テヘラン州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テヘラン州
استان تهران
位置
イランにおけるテヘラン(塗りつぶし部)。
統計
州都:
 • 測地系:
テヘラン
 • 北緯35度42分42秒 東経51度24分25秒 / 北緯35.7117度 東経51.4070度 / 35.7117; 51.4070
面積: 18,814 km²
人口(2005年)
 • 密度:
12,150,742人
 • 645.8人/km²
シャフレスターン 13
タイムゾーン: UTC+3:30
主な言語: ペルシア語,
マーザンダラーニー,
クルド語,
アゼリー,
その他イラン語
ISO 3166-2:IR: IR-07
テンプレートを表示
1778年以来のイランの首都テヘランはテヘラン州にある。

テヘラン州ペルシア語: استان تهران Ostān-e Tehrān)は、イランの州(オスターン)。面積は18,909m²イラン高原の北部に位置し、北にマーザンダラーン州、東にセムナーン州、南にゴム州、西にガズヴィーン州と境を接する。州都テヘランはイラン・イスラーム共和国の首都。2005年6月現在、テヘラン州は管下に13郡(シャフレスターン)、43地域行政区(バフシュ)、1358村(デフ)を擁する。

テヘラン州は1778年ガージャール朝の首都となり、以来イラン枢要の都市である。今日、テヘラン都市圏は世界大都市圏の上位20位に入る。

地理[編集]

テヘラン州の人口は12,000,000人を越え、イランで最も人口稠密な地域である。住民は約84.15%が都市部で、15.85%が農村部で生活している。

標高は、最高地点がダマーヴァンド山の5,678m、最低地点がヴァラーミーン平原の790mである。

州内の河川のうち大きなものはキャラジュ川とジャージュ・ルード川である。

北のアルボルズ山脈をはじめとして、北東にサーヴァード、フィールーズ、南にはラヴァーサーナート、カラ・ダーグ、 シェミーラーナート、ハサナーバード、ナマクが、南東にはビービー・シャフル・バーヌー、アルガードゥルが、東にはもっとも標高の高いガスレ・フィールーズの山々がある。

気候は南部では温暖で乾燥しているが、山地では冷涼でやや湿潤の度を増す。高地の冬は長く寒さが厳しい。最も暑い時季は7月中旬から9月中旬で28℃から30℃、最も寒いのは12月から1月にかけてで1℃程度まで下がる。テヘラン市街の冬は穏やかだが、夏は暑い。年間平均降水量は約400mm。降水量が多いのは冬である。

歴史と文化[編集]

テヘラン州には数千年前からの定住を示す複数の考古学遺跡があり、17世紀まではレイが州内で最も有名な都市であった。

しかし、テヘランはその後、急成長して大都市となり、1778年には首都になった。以来、イランの政治、文化、経済、商業の中心である。19世紀以降、著名な学者、作家、詩人、芸術家がテヘランに生まれ、あるいは生活を営んだ。

イラン文化遺産機構に登録された史跡は1,500以上、もっとも古いものは紀元前第4千年紀にさかのぼるフィールーズクーフの2つの遺跡である。

地域[編集]

  • 郡(シャフレスターン): ダマーヴァンド - エスラームシャフル - フィールーズクーフ - キャラジュ - ナザーラーバード - パークダシュト - レイ - ロバート・キャリーム - サーヴォジュ・ボラーグ - シャフリヤール - シェミーラーナート - テヘラン - ヴァラーミーン
  • 地域行政区(バフシュ): アーブサルド - アンディーシェ - バゲルシャフル - バーゲスターン - ブーメヘン - チャハールダンゲ - ダマーヴァンド - エシュテハールド - エスラームシャフル - フェルドウスィーエ - フィールーズクーフ - ギャルムダッレ - ガルチャク - ゴドゥス - ゴレスターン - ハシュトゲルド - ハシュトゲルデ・ノウ - ジャワーダーバード - ハサナーバード - キャフリーザク - キャマールシャフル - キャラジュ - キーラーン - ラヴァーサーン - マーフダシュト - マラールド - メシュキーンダシュト - モハンマドシャフル - ナスィームシャフル - ナザーラーバード - オウシャン・ファシャム・メイグーン - パークダシュト - パルディース - ピーシュヴァーフ - ロバート・キャリーム - ルーデヘン - サバーシャフル - サファーダシュト - シャーヘドシャフル - シャフリヤール - シャリーファーバード - テヘラン - ワヒーディーエ - ヴァラーミーン

