ユナイテッド航空93便テロ事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ユナイテッド航空93便テロ事件
United Airlines Flight 93
N591UA.jpg
UA93便の事故機 N591UA(英語版より)、事件3日前の2001年9月8日撮影
出来事の概要
日付 2001年9月11日
概要 ハイジャック
現場 アメリカ合衆国の旗 アメリカペンシルバニア州ピッツバーグ郊外
乗客数 37 (ハイジャック犯4人を含む)
乗員数 7
負傷者数 0
死者数 44 (全員)
生存者数 0
機種 ボーイング757-222
運用者 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド航空
機体記号 N591UA
出発地 アメリカ合衆国の旗 ニューアーク空港
目的地 アメリカ合衆国の旗 サンフランシスコ国際空港
テンプレートを表示

ユナイテッド航空93便テロ事件(ユナイテッドこうくう93びんテロじけん、United Airlines Flight 93)とは、2001年9月11日に、アメリカ合衆国ユナイテッド航空93便ボーイング757-222機体記号N591UA, 1996年製造)アメリカ同時多発テロに巻き込まれ、ペンシルベニア州ピッツバーグ郊外シャンクスヴィルに墜落したハイジャック事件である。この事件により乗客乗員44人(テロリスト4人を含む)全員が死亡、生存者皆無という事態となった。アメリカ同時多発テロでハイジャックされた他機(アメリカン航空11便ユナイテッド航空175便アメリカン航空77便)とはハイジャック犯の人数が異なり、他機はすべて5人であったが、93便のみ4人だった。

アメリカ同時多発テロで唯一、ハイジャックされた旅客機で突入に失敗したものとなった。事件後に、犯人はアルカイダと判明した。テロリストたちの計画通りであれば、ワシントンD.C.アメリカ合衆国議会議事堂アメリカ合衆国大統領官邸ホワイトハウスに突入していたと思われる[1]

機体と乗務員[編集]

運航乗務員

客室乗務員

  • デボラ・ウェルシュ、49歳(このフライトでのパーサー(チームリーダー))
  • ロレイン・G・ベイ、58歳
  • サンドラ・ブラッドショー、38歳
  • ワンダ・アニータ・グリーン、49歳
  • シーシー・ライルズ、33歳

テロリスト[編集]

93便の航路

ユナイテッド航空93便を担当したハイジャック犯は全部で4人。

事件の概要[編集]

離陸・ハイジャックまで[編集]

ユナイテッド航空93便は、ニュージャージー州ニューアーク国際空港を出発し、カリフォルニア州サンフランシスコ国際空港に到着する予定だった。当該機は最大182人乗りであったが、当日は乗客37人(テロリストを含む)、乗員7人の合計44人が搭乗していた。93便は、午前8時00分離陸の予定であったが、8時42分に離陸した。

先の9時00分にハイジャックされたユナイテッド航空175便の事態を不審に思ったユナイテッド航空は、全機のコックピットメインモニターに「侵入者に警戒せよ」という警報を出した。9時24分、航空管制官から93便にニューヨーク世界貿易センタービルでテロが発生した旨を伝達、ハイジャックへの注意喚起が行われ、パイロットは26分に確認した。

ハイジャック[編集]

それから1分後の27分に4人のハイジャック犯がコックピットに押し入った。この時にパイロットが抵抗したため、この間に旅客機の高度が低くなり、高度は700 ft近く (約200 m) にまで落ちた。この間、コックピットではパイロットから複数の悲鳴等[6]が発せられ、他機や管制官らは93便へ応答を求めたが回答はなかった。

9時32分、ハイジャック犯らは機内アナウンスを行い、アラビア語訛りの英語で「皆さん、キャプテンは無事です。我々は爆弾を持っています。無事でいたければ、その場に静かに座っていて下さい」と告げた。これがハイジャック犯らの誤りにより航空管制通信の電波を通じて管制官に伝わっており、管制官が「もう一度ゆっくり言ってもらえますか」と返答すると同じ言葉が返ってきた。その後、93便は進路を東に変えながら高度を下げていく。

乗客・乗員との連絡[編集]

9時30分頃から乗客と乗務員はGTE社の機内電話(airphone)や携帯電話を使い公的機関や家族に電話をかけ始めた。最終的に合計すると機内電話35台と携帯電話2台から電話をかけ[7]、そのうち乗客10人と乗務員2人が地上との交信に成功した[8]。 これらの通話で、93便のハイジャックが地上に伝わるとともに、進行中の同時多発テロの情報が機内にも伝えられた。この時点で乗客はハイジャック犯への攻撃、飛行機の奪還を企図しており、数人の乗客は通信相手にその旨を伝えている。実際に墜落直前、ボイスレコーダーにはハイジャック犯と乗客との間の押し問答の記録が残されていた。

  • 9時53分、ハイジャック犯らは乗客の行動を察知してか、「連中が来たら非常用の斧を使え」との会話が記録されている。
  • 9時58分、ボイスレコーダーに乗客の怒鳴り声や大量の皿などが割れる音が記録されている。
  • 9時59分、乗客がコックピットのドアを叩き壊そうとする音が聞こえ始める。その音に混じってハイジャック犯が「ドアを押さえろ、絶対中に入れるな」と指示している。
  • 10時00分、機体が急降下・急上昇を繰り返す。
  • 10時01分、ハイジャック犯が「墜落させてやる、酸素を止めろ」と指示する。

墜落[編集]

10時03分、93便は、約490ノット(時速563マイル、時速907 km)の速度でペンシルベニア州ピッツバーグ郊外シャンクスヴィルに墜落した[9]。墜落理由には、ハイジャック犯の操縦ミス、乗客や乗員らの抵抗などが挙げられる。

乗客らがコックピット内に進入できたか、あるいはそもそもコックピットのドアを破壊できたかについては、乗客遺族の一部と事故調査官らの間で意見の一致を見ていない。9・11事件の調査委員会は「ハイジャック犯らが操縦したままであったが、彼らは何秒と経たないうちに乗客らに制圧されると判断したに違いない」と結論づけている[10]。乗客遺族の多くは、音声記録を聴いて、乗客らがコックピット内に進入し[11]、コックピットのドアを押さえていたハイジャック犯の少なくとも1人を殺害したと信じており、また一部の乗客遺族はその音声部分を乗客らとハイジャック犯らが操縦桿をめぐって格闘したことを示していると理解している[12][13]

機体の窓枠部分の残骸
機体の残骸

墜落後[編集]

93便は墜落によって激しく破壊された。残骸の多くが地面との衝突で生じたクレーターの近くで発見された[14]。捜査員らは墜落地点から8マイル(13 km)ほど離れたニューボルチモアでも散らばった紙やナイロンなどの非常に軽い破片を発見した[15]。これ以外にも飛行機の小さな破片が1.5マイル (2.4 km)離れたインディアンレイクからも発見された[16]。遺体はすべて墜落地点の周囲70エーカー(28ヘクタール)の範囲内で発見された[16]。サマセット郡の検視官であるウォーリー・ミラーは遺体の捜査と特定に参加することになった。残骸の調査でミラーが判別できた遺体は背骨の一部のみであった [17]。ミラーはその後、約600ポンド (272 kg) にも及ぶ1500個余りの遺体の一部を発見し身元を特定した[18]。残りの部分は墜落によって焼損していた[19]。捜査官らは9月22日までに4人の犠牲者の身元を、9月24日までに11人の身元を特定した[20][21]。9月29日までに別の1人の身元を特定した[22]。10月27日までに34人の搭乗者の身元が特定された[23]。搭乗者全員の身元は12月21日までに特定された。遺体はかなり断片的であったためどの被害者も衝突以前に死亡したかどうかすら判別することは不可能であった。死亡診断書には犠牲者40人の死因は殺人と記載され、ハイジャック犯4人の死因は自殺と記載された[24]。犠牲者の遺体と所持品は遺族に返還された[25]。ハイジャック犯の遺体は消去法で特定され、連邦捜査局(FBI)に証拠として引き渡された[26]

慰霊施設[編集]

事件後すぐに墜落地点の付近に仮設の慰霊碑が建てられた[27]。2011年9月10日に常設の慰霊施設であるフライト93ナショナルメモリアルが開設され[28]、さらにそのちょうど4年後には墜落地点を一望する丘の上[29]にコンクリートやガラスなどでできた資料館が置かれた[30]

備考[編集]

  • 93便のハイジャック後、同時進行的に他の航空機によるテロが相次いでおり、政府は93便について、「必要があればハイジャック機を撃墜する」ことを許可した。93便の墜落後、安否が不明であった段階でジョージ・W・ブッシュ大統領からも許可が下りている。
  • 犠牲者に早稲田大学理工学部学生の日本人(当時20歳)がいた。
  • FBIがハイジャック犯の画像を公開する前の2001年9月23日、BBCデイリー・テレグラフはサイード・アル=ガームディーという名前のサウジアラビア人の航空パイロットがFBIの公開したハイジャック犯の名簿の中に自分の名前があることに激怒していると報道した。またCNNは「生きている」方のアル=ガームディーの写真をハイジャック犯のものとして公開した。航空パイロットは、おそらくCNNは自分が卒業したフロリダのFlight Safety flying schoolから写真を手に入れたのだろうと主張した[31][32]。その後デア・シュピーゲルはBBCによる「生きている」ハイジャック犯についての主張について調査し、それらは人違いの一例であると気づいた [33]

事故を題材にした作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 時事ドットコム「9.11テロ ドキュメント【9】ユナイテッド93便での戦い(2)」
  2. ^ セカンド・オフィサー。
  3. ^ ファースト・オフィサー。
  4. ^ “Chronology”. Monograph on 9/11 and Terrorist Travel. National Commission on Terrorist Attacks Upon the United States. p. 40. http://www.9-11commission.gov/staff_statements/911_TerrTrav_Ch2.pdf 2008年6月22日閲覧。 
  5. ^ Candiotti, Susann (2001年9月19日). “FBI returns to suspected hijacker's gym”. CNN. オリジナルの2009年1月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090123143413/http://archives.cnn.com/2001/US/09/19/inv.fbi.gym/index.html 2008年7月19日閲覧。 
  6. ^ この時、ボイスレコーダーには機長や副操縦士らによる複数の「メーデー!」や「出ていけ!」と言う叫び声が記録されている。
  7. ^ Transcript of Jury Trial Before the Honorable Leonie M. Brinkema – United States District Judge Volume XVII-A (Report). United States District Court for the Eastern District of Virginia. (April 11, 2006). p. 3477. http://www.911myths.com/images/f/f8/Moussaoui_Trial_Transcript_April_11_2006.pdf 2008年8月24日閲覧。. 
  8. ^ “'We Have Some Planes'”. 9/11 Commission Report. National Commission on Terrorist Attacks Upon the United States. (2004). http://govinfo.library.unt.edu/911/report/911Report_Ch1.htm 2008年5月30日閲覧。 
  9. ^ National Transportation Safety Board: Flight Path Study – United Airlines Flight 93 (PDF)”. Homeland Security Digital Library (2002年2月19日). 2011年9月12日閲覧。
  10. ^ The National Commission on Terrorist Attacks Upon the United States (July 22, 2004). “1: "We have some planes"”. 9/11 Commission Report (Report). http://govinfo.library.unt.edu/911/report/911Report_Ch1.pdf. 
  11. ^ “Families of Passengers Question Theory That Hijackers Crashed Flight 93”. Associated Press. Fox News. (2003年8月8日). http://www.foxnews.com/story/0,2933,94213,00.html 2008年8月24日閲覧。 
  12. ^ Emanuel, Mike; Porteus, Liza; The Associated Press (2006年4月13日). “Flight 93 Hijacker: 'We Have a Bomb on Board'”. Fox News. http://www.foxnews.com/story/0,2933,191420,00.html 2011年9月10日閲覧。 
  13. ^ “Wives of Passengers on Flight 93”. ABC News. (2001年9月18日). http://abcnews.go.com/GMA/story?id=126702&page=1 2011年9月10日閲覧。 
  14. ^ “Transcripts – America Under Attack: FBI and State Police Cordon Off Debris Area Six to Eight Miles from Crater Where Plane Went Down”. CNN. (2001年9月13日). http://transcripts.cnn.com/TRANSCRIPTS/0109/13/bn.01.html 2008年7月22日閲覧。 
  15. ^ “'Black box' from Pennsylvania crash found”. CNN. (2001年9月13日). オリジナルの2008年7月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080705044922/http://archives.cnn.com/2001/US/09/13/penn.attack/ 2008年6月29日閲覧。 
  16. ^ a b “Debunking the 9/11 Myths: Special Report”. Popular Mechanics. (2005年3月). オリジナルの2008年6月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080613202735/http://www.popularmechanics.com/technology/military_law/1227842.html?page=8 2008年6月29日閲覧。 
  17. ^ On Hallowed Ground”. The Age (2002年9月9日). 2008年8月24日閲覧。
  18. ^ Perl, Peter (2002年5月12日). “Hallowed Ground; Nobody asked for this, but as September 11 recedes, a small Pennsylvania town finds itself guardian of an American legend;”. The Washington Post 
  19. ^ Pressley, Sue A (2002年9月11日). “Site of Crash Is 'Hallowed Ground'; In a Pa. Field, Thousands Pay Homage to Where America First Fought Back;”. The Washington Post 
  20. ^ Gibb, Tom (2001年9月22日). “Four Flight 93 victims identified”. Pittsburgh Post-Gazette. http://www.post-gazette.com/headlines/20010922coronernat3p3.asp 2008年8月24日閲覧。 
  21. ^ Lyman, Brian (2001年9月24日). “Coroner identifies seven more victims of Flight 93 crash”. Pittsburgh Post-Gazette. http://www.post-gazette.com/headlines/20010924scenenat5p5.asp 2008年8月24日閲覧。 
  22. ^ “Searchers to return to Flight 93 crash site”. Pittsburgh Post-Gazette. Associated Press. (2001年9月29日). http://www.post-gazette.com/headlines/20010929somerset0929p3.asp 2008年8月24日閲覧。 
  23. ^ Hopey, Don (2001年10月27日). “Another 14 victims of Flight 93 identified”. Pittsburgh Post-Gazette. http://www.post-gazette.com/headlines/20011027flight931027p5.asp 2008年8月24日閲覧。 
  24. ^ Gibb, Tom (2001年12月20日). “Flight 93 remains yield no evidence”. Pittsburgh Post-Gazette. http://www.post-gazette.com/headlines/20011220shanksville1220p2.asp 2008年8月24日閲覧。 
  25. ^ “Flight 93 Remains Returned”. Associated Press. CBS News. (2002年2月26日). http://www.cbsnews.com/stories/2002/02/26/national/main502204.shtml 2008年8月24日閲覧。 
  26. ^ Burger, Timothy J (2002年8月17日). “Hijackers' remains FBI gets fragments of Pentagon, Pa. 9/11 thugs”. Daily News. http://www.nydailynews.com/archives/news/hijackers-remains-fbi-fragments-pentagon-pa-9-11-thugs-article-1.507154 2008年8月24日閲覧。 
  27. ^ Flight 93 National Memorial - 2007 brochure”. nps.gov. National Park Service (2007年12月). 2017年2月6日閲覧。 “a temporary memorial was created on a hilltop overlooking the crash site.”
  28. ^ Flight 93 National Memorial - Sources and Detailed Information”. nps.gov. National Park Service (n.d.). 2017年1月31日閲覧。 “13. When will the Memorial be finished?”
  29. ^ Flight 93 National Memorial - Frequently Asked Questions (FAQs)”. nps.gov. National Park Service. pp. 22–23 (2013年5月). 2017年1月31日閲覧。
  30. ^ “A Long Road to a Place of Peace for Flight 93 Families”. The New York Times. (2015年9月9日). https://www.nytimes.com/2015/09/09/us/a-long-road-to-a-place-of-peace-for-flight-93-families.html?smid=fb-nytimes 2015年9月9日閲覧。 
  31. ^ “Hijack 'suspects' alive and well”. BBC News (BBC). (2001年9月23日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/1559151.stm 2018年12月7日閲覧。 
  32. ^ Harrison, David (2001年9月23日). “Revealed: the men with stolen identities”. The Daily Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/news/main.jhtml?xml=/news/2001/09/23/widen23.xml 2018年12月7日閲覧。 
  33. ^ “Panoply of the Absurd”. Spiegel Online. (2003年9月8日). http://www.spiegel.de/international/spiegel/0,1518,265160,00.html 2018年12月7日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯40度03分04秒 西経78度54分17秒 / 北緯40.05111度 西経78.90472度 / 40.05111; -78.90472