時間はまだ43時間で慣熟訓練中であり、訓練教官役となっていた機長も事故発生の20日前に教官としての資格を取得したばかりで、本便が資格取得後初の訓練教官役としての搭乗だった。また、この滑走路では計器着陸装置の一部の運用が改修のために止められていた。

搭乗者[編集]

同機には、乗客291名および乗員16名が搭乗していた。乗客291名中の構成は下表のとおりで、うち乳児1人を含む12歳以下の子どもは31人だった[12]

乗客と乗組員の国籍分布表[13]
国籍 乗客数 乗組員数 合計
中華人民共和国の旗 中国 141 0 141
韓国の旗 韓国 77 14 91
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 64 0 64
インドの旗 インド 3 0 3
カナダの旗 カナダ 3 0 3
タイ王国の旗 タイ 0 2 2
日本の旗 日本 1 0 1
ベトナムの旗 ベトナム 1 0 1
フランスの旗 フランス 1 0 1
合計 291 16 307

最初に滑走路に接触した機体後部には、上海からの乗り継ぎ客である中国人団体客が多く乗っていた[14]

死者3名は、共にアメリカでの語学学習などのサマーキャンプに参加のために渡航した中華人民共和国浙江省衢州市江山中学の16歳の女学生であった[9][15]。そのうち1人は5日午後に新浪微博(ウェイボー)に、英語で「GO」と発信し、米国でのキャンプに期待を膨らませていたという。また、事故機には、同じ江山中学の生徒30名と教員4名の計34名が搭乗していた[16]

事故当日に亡くなった2人は機体の外で遺体が発見された。2人ともシートベルトをしていなかった。このうちの1人の遺体に車にひかれた損傷があり[17]、地元警察当局により消防車が遺体を轢いたとされた[9]

事故機にはサムスン電子の副社長デビッド・ウンが搭乗していたが無事で、事故現場の様子をTwitterで伝えた[18]

当初事故機に搭乗予定であったFacebookCOOであるシェリル・サンドバーグは、搭乗予定を変更したこと、事故機に搭乗した同社幹部が無事だったことをフェイスブックを通じて説明した[19]

事故原因[編集]

ミルブレー (Millbrae) から撮影された事故現場
回収されたフライトレコーダー
残骸の撤去作業の様子
座席配置図
凡例
■:死亡
:重傷
:軽傷
□:空席
×:割当外の座席

アメリカ運輸安全委員会は調査の結果、「操縦士が、機器の操作を誤り、着陸に必要な高度とスピードを保てず、またそのことに気づくのが遅れたため、着陸のやり直しができなかった」[3]として、事故の原因は操縦士の人為的なミスであると断定した[3]

調査の経緯と内容[編集]

キャンプ・デービッドで休養を取っていたアメリカ合衆国大統領バラク・オバマは、事故発生直後にアメリカ合衆国国土安全保障委員会英語版担当の大統領補佐官を務めるリサ・モナコ英語版から報告を受け[20]、事故の犠牲者に対して、哀悼の意を表明するとともに、ホワイトハウスの対策チームに指示を出した[21]

国家運輸安全委員会 (NTSB) の他に連邦航空局 (FAA) が事故調査を行った[22]

韓国政府も韓国国土交通部が事故調査対策班を現地に派遣して、NTSBと合同で調査に乗り出すことを決定した[23]

連邦捜査局 (FBI) は事故が、テロによるものだと示すものは現時点(7月6日)では何もないとしている[24]

アシアナ航空の尹永斗(ユン・ヨンドゥ)社長は7日の記者会見で「機体やエンジンに異常はないと把握している」と述べるとともに、事故機と管制塔が応急車両の配置などに関して緊急交信をしたと報じられている点に関し、交信したのは「着陸後と認識している」と説明した。着陸に当たってはベルトを締めるよう求める案内放送が流れる一方、異常を伝える特別な放送はなかったという。

また同社長は、機長は飛行時間1万時間以上の熟練者で、副操縦士も9,000時間以上であり、航空規則に厳格に適合していると強調、また着陸前に機体の異常信号もなかったと記者会見で述べた[25][26]が、一方で韓国国土交通部は、この便で操縦桿を握っていた副操縦士はボーイング777型機については飛行時間はまだ43時間、離着陸は9回目(同型機で同空港への着陸経験なし)で、同型機の機長の資格を得るための慣熟訓練中だったことを明らかにしている[27]。また、副操縦士の慣熟訓練の教官として搭乗した機長も、事故発生のわずか20日前に教官としての資格を取得したばかりであり、事故便が機長の初の教官としての搭乗であった[28]

