上原誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
上原 誠
基本情報
本名 上原 誠
階級 ヘビー級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 1984年11月14日(32歳)
出身地 東京都
身長 182cm
体重 92kg
スタイル キックボクシング
空手
テンプレートを表示

上原 誠(うえはら まこと、1984年11月14日 - )は、日本男性K-1選手、キックボクサー東京都出身。

2006年7月、村上竜司が率いