HEMTT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
HEMTT
Heavy Expanded Mobility Tactical Truck
M978 tank truck in Beatty, Nevada.jpg
M978 フューエルタンカー
種類 8x8 オフロードカーゴトラック
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
運用史
配備期間 1982年-現在[1]
配備先 アメリカ陸軍[1]
開発史
製造業者 オシュコシュ[2]
値段 $135,000から
製造数 13,000[3]
派生型 M977 カーゴトラック
M978 フューエルタンカー
M983 トラクター
M984 回収車
M985 カーゴトラック
諸元 (M977A2[1][2][3])
重量 38,800 lb (17,600 kg)
全長 33.4 ft (10.2 m)
全幅 8 ft (2.4 m)
全高 9.3 ft (2.8 m)
要員数 2名

エンジン MTU デトロイトディーゼル 12.1 リッター
変速機 アリソン 4,500SP/5-スピード オートマチック
懸架・駆動 ヘンドリクソン(イコライザービーム付き)
地上高 24 in (610 mm)
燃料タンク容量 155 US gal (587 l)
行動距離 400 mi (644 km)
速度 62 mph (100 km/h)
テンプレートを表示

HEMTT(Heavy Expanded Mobility Tactical Truck, 重高機動戦術トラック)は、アメリカ軍が運用する8輪ディーゼルエンジンオフロードトラックシリーズの一群である。公的には「8x8 10トン カーゴトラック」と表現されている。HEMTTは、1982年M520 ゴアを代替する形でアメリカ軍での正式運用が開始された[3]。HEMTTは、オシュコシュ社によって製造され、民間では空港用の消防車などとしても運用されている。また、HEMTTの10x10輪駆動型がPLS英語版(Palletized Load System)の車体として用いられている。

類似の車両として、アメリカ海兵隊は同様にオシュコシュ社が製造するLVS(Logistics Vehicle System)を運用している。LVSはHEMTTと違い、セミトレーラーのような連結式車両となっており、前部の牽引ユニットに後部ユニットを結合させるモジュラー構造となっている。逆に、HEMTTは単一の車体である。

概要[編集]

HEMTTの主要任務は、アメリカ陸軍兵器軍用車両装甲戦闘車両などの充実した補給・補充能力を提供することである。アメリカ軍重輸送車両の重要なワークホースであることを現在13,000両ものHEMTTが運用中であることが物語っている。

標準的な5トントラックに比べて、より多くの車輪、全輪駆動と太い低圧タイヤの組み合わせ、そして、過給機付きエンジンによるきわめて高い機動性を誇る。

バリエーション[編集]

M977/M985 カーゴトラック
弾薬などを含め、あらゆる種類の貨物輸送する。車体後部にクレーンを備える。
M978 フューエルタンカー
後方で装甲戦闘車両ヘリコプターなどに燃料補給するタンクローリー
M983 トラクター
MIM-104 パトリオット地対空ミサイルや、MGM-31 パーシング準中距離弾道ミサイルを牽引するトラクター西ドイツでは同様の任務をMAN社のトラクターが行っていた)。
M984 回収車
行動不能になった車両を修理のため引き上げ、牽引する回収車両
M1074
派生型の10x10 PLS英語版 トラック。キャビン後方にクレーンを備える。
M1075
派生型の10x10 PLS トラック。
M1076
PLS トラックで牽引される6輪のトレーラー(PLST)。
MIM-104 Patriot.JPG HEMTT Wrecker and Cargo.jpg HEMTTcarrier1.jpg HEMTTcarrir3.jpg
M983 トラクター
(牽引しているのはMIM-104 パトリオット)
M984 回収車 M1074 PLS
(搭載しているのはハンヴィー
M1074 PLS
(搭載しているのはハンヴィー)

基本的なHEMTT(M977/M985)のコストはおよそ$135,000から。

HEMTT A3は、A2型から主にラジエーターや冷却ファンに改良が施されている。

HEMTT A4は、このシリーズの最新型で、従来型のデトロイトディーゼルエンジンキャタピラー C15/17直列6気筒ディーゼルエンジンに置き換えている。これは、高度に電子化され、ターボチャージャーも備えている。以前に比べ出力は高まり、燃費も向上している。OBD II様のシステムを用いているにもかかわらず、メンテナンスはシンプルであり続けている。

すべてのモデルで最大で水深48インチ(約1.2m)までの浅瀬を通過でき、C-17 グローブマスターIIIC-130 ハーキュリーズC-141 スターリフター輸送機に搭載可能である[1]

運用者[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d HEMTT Fact File for the United States Army”. Army.mil. U.S. Army. 2010年5月21日閲覧。
  2. ^ a b HEMTT M977 A2 series truck (PDF)”. Oshkosh, WI, USA: Oshkosh Corporation. p. 4 (2008年5月). 2010年5月21日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ a b c HEMTT”. olive-drab.com. Olive-Drab.com LLC. 2008年5月22日閲覧。

外部リンク[編集]