回路 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
回路
Pulse
監督 黒沢清
脚本 黒沢清
製作 小野清司
山本洋
高野力
萩原敏雄
製作総指揮 徳間康快
音楽 羽毛田丈史
和田亨
主題歌 Cocco
「羽根〜lay down my arms〜」
撮影 林淳一郎
編集 菊池純一
製作会社 大映
配給 日本の旗 東宝
アメリカ合衆国の旗 マグノリア・ピクチャーズ
公開 日本の旗 2001年2月10日
フランスの旗 2001年5月CIFF
アメリカ合衆国の旗 2005年11月9日
上映時間 118分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 $49,046 アメリカ合衆国の旗
2.0億円日本の旗[1]
テンプレートを表示

回路』(かいろ)は、2001年日本ホラー映画キャッチコピーは「幽霊に会いたいですか?」。

2001年に、カンヌ国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞。DVDは同年8月24日発売。

2006年にはアメリカ・リメイク版『パルス』が公開された。『パルス』は更に、アメリカで『2』『3』と続編も作られた。[1]

あらすじ[編集]

観葉植物販売会社「サニープラント販売」で同僚の田口が自殺してからというもの、ミチの周辺では身近な人たちが次々と黒い影を残し姿を消していってしまった。

同じ頃、大学生の亮介は、“ウラヌス”というプロバイダでパソコンで噂で聞いていた「幽霊に会いたいですか」と問う奇妙なサイトにアクセスしてしまう。

次々と黒い影を残し消える人たち。不気味に変容しはじめる世界。亮介が思いを寄せていた春江も不可解な行動をとり始める。

赤いテープに囲われたアパートのドアを見つめて佇む作業員が何かをしてしまったことが始りのようだった。

親しいものたちが消えてゆき日常が崩壊していく中、ミチと亮介は出会い、共に逃避しようとするが寸前、亮介にも危険が及んでしまう。ミチはそれでも亮介を連れ、幽かな希望目指して船出するのだった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「2001年度 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2002年平成14年)2月下旬号、キネマ旬報社2002年、 138頁。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]