G☆RACE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
SUPER GTイメージガール
通番 ユニット名 年度
11代目 angelic(アンジェリック) 2009年
12代目 G☆RACE(グレース) 2010年
2011年2012年はイメージガールなし
13代目 IA GIRL STARS
(イア ガールスターズ)
2013年 - 2014年
G☆RACE
Tokyo Auto Salon 2019 (45854364285).jpg
2010年度のGTイメージガールのお披露目が行われた幕張メッセ千葉県千葉市美浜区
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル アイドル
活動期間 2010年
レーベル avex trax
事務所 プラチナムプロダクション
メンバー 新田梢恵
中村アン
服部愛
菜々緒
高梨麻衣
吉田愛璃
山崎麻衣
工藤えみ

G☆RACE(グレース)は、日本芸能事務所プラチナムプロダクション」所属の女性8人で構成されたアイドルグループである。

概要[編集]

雑誌モデル、レースクイーン、テレビ出演などの多彩な活動を行っていた8人が集まり、2010年のSUPER GTイメージガールユニットとして結成。同年1月17日東京オートサロンにて例年より早く初お披露目された。

メンバー8人ともこの年、創立10周年を迎えたプラチナムプロダクション所属。同一事務所所属者のみで構成されたイメージガールユニットは2005年の「P-ch!」以来5年ぶりとなった。またユニットのロゴマークに“(星マーク)”が付いたのは2006年の「4☆TUNE」以来である。

メンバー[編集]

名前(よみ) 生年月日 出身地 血液型 備考
新田梢恵
(にった こずえ)
1986年2月4日 岡山県 A型 2010年東京オートサロンイメージガール
A-class」メンバー
中村アン
(なかむら あん)
1987年9月17日 東京都 AB型 ラボ☆マイスター」「すぽると!
(共にフジテレビ)レギュラー出演
服部愛
(はっとり めぐみ)
1988年6月3日 大阪府 A型 JJ」などで読者モデルとして活躍
現在は「竹田愛」に改名
菜々緒
(ななお)
1988年10月28日 埼玉県 O型 2010年三愛水着イメージガール
2009年ミスTGCグランプリ
レースクイーン・オブ・ザ・イヤー2010
高梨麻衣
(たかなし まい)
1990年4月3日 神奈川県 A型 キャンパスナイトフジ
(フジテレビ)レギュラー出演
吉田愛璃
(よしだ えり)
1991年3月14日 千葉県 A型 Popteen」専属モデル
歌手としてシングル2枚リリース
山崎麻衣
(やまざき まい)
1991年12月30日 神奈川県 O型 本ユニットで芸能界デビュー
工藤えみ
(くどう えみ)
1993年2月7日 大分県 O型 Seventeen」専属モデル
元「CHIMO」メンバー
  • 上記のメンバーのうち、2019年現在もプラチナムプロダクションへの所属が確認されているのは中村アン、菜々緒、服部愛(現:竹田愛)のみである。山崎麻衣は2011年のZENT sweetiesメンバーとしても活動したが、その後芸能界を引退[1]。また元フェイスネットワーク所属の新田梢恵は、G☆RACEの活動終了後に所属事務所をイー・スマイルに移してレースクイーン活動を継続したが[2]、程なくして退所している。
  • 前年の「angelic」同様、2年連続して血液型B型の女性がメンバーに選ばれていない。

沿革[編集]

※出来事はいずれも2010年

エピソード[編集]