FAAの安全基準として、航空機を製造する際には、全乗客乗員が90秒以内に脱出できる構造にすることを求めており、脱出訓練もこのルールをベースにしている。しかし本件では事故直後、同機が滑走路上で停止した状態であるにもかかわらず、当初乗客は機内にとどまるよう乗務員から指示されており、着陸失敗から90秒後にあらためて避難指示が出されていた[29]

飛行機事故時の脱出の際には、他の乗客の脱出の邪魔になったりシュートが破損しないように、そして脱出時間を短縮するため、乗客には出口で荷物を放棄させるのが原則である。しかし今回、事故写真の多くに、脱出した乗客が手荷物を抱えているものが散見され、乗務員の指導不足が指摘されている[30]

NTSBの発表によると、ボイスレコーダーには地面衝突7秒前に「加速が必要」の訴え、同4秒前に失速警報、同1.5秒前に「再上昇」(Go around)の指示が録音されていた[31]。後部座席にいた交代要員の副機長は、地面衝突54秒前に下降率が大きすぎると判断し「sink rate(下降率)」と何度か叫んで指摘したという[32]

当時この滑走路では、改修のため6月1日からグライドスロープ(GS, Glide Slope)(計器着陸装置(ILS, Instrument Landing System)の地上設備の一部)の運用が停止していた。このため、着陸経路からの上下のずれをGSから受信して自動操縦することはできず、事故との関連が調査されている。ただ、運用停止についてはあらかじめ航空各社に通知されており、当空港発着の他の飛行機に影響は出ていない[8]

さらに、オートパイロットを構成するオートスロットル(A/T, Auto Throttle, 自動速度維持装置)やストールプロテクション(Stall Protection System, 失速防止装置)が事故直前までどう操作されどう作動したかが、聴き取りやフライトレコーダの記録によって調査されている。

機体は28L滑走路への通常の有視界進入(visual approach)による着陸中、着陸3分前までは何らかの理由で高度が高く、その後降下率を上げてつんのめる形で最終進入体制に入り、滑走路を目前にして高度が下がりすぎていると認識して機首を上げたと思われるため降下率が大きくなり、尾部が滑走路の通常の着地地点から数百フィート手前の護岸に接触したという見解が出ている(山口英雄・元国土交通省航空局飛行検査官)[33]

論議を呼んだ報道[編集]

事故直後の7月7日、韓国の総合編成チャンネル「チャンネルA」のキャスターがニュース番組中で「最新の情報によると、死亡したのは2人の中国人。韓国人ではない。これは我々の立場からすると幸いだった」と発言。非人道的な発言として問題になったため[34][35]、チャンネルAは同日中に「死亡者の中に韓国人がいなくて、我々の立場からすれば幸いだった。司会者はこの点を強調したかっただけ。番組中の発言が物議を醸したことを謝罪します」と発表した[36][35]。また、当該番組は放送中止となり、韓国の放送通信審議委員会で審査を受けることとなった[37]

事故原因を巡る報道についてウォール・ストリート・ジャーナルは、朝鮮日報が「10分間の奇跡」という見出しの記事を掲載するなど大半の韓国メディアやソーシャル・ネットワークが事故時の乗務員・乗客の行動をことさらポジティブに大きく取り上げている一方、韓国の主要紙で操縦ミスの疑問を取り上げているのは一紙だけであることを指摘した[35]。韓国国内ではNTSBの調査が事故原因は操縦士のミスにあるとの印象を与えているという不満の声があがっており、本来ならば米韓協力して事故調査に当たらなければならないところ、NTSBは韓国側に対して、韓国の事故調査委員会はアメリカ側に対して、双方がそれぞれ調査した内容を一方的に公開しないよう相手方に求めるなど異例の事態となっている[38]

韓国の主要紙である朝鮮日報では、本件事故について、下記5か条を提言している[39]

  1. NTSBからの攻撃を受けているものであり、早急にボーイング社とNTSBに反撃せよ
  2. 米国国民に対し、ボーイング社機体に搭乗する限り、欠陥航空機の犠牲者となる可能性を知らしめよ
  3. NTSBに反感を持つ団体や、パイロット乗員組合英語版などと共同戦線を張り、ボーイング社の責任を追及せよ
  4. 民間だけではなく、韓国政府の多様な外交チャンネルを使って多角的に抗議せよ
  5. 韓国国民がボーイング社を嫌悪していると喧伝し「韓国民感情を悪化させることは損である」ことを警告せよ

アメリカのテレビ局KTVU英語版は、12日正午のニュースで操縦士らの名前を「Sum Ting Wong (何かが変だを意味するSomething wrongと似た響きの言葉 以下同様)」「Wi Tu Lo (低すぎる We too low)」「Ho Lee Fuk (なんてこった Holy fuck)」「Bang Ding Ow (どかーん、あぁ)」であると報じた[40][41] 。アシアナ航空はでたらめの氏名を伝えて会社の名誉を傷つけたとして、KTVUとNTSBに対して法的措置を検討していることを明らかにした[40][41][42]。しかし、KTVUが公式に謝罪文を発表したことを受けて提訴を取りやめた[43]

