DCキャッシュワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社DCキャッシュワン
DC Cash One Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 DCC1
本社所在地 103-0027
東京都中央区日本橋2丁目3番4号 日本橋プラザビル12階
設立 2001年(平成13年)8月9日
業種 その他金融業
事業内容 無担保ローン・信用保証事業等
代表者 松浦一義(代表取締役社長
資本金 143億41百万円
(2009年2月28日現在)
発行済株式総数 33万6666株
(2008年12月31日現在)
純資産 80億67百万円
(2008年12月31日現在)
総資産 854億79百万円
(2008年12月31日現在)
従業員数 105人(2008年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 アコム株式会社 100%
(2009年4月1日現在)
外部リンク www.cashone.co.jp
特記事項:解散直前の会社概要。
テンプレートを表示

株式会社DCキャッシュワン (ディーシー Cash One) は、三菱UFJフィナンシャル・グループ (MUFG) にかつて存在した銀行系消費者金融会社である。

2009年5月1日にアコム吸収合併されて解散した。

概説[編集]

2001年8月9日に、東京三菱銀行(現・株式会社三菱東京UFJ銀行)、アコム、三菱信託銀行(現・三菱UFJ信託銀行株式会社)、ディーシーカード及びジャックスが銀行系消費者金融会社の設立を目的として出資し、株式会社東京三菱キャッシュワンとして設立された。各社の出資比率は、アコム株式会社が35%、株式会社三菱東京UFJ銀行が35%、三菱UFJ信託銀行株式会社が17.5%、株式会社ディーシーカードが11%、株式会社ジャックスが1.5%であった。

2002年3月4日に営業が開始され、2004年三菱東京フィナンシャルグループ(MTFG。現在の三菱UFJフィナンシャル・グループ)がアコムと資本・業務提携したことで、2005年1月31日にアコムが株式をディーシーカードから取得するとともに、第三者割当増資を引き受け、出資比率がアコム株式会社が54.73%、株式会社三菱東京UFJ銀行が30.00%、三菱UFJ信託銀行株式会社が15.00%、株式会社ジャックスが0.27%となり、アコムの子会社となった。併せて、商号を、株式会社東京三菱キャッシュワンから、株式会社DCキャッシュワンに変更した。

2008年9月8日に、MUFGとアコムは資本・業務提携を強化することで合意し、MUFGグループ内の機能再編・効率化することとなり、その一環として、DCキャッシュワンの事業を分割再編させることになった。

2009年4月1日に、DCキャッシュワンが担う三菱東京UFJ-VISAクレジットカード)の信用保証事業等を、会社分割により三菱UFJニコスに承継させ、同時にアコムがDCキャッシュワンの全株式を取得して、DCキャッシュワンは一旦アコムの完全子会社となった。そして、2009年5月1日に、アコムを存続会社として吸収合併簡易合併かつ略式合併)され解散[1]。それ以後はアコムの別ブランドとして運営されており、アコム契約者(AC会員)もしくは過去に契約が有った者はキャッシュワンへの契約ができなくなっていた。

2011年12月10日限りでキャッシュワンとしての新規契約を終了。2012年5月12日にキャッシュワン事業をじぶん銀行に分割譲渡し、同行のカードローン「じぶんローン」として再出発した。なお、アコムは同カードローンの保証会社として事業に関与する。[2]

特徴[編集]

  • インターネットなどの通信手段で申し込んだ場合、ローンカードの受け取りを郵送の他に、旅行代理店・プレイガイド・アコムなどの店頭窓口で受領が可能な「カードデリ」サービスを取り扱っていた。
  • キャッシュワンが直接提携している銀行や信販会社のATMコンビニATMでの現金の借り入れ、返済ができた。
  • SNSサイト「ちずる」を運営していた。地図をベースとしてローカルな口コミ情報を蓄積・提供していくというコンセプトであり、同業他社にないサービスを提供していくことでブランド力向上を図るという目的がある。

企業キャラクター[編集]

2004年まで
2005年
2005年11月から
2009年6月から

脚注[編集]

外部リンク[編集]