汚い爆弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

汚い爆弾(きたないばくだん、ダーティー・ボム、dirty bomb )とは、放射性物質を拡散する爆弾である。核反応による被害を目的とする核爆弾と異なり、炸薬などの爆発で放射性の汚染物質を拡散させ被害を発生させる[1][2]

概要[編集]

爆発で内部の放射性物質を飛散させ汚染して被害を与える[2]放射能兵器[1]である。核物質を利用した兵器だが、核爆発で殺傷効させる核爆弾ではなく[1]、放射性物質を毒物として利用し、化学兵器同様に汚染物質を拡散して広範に汚染する爆弾である[2][1]。広義には後述するように核兵器一般でも放射性物質を拡散させ汚染を引き起こし、こと臨界に核爆弾を用いるテラー・ウラム型水素爆弾は核汚染を引き起こすため、対して純粋水爆のような残留放射能のより少ない核融合爆弾を「きれいな水爆」とも呼ぶ[3]

その構造も単純で、核物質の飛散を目的に爆弾を放射性物質で覆うだけである[4]。放射性物質も種類や濃度は問わず、高度な技術計算やシミュレーションを要する爆縮レンズの設計や、臨界を生じさせる核物質の精製などを要さず、通常爆弾と同等または格段に低い技術力と設備の「民家のガレージでも製作が可能」ともされ、自爆テロを考慮する最も簡略な設計では時限式や遠隔式などの起爆装置も不要である。2018年現在までテロなどで使用された例はないが、未然に防がれた事例がある[5]

被害[編集]

放射性物質の飛散被害は曖昧である。

  • 放射性物質の量
  • 放射性物質の放射線量
  • 内容物の拡散程度
    • 拡散した放射性物質の状態 - エアロゾルとして浮遊する微粒子から落下する破片まで、滞留時間に差異を生ずる。
    • 天候や爆発させた場所の問題 - 天候や地形で拡散条件が変化する。
  • 放射性物質の半減期

被害は被曝した線量によるが[2]、混乱や騒擾などの社会不安を誘引する可能性もある[2]

事案[編集]

2002年5月8日に、アルカーイダの一員で後にアブドラ・アル・ムジャヒルと改名したホセ・パディージャは汚い爆弾の製造および使用を企てるがアメリカ合衆国政府に拘束されて未遂となる[5]

使用済み放射性廃棄物の闇取引は巷間され、摘発されている。米原子力規制委員会は年間約300件近い放射性物質紛失の報告を受けており、被曝事故のほかに転用も懸念されている[2]。米国の公務員らはテロを懸念して、汚い爆弾を含む放射性物質を検知するポケットベル型の携帯機器を利用している[6]

核爆弾による汚染[編集]

2007年7月の記事で、AP通信の軍事記者ロバート・バーンズは、米軍部上層部は少なくとも1948年7月時点までに、核兵器が引き起こす放射能汚染の軍事戦略上で無視できない「効果」を理解していたことを示唆するメモの存在を指摘している。ビキニ環礁1946年7月1日と24日に行われた核実験は、2度目の水中爆発で深刻な核汚染が発生して予定した3度目の実験を中止したが、これに基づくと考えられるメモは「核爆弾を水中で爆発させた場合は爆発で発生する直接的な被害よりも核による汚染のほうが重要となる」「爆発で環状雲が発生し、汚染された水の粒子が風で運ばれて広い範囲に拡散して周辺の生物を速やかに死に至らしめ、飛散した放射性物質の粒子は堆積して周辺の建物を汚染し、長期的な危険を発生させる」こと[5]が記され、「戦略上このような汚染は大都市や工業地域の活動に影響を与える点で核兵器は優れている」[5]と結論している。

1947年に記されたビキニ実験の極秘扱いとされる公式評価資料は「核汚染が短時間ないし長期に生命を脅かす範囲を、目に見える境界線を持たず生み出すことによって、汚染と死の懸念は常に生き残った者に付いてまわり、何千から何百万の避難民は交通を麻痺させ、身に着けている衣服や荷物が汚染を拡散させる懸念、そして汚染地域から避難民へ独特な心理面で危険が生まれる」[5]ことを示唆している。これは「爆薬で核物質を飛散させることを目的とした爆弾」汚い爆弾に共通する[5]

なお実際に核汚染が発生した場合に軍事的行動への影響も示唆されており、原子力災害である福島第一原子力発電所事故ではトモダチ作戦に参加した在日海兵隊当局者は米軍の対応を研究する上で(同作戦は)有益だったとの認識を示している[7]

汚い爆弾を扱った作品[編集]

映画[編集]

007 ゴールドフィンガー
1964年の米英合作映画。自らが保有する金の価格暴騰を目論み、アメリカ合衆国金塊貯蔵庫に保管されている膨大な金塊を放射能汚染させようとする富豪と主人公の対決を描いた作品。原作小説では金塊強奪を目論む旧ソ連諜報工作員との対決を扱っている。
ピースメーカー
1997年の米国の映画。テロリストが核兵器を汚い爆弾として使う。

小説[編集]

旭日の艦隊
作中では後世世界」と呼称する並行世界における、ナチス・ドイツの兵器「原子炉爆弾水中航行船『ホズ』」として登場する。ニューヨークを標的とした軍事作戦を想定して開発・配備、実戦投入される。
ニセコ要塞1986
物語中盤でスミノフ軍が北海道島北部の「核遺跡」から発掘した放射性物質を雄冬要塞攻略に使用し、日本列島防衛軍 (IBM軍) を撤退に追い込む。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d The Likely Effect of a Radiological Dispersion Device”. Liberty University (2005年12月31日). 2015年3月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e f テロが計画されていた放射能爆弾「ダーティーボム」とは”. WIRED.jp (2002年6月12日). 2015年3月14日閲覧。
  3. ^ [1]
  4. ^ 井上忠雄 (2011年7月22日). “非通常型核脅威とテロ・原子力事故対策”. JBPress. 2015年3月14日閲覧。
  5. ^ a b c d e f ロバート・ジェイコブズ (2008年3月). “汚い爆弾の起源 ── 米軍と放射能兵器 (PDF)”. HIROSHIMA RESEARCH NEWS Vol.10 No.3. 広島市立大学広島平和研究所. 2015年3月14日閲覧。
  6. ^ 放射能爆弾「ダーティーボム」を感知するポケベル、普及進む”. WIRED.jp (2004年5月14日). 2015年3月14日閲覧。
  7. ^ 米軍、日本での原発危機対応で貴重な教訓得るウオールストリート・ジャーナル2011年6月21日

関連項目[編集]