裁判[編集]

  • 事故機に搭乗していた韓国人の母親と8歳の少年、搭乗はしていなかったが、8歳の少年の父親の計3人が7月18日までに、アシアナ航空に損害賠償を求める裁判を起こした。損害額は5億円に上ると原告側は主張している[44]
  • 事故機に搭乗していた乗客80人は1月19日までに機器に欠陥があったとしてボーイング社に損害賠償を求め、集団訴訟をおこした[45]

特記事項[編集]

  • 事故当時、中国人乗客が「何も持たずに脱出せよ」という安全対策指示を無視してスーツケースを持ち出していた画像が出回り、SNS上を中心に批判を招いた[46]
  • 2014年2月25日、アメリカ合衆国運輸省は、家族からの問い合わせ専用の電話番号を公表するのが事故から約18時間後と遅れたうえ、家族への連絡についても、200人余りの乗客については事故から2日後までかかり、うち数人の家族には5日後まで連絡がなかったなど、航空会社の事故対応として乗客の家族への支援などを義務付けた米国法に違反すると判断、アシアナ航空に50万ドルの罰金を課した。罰金のうち最大10万ドルは、今回の失敗を繰り返さないための対策として航空業界全体で実施する会議や研修の費用にあてられる[47][48]

関連項目[編集]

