ギリシャ陸軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ギリシャ陸軍のエンブレム東ローマ帝国以来の伝統を持つ、双頭の鷲が描かれている
陸軍旗。竜を退治する聖ゲオルギオスが描かれている

ギリシャ陸軍(ぎりしゃりくぐん、ギリシア語: Ελληνικός Στρατός, Ellinikós Stratós)は、ギリシャ陸軍である。

歴史[編集]

近代ギリシャ陸軍は、ギリシャ独立戦争 (1821-1829) の際に設立されたギリシャ地方政府の常備部隊を源流とする。1822年4月に設立された最初の部隊は歩兵部隊と小規模な砲兵部隊であり、ギリシャ独立を支持するため欧州各国から駆けつけた義勇軍の外国人が指揮官を務めた。しかし、これらの部隊は資金難からほどなく解散を余儀なくされ、ギリシャ陸軍大佐イオアニス・カポディストリアス(後のギリシャ初代大統領)によって1828年2月に8つの義勇軍が再び設立された。1825年5月には徴兵法が成立し、最初の司令官はフランス軍大佐シャルル・ニコラ・ファビエに任された。また、バイロン卿の助力により陸軍病院も設立された。カポディストリアスがギリシャ総督を務めた1827年以降に国軍の組織は大きな改革を成し遂げ、例を挙げれば陸海軍の軍務本営の設置、陸軍士官学校の設立、工兵隊の設立がある。また、ギリシャ国内にあった様々な非正規軍事組織を正規軍に取り込み、軽歩兵大隊として組織し直す努力も続けられた。初期のギリシャ軍には戦術や軍装を含めてフランス軍の影響が大きかったが、外国人の軍事教官(初期には外国義勇軍、後にはニコラス・ジョゼフ・メゾン将軍率いるフランス派遣軍の将校)にフランス人が多かったことが理由である。


ギリシャ陸軍は以下の戦争に参加している。

組織[編集]

本部[編集]

作戦部隊[編集]

  • いくつかの戦闘部隊は軍と呼ばれる。この用語は直接戦闘を行う行わないを問わず軍の構成要員として扱われる。
  • いくつかの支援部隊は例外的に軍団と呼ばれる。

階級[編集]

士官[編集]

  • OF-10該当なし
  • OF-9 大将 (Στρατηγός)
  • OF-8 中将 (Αντιστράτηγος)
  • OF-7 少将 (Υποστράτηγος)
  • OF-6 准将 (Ταξίαρχος)
  • OF-5 大佐 (Συνταγματάρχης)
  • OF-4 中佐 (Αντισυνταγματάρχης)
  • OF-3 少佐 (Ταγματάρχης)
  • OF-2 大尉 (Λοχαγός)
  • OF-1 中尉 (Υπολοχαγός)
  • OF-1 少尉 (Ανθυπολοχαγός)

士官候補生[編集]

  • OF-D 士官候補生 (Δόκιμος,Έφεδρος,Αξιωματικός)

准士官[編集]

  • OR-9 准尉 (Ανθυπασπιστής)

下士官[編集]

  • OR-8 上級曹長 (Αρχιλοχίας)
  • OR-7 曹長 (Επιλοχίας)
  • OR-6 軍曹 (Λοχίας)
  • OR-5 該当なし
  • OR-4 伍長 (Δεκανέας)

[編集]

  • OR-3 上等兵 (Υποδεκανέας)
  • OR-2 該当なし
  • OR-1 兵士 (Στρατιώτης)

編成[編集]

師団もまだ存在しているが、前線部隊は旅団規模に再編成され、一般的なNATO基準である5個大隊、3つの演習、1つの砲兵、1つの後方支援といくつかの中隊規模に抑えられている。最近の動向によれば、2015年までにすべての師団を解隊するが、旅団は数個作戦中隊に再編成され、主に機甲部隊や機械化部隊は削減し、攻撃旅団という新たな旅団として設立される。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]