  • 「史上最多の8人編成」「5年ぶりにプラチナム所属者に統一」という話題性を引っさげて華々しく登場したユニットであったが、例年とは違い、レースクイーン関連メディアや男性誌グラビアへの露出は行われず、より多くの人達にSUPER GTをプロモーションする意向で活動していた。レース本番では開幕戦などの特別な時を除きフルメンバーで出演しなかったり、イメージガールとしては初となるTwitterを利用した情報発信などの試みも見られたが、最終的にはシリーズ終了と共に活動終了となり、翌年の東京オートサロンにおける引継ぎ式は行われなかった。
  • プラチナムプロダクション及びエイベックスが関与したGTイメージガールは本ユニットが最後となり、発売されていた公認CDアルバム『SUPER EUROBEAT presents SUPER GT』シリーズもこの年で最後となった。吉田愛璃はもてぎ戦終了後のブログで「来年もまた新たなイメガが誕生します」と宣言していたが[11]、翌2011年より『sucre』というGTイメージガールではないRQユニットが登場したことから、12年間で総計50人を輩出したJGTC→SUPER GTのイメージガールは2013年の『IA GIRL STARS』まで途絶えることとなった。なおこの年に新田と服部が担当していたマレーシア戦限定のイメージガールは翌年以降、日本人女性とマレーシア人女性のペアによる体制へと移行され、2013年にマレーシア戦が終了するまで続いた。
  • この年のレース時における衣装は「vivace」以来続いていた赤と白を基調としたスポーティーなコスチュームではなく、LagunaMoonの提供によるカジュアルな衣装となった[4]。また歌唱時は菜々緒、中村、工藤を除くメンバーが「BFL」「MAKE ME CRAZY」と書かれたTシャツを着てパフォーマンスしていた。
  • 長年、SUPER GTをダイジェスト放送していたテレビ東京が『激走!GT』を打ち切ったことにより、この年はフジテレビ[注 3]に放映権が移行されたが、視聴率不振などの事情からわずか1年で終了。翌2011年からは再びテレビ東京系での放送に戻り『SUPER GT+』がスタートしている[12]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『SUPER EUROBEAT presents SUPER GT 2006 〜SECOND ROUND〜』(2006年9月6日発売・AVCD-23017)所収。[7]
  2. ^ ちなみに2016年12月1日WALLOPでオンエアされた『わろかわ美人』に竹田愛がゲスト出演した際、この時の写真が紹介された[10]
  3. ^ ちなみにBSフジでの放送時はエンディングにてメンバーが次戦の告知を行っていた。
  4. ^ その後2016年熊本地震により同年のAP戦が中止となったが、2017年以降は開催されている。

出典[編集]

  1. ^ 山崎麻衣 (2012年3月6日). “感謝”. オフィシャルブログ「MAI MEMORIES」. CyberAgent. 2019年12月7日閲覧。
  2. ^ 矢沢隆則 (2011年6月18日). “【レースクイーンライブラリ】2011 SUPER GTレースクイーンGallery「SARD sucre」”. ライブドア. 2019年12月7日閲覧。
  3. ^ TGC”. 吉田愛璃オフィシャルブログ. CyberAgent (2010年3月8日). 2016年3月25日閲覧。
  4. ^ a b 鈴鹿サーキット”. 吉田愛璃オフィシャルブログ. CyberAgent (2010年3月21日). 2018年2月12日閲覧。
  5. ^ 続き”. 吉田愛璃オフィシャルブログ. CyberAgent (2010年3月22日). 2018年2月12日閲覧。
  6. ^ 2010 SUPER GT富士スピードウェイ観戦ツアー”. H.I.S.団体旅行. エイチ・アイ・エス (2010年4月). 2016年3月25日閲覧。
  7. ^ ☆おはよ~ん☆”. 服部愛オフィシャルブログ「Meg Life」. CyberAgent (2010年5月24日). 2016年3月25日閲覧。
  8. ^ ★Allys Hair★”. 服部愛オフィシャルブログ「Meg Life」. CyberAgent (2010年6月26日). 2016年3月25日閲覧。
  9. ^ “SUPER GT第7戦富士 台風の影響で中止”. Car Watch. インプレス. (2010年9月9日). https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/392657.html 2019年12月7日閲覧。 
  10. ^ わろかわ美人#34「竹田愛」(2016年12月1日) - YouTube
  11. ^ ありがとうございました”. 吉田愛璃オフィシャルブログ. CyberAgent (2010年10月26日). 2018年2月12日閲覧。
  12. ^ “今季のGT地上波放送は“進化版”の『SUPER GT+』に”. AUTOSPORT web. 株式会社三栄. (2011年3月7日). https://www.as-web.jp/past/%E4%BB%8A%E5%AD%A3%E3%81%AEgt%E5%9C%B0%E4%B8%8A%E6%B3%A2%E6%94%BE%E9%80%81%E3%81%AF%E9%80%B2%E5%8C%96%E7%89%88%E3%81%AE%E3%80%8Csuper-gt-%EF%BC%8B%E3%80%8D%E3%81%AB 2019年12月7日閲覧。 
  13. ^ “【SUPER GT】2010年暫定カレンダーは全8戦+特別戦”. Response.. 株式会社イード. (2009年11月9日). https://response.jp/article/2009/11/09/132210.html 2019年12月7日閲覧。 
  14. ^ ”. 工藤えみオフィシャルブログ. CyberAgent (2014年5月31日). 2019年12月7日閲覧。

外部リンク[編集]