この事故を扱った番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 真鍋弘樹 (2013年7月7日). “アシアナ機が着陸失敗 米サンフランシスコ空港”. 朝日新聞. 2013年7月6日閲覧。
  2. ^ Crash of Asiana Flight 214 Accident Report Summary
  3. ^ a b c d e f アシアナ機事故 NTSB、操縦士の人為的ミスが原因と公式に断定 フジテレビ系(FNN) 2014年6月25日(水)6時44分配信 同日閲覧
  4. ^ アシアナ航空、サンフランシスコで着陸失敗 777初の死亡事故”. Aviation Wire (2013年7月7日). 2013年7月7日閲覧。
  5. ^ HL7742 Asiana Airlines Boeing 777-28E(ER) - cn 29171 / ln 553 Planespotters.net HL7742
  6. ^ アシアナ事故機、1カ月前に油漏れ 韓国メディア”. 日本経済新聞 (2013年7月7日). 2013年7月8日閲覧。
  7. ^ 2011年7月29日にエジプト航空の777-200ERがカイロ国際空港でコックピットからの出火により全損している
  8. ^ a b アシアナ機着陸時、滑走路の誘導システム停止中”. 読売新聞 (2013年7月8日). 2013年7月8日閲覧。[リンク切れ]
  9. ^ a b c アシアナ機死者3人に…1人は消防車にひかれる[リンク切れ] 読売新聞、2013年7月13日
  10. ^ Andy Pasztor (2013年7月7日). “アシアナ機、サンフランシスコで着陸失敗―2人死亡、182人搬送”. ウォール・ストリート・ジャーナル. 2013年7月8日閲覧。
  11. ^ アシアナ航空機が着陸失敗で2人死亡、サンフランシスコ空港で” (2013年7月7日). 2013年7月7日閲覧。
  12. ^ 韓国旅客機、着陸失敗=2人死亡・182人負傷-機体大破炎上・米サンフランシスコ”. 時事通信 (2013年7月7日). 2013年7月7日閲覧。[リンク切れ]
  13. ^ OZ214편(7월 7일) 인천발 샌프란시스코 사고 관련 안내. アシアナ航空.
  14. ^ <アシアナ機着陸失敗>死亡者2人は中国人か、機体後部に中国人団体客搭乗”. 中央日報 (2013年7月7日). 2013年7月7日閲覧。
  15. ^ アシアナ機事故の犠牲者3人に、重体の中国人女子学生が死亡 ロイター通信 2013年7月13日
  16. ^ アシアナ機事故:英語研修を楽しみに…犠牲の中国人2生徒”. 毎日新聞 (2013年7月8日). 2013年7月8日閲覧。[リンク切れ]
  17. ^ アシアナ機事故の犠牲者の1人、緊急車両にひかれた可能性”. ロイター (2013年7月8日). 2013年7月8日閲覧。
  18. ^ <アシアナ機着陸失敗>事故機に搭乗のサムスン電子副社長、現場のようす伝える”. 中央日報 (2013年7月7日). 2013年7月7日閲覧。
  19. ^ アシアナ機事故、日本人客無事を確認 米で着陸失敗”. 日本経済新聞 (2013年7月7日). 2013年7月7日閲覧。
  20. ^ Asiana Airlines flight crashes in US, three Indians among survivors NDTV 2013-7-7
  21. ^ 直後にオバマ大統領に報告 米旅客機事故”. 日本経済新聞 (2013年7月7日). 2013年7月7日閲覧。
  22. ^ 米運輸安全委「原因言及は時期尚早」”. NHK (2013年7月7日). 2013年7月7日閲覧。[リンク切れ]
  23. ^ 韓米政府 アシアナ機事故の合同調査実施へ”. 聯合ニュース (2013年7月7日). 2013年7月7日閲覧。
  24. ^ 韓国のアシアナ航空機が米サンフランシスコで着陸失敗、炎上”. AFP (2013年7月7日). 2013年7月7日閲覧。
  25. ^ アシアナ航空「機長は熟練者」機体異常信号も否定”. 朝日新聞 (2013年7月7日). 2013年7月8日閲覧。
  26. ^ アシアナ航空CEOが会見、「事故機に機械的な異常はなかった」”. AFP (2013年7月7日). 2013年7月8日閲覧。
  27. ^ 着陸中止、間に合わず=直前に失速警報、誘導装置は改修中”. 時事通信社 (2013年7月8日). 2013年7月8日閲覧。[リンク切れ]
  28. ^ .副機長はB777初着陸、機長も初「教官」 アシアナ機”. 朝日新聞 (2013年7月9日). 2013年7月10日閲覧。[リンク切れ]
  29. ^ アシアナ機の着陸失敗、事故直後に避難指示出されず”. ロイター (2013年7月11日). 2013年7月11日閲覧。
  30. ^ 事故の777型機「機体・エンジン異常ない」 アシアナ航空”. 日本経済新聞 (2013年7月7日). 2013年7月7日閲覧。[リンク切れ]
  31. ^ 米・アシアナ航空機事故 着陸の7秒前に乗務員が異常訴える”. FNN (2013年7月8日). 2013年7月8日閲覧。[リンク切れ]
  32. ^ <アシアナ機着陸失敗>衝突54秒前の急下降を指摘…機長は8秒前に再離陸の試み”. 中央日報 (2013年7月10日). 2013年7月13日閲覧。
  33. ^ 特集・アシアナ機事故とヒューマンファクター(1)〜(最終回) - 山口英雄、航空経済紙 Aviation Wire
  34. ^ チャンネルA「アシアナ機事故、死亡者が中国人で幸い」というキャスターの発言が問題に”. Kstyle (2013年7月7日). 2013年7月8日閲覧。
  35. ^ a b c 「死者が中国人でほっとした」―韓国人キャスター発言に非難集中”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2013年7月9日). 2013年7月14日閲覧。
  36. ^ アシアナ航空機事故で「幸いにも死者は中国人だった」発言、韓国テレビ局が謝罪―中国紙 - 新華経済
  37. ^ 「犠牲者中国人で幸い」の番組中止、TV局は過去にも問題=韓国 サーチナ 2013年7月11日
  38. ^ アシアナ機事故 韓国が米に異例の書簡 NHK 2013年7月14日(アーカイブ)
  39. ^ 朝鮮日報(韓国語) 2013年7月17日
  40. ^ a b アシアナ航空、TV局などに法的措置検討 乗員名「中傷」で”. CNN (2013年7月15日). 2013年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月8日閲覧。
  41. ^ a b 事故報道で米運輸当局とTV局が大失態、アシアナ航空は法的措置検討”. AFP (2013年7月14日). 2014年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月8日閲覧。
  42. ^ 米放送局に法的措置へ=「でたらめの操縦士名報道」-アシアナ航空[リンク切れ] 時事通信 2013年7月15日
  43. ^ 米放送局への提訴取りやめ=アシアナ航空[リンク切れ] 共同通信 2013年7月17日
  44. ^ 乗客らがアシアナ航空提訴 事故で負傷 損害「5億円」[リンク切れ]2013年7月19日
  45. ^ 乗客が集団損賠訴訟、一部機器に問題と主張 アシアナ機事故”. CNN (2014年1月19日). 2014年1月23日閲覧。
  46. ^ アシアナ機事故、脱出時に荷物抱えた中国人画像で論議CNN.co.jp 2013年7月11日
  47. ^ 米当局、アシアナ航空に罰金5000万円 事故後の対応に問題(ページ1/2)”. CNN (2014年2月26日). 2014年2月26日閲覧。
  48. ^ 米当局、アシアナ航空に罰金5000万円 事故後の対応に問題(ページ2/2)”. CNN (2014年2月26日). 2014年2月26日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯37度36分48秒 西経122度21分53秒 / 北緯37.61333度 西経122.36472度 / 37.61333; -122.36472

 それを参照した日本語記事 アシアナ航空機事故はコンピュータの扱いに不慣れで起こった - ギズモード・ジャパン