UTA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
UTA
Union de Transports Aériens
Union des Transports Aériens.svg
IATA
UT
ICAO
UTA
コールサイン
UTA
設立 1963年10月1日
運航停止 1992年12月18日
ハブ空港 シャルル・ド・ゴール国際空港
保有機材数 14機 (1992年12月時点)
本拠地 フランスの旗フランス共和国パリ市8区
テンプレートを表示

UTAフランス語: Union de Transports Aeriens、IATA: UT, ICAO: UTA, コールサイン: UTA)は、1963年から1990年にかけて存在したフランスの国際航空会社。

概要[編集]

主にフランス本土とアフリカインド洋上の旧植民地、および日本東南アジアニューカレドニアタヒチオーストラリアニュージーランドなど島などを結び、エールフランスに次ぐフランス第二の航空会社だったが、1990年、エールフランスに吸収合併された。 機材の塗装は尾翼付近を紺色としていた他は白だったが、ドアだけを緑色に塗るという特徴的なものであった。 旅行会社のパンフレットなどではUTAフランス航空と紹介されていた。

日本では1974年11月から成田に就航していたが、本国フランスのパリからではなくニューカレドニアのヌメアから就航していた。ただし、ヌメアで便名を代えてサンフランシスコニューヨークを経由してパリへ向かうパターンが多かった。これは、機材メンテナンスなどの都合でもあった。当初はDC-10-30であったが1990年代のAFへの統合で747-300/400で成田に乗り入れてパリ、パペーテ、ヌメアの各便で使用されていた。現在ヌメア便はエアカランのA330で運航している。

主な運航機材[編集]

DC-6 
DC-8-53 
DC-10-30 
747SP 
ボーイング747-200 
747-300 
ボーイング747-400 

エピソード[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]