放射線管理手帳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

放射線管理手帳(ほうしゃせんかんりてちょう)とは、原子力発電所をはじめとした各種原子力施設で作業する従事者に対して発行される手帳のことである。放射線管理区域内で作業をするためには所持することが必須となっている。 原発保守の下請企業などで呼称される「原子力手帳」の語は俗称で、同名の啓蒙パンフレットとは無関係である。

発行に至る経緯[編集]

1955年昭和30年)頃から、放射線を扱うような施設を持った大手メーカーが自主的に作成したのがその始まりだといわれている。しかし、1970年昭和45年)頃から、原子力発電所が多数建設されるにつれて、電力事業者やその他メーカーでも個々に同様な手帳を作成するようになった。

このような状況の中で、1976年昭和51年)に原子力関係施設における放射線業務従事者の被ばく線量の一元管理に向けての検討を開始した。1977年昭和52年)11月に財団法人放射線影響協会に従事者中央登録センターが設置され、原子炉等規制法関係諸規則に基づく放射線管理記録の引き渡し機関として1978年昭和53年)1月科学技術庁長官から、1978年昭和53年)12月通商産業大臣からそれぞれ指定を受けた。そして、1979年昭和54年)4月から放射線管理手帳制度の運用が開始された。

記載内容[編集]

放射線管理手帳(以降、放管手帳と記す)は、原子力施設に立ち入る者の被ばく前歴を迅速、的確に把握するとともに、原子力施設を運営している原子力事業者に対して管理区域内作業に際して必要な放射線管理情報を伝達することに用いられている。この手帳には、以下のものが記されている。

参考文献[編集]