今日のテヘラン州[編集]

今日のテヘラン州はイラン商業における中心地となっている。事業所は17,000以上、イラン全体の26%以上で雇用人口は約390,000人である。テヘラン州の経済規模はイラン経済全体の30%を占め、消費者市場では40%近くになる。[1]

ラティヤーン・ダム、ラール・ダム、アミール・キャビール・ダムの3つのダムとジャバーン、タールの2つの自然湖が水利資源となっている。州内には170の鉱山があり、森林は330km²、牧草地は12,800km²である。[1]

一年を通じて、アルボルズ山脈の南斜面の山々と渓谷、湖やダム湖がテヘラン州の行楽地となっている。さらに州北部は冬季に積雪、アルボルズの山々はウィンタースポーツに絶好の環境となる。ディーズィーン、シェムシャク、トチャールなどのスキー・リゾートが人気を集めている。

テヘラン州の旧跡・観光地[編集]

テヘラン州には以下のような旧跡・観光地がある。

宮殿[編集]

博物館・美術館・劇場[編集]

公園、リゾート[編集]

  • トチャール・リゾート(スキー・リゾートとして有名)
  • ダルバンド・ハイキングコース
  • チートギャル公園
  • メッラト公園
  • ラーレ公園
  • ジャムシーディーエ公園
  • ニヤーヴァラーン公園
  • サーエイー公園
  • シャトランジュ公園
  • ダラーバード・ハイキングコース
  • ダラケ・ハイキングコース
  • ジャハーネ・クーダク公園
  • アーザーディー総合運動公園
  • エンゲラーブ総合運動公園・ゴルフコース
  • テヘラン郊外には渓谷、泉、滝などが点在する。
  • ラティヤーン湖
  • ラヴィーザーン森林公園
  • ヴァルダーヴァルド森林公園
  • ハジール国立公園
  • キャヴィール国立公園
  • タール湖
  • アミール・キャビール湖
  • ラール自然保護区
  • ヴァルジーン自然保護区

モスク・聖廟・墓地[編集]

  • ソルターニー・モスク(ファトフ・アリー・シャー創建)
  • アティーグ・モスク(1663年創建)
  • ムイッズ・アッ=ダウラ・モスク(モエッゾッドウレ・モスク、ファトフ・アリー・シャー創建)
  • ハーッジ・セイイェド・アズィーゾッラー・モスク(ファトフ・アリー・シャー創建)
  • アリー・ジャワード・モスク(イラン最初のモダンデザインによるモスク)
  • セパフサーラール・旧モスク(ガージャール朝代の著名なモスクの一つ)
  • セパフサーラール・新モスク(マドレセ・モタッハリー、ガージャール朝)
  • フィールスーフォッドウレ・モスク(ガージャール朝)
  • モーシェロッサルタネ・モスク(ガージャール朝)
  • モアイイェロルママーレク・モスク(ガージャール朝)
  • シャフル・バーヌー廟
  • ジャヴァーン・マルド・ガッサーブ廟 (イスラーム以前の半伝説的な英雄の墓廟)
  • エマーム・ザーデ 数十ヵ所(100年以上の歴史を持つ。エマーム・ザーデ・サーレフなどがある)
  • 各サッガー・ハーネ(伝統的な礼拝所)
  • テキーイェ数カ所(イマーム・フサインの受難劇を上演する場所)
  • エブネ・バーブーイェ墓地(タフティーやアリー・アクバル・デヘホダーなどの偉人が埋葬されている)
  • ザヒーロッドウレ墓地(多くの芸術家・文化人が埋葬されている。イーラジ・ミールザー、モハンマド・タギー・バハール、フォルーグ・ファッロフザード、アボルハサン・サバー、ルーホッラー・ハーレギー、ダルウィーシュ・ハーンなど)
  • コルダーン墓地(キャラジ、セルジューク朝
  • メイダナク墓地(キャラジ、13世紀)
  • ポーランド人墓地(テヘラン北部、第二次世界大戦での多くのヨーロッパ人戦死者が葬られている)

教会[編集]

  • スーレペ・ゲオウルグ教会(聖ゲオルギウス教会、1790年創建)
  • ターダウース・バールトゥーギームウース教会(聖タデウス・バルトキムス教会、1808年創建)
  • ターダウース教会
  • エンジーリー教会(福音教会、1867年創建)
  • アッシリア教会

城塞[編集]

  • アルズハング要塞(ターレガーン、1149年創建)
  • イーラジュ城塞(ヴァラーミーン)
  • ゴレ・ハーンダーン城塞(ルーデヘン、サーサーン朝
  • ラシュカーン城塞(レイ、アルサケス朝
  • タッバロク城塞(アッバース朝
  • ソルヘ・ヘサール城塞(セルジューク朝)
  • ケイゴバード城塞(ターレガーン、イスマーイール派
  • ギャブリ城塞(レイ、アルサケス朝代)
  • ガルエ・ドフタル・タング・ゴセエル(キャラジュ近郊、セルジューク朝)のような城塞跡があるが、多くは地震で破壊された。
  • ハールーン獄舎(テヘラン南郊、サーサーン朝)
  • メッリー公園の外務省建築複合体

伝統家屋[編集]

数十の伝統家屋建築が今日まで残されているが、ほとんどはガージャール朝代のものである。

  • エッテハーディエ邸宅(ガージャール朝)
  • アミール・バハードル邸宅(ガージャール朝)
  • エマーム・ジョムエ邸宅(1863年建築)
  • アミーノッ・ソルターン邸宅(ガージャール朝)
  • シャガーギー(クーシャク)邸宅(ガージャール朝)
  • エマーラテ・バーゲ・フェルドウス(ガージャール朝)
  • エマーラテ・ファルマーニーイェ(ガージャール朝)
  • シャヒード・モダッレス邸宅(アラージャーン街区)
  • ヴォスーク邸宅(1837年建築)
  • モシーロッドウレ・ピール・ニヤー邸宅

ほかにも公開されている旧建築は多い。たとえばニマー・ユーシージュ家、モハンマド・モサッデグ家、アーヤトッラー・ターレガーニー家、ガヴァーモッドウレ家、エマーム・ホメイニー家、マフムード・ヘッサービー家など。

考古学遺跡[編集]

テヘラン周辺には多くの古代考古学遺跡が残されている。その中でも以下のようなものが有名。

  • チャシュメ・アリー・タッペ(紀元前第5千年紀、ジャック・ド・モルガンによって発掘)
  • ショガーリー・タッペ(紀元前第6千年紀)
  • ゲイタリーエ墳墓遺構(紀元前第2千年紀)
  • タッペ・ミール(ジャック・ド・モルガンによる発掘。伝説のバフラーム・グルの寺院と信じられている)
  • ヴァーヴァン・タッペ(サーサーン朝)
  • ガルエ・タッペ(紀元前第6千年紀、英国人バートン・ブラウンによる発掘)
  • オズバキー・タッペ(在ハーシュゲルド)

その他の観光施設など[編集]

以前のテヘラン周辺地域[編集]

テヘランの都市景観はパフラヴィー朝治下に激変した。今日に残る古い街区はアラージャーン、サングラジュ、バーザール、チャーレ・メイダーン、ドウラトである。この中でチャーレ・メイダーンがもっとも古い。

高等教育機関[編集]

テヘラン州の主要大学は以下の通り。

外部リンク[編集]

[1]は上記のテヘラン州政府の情報に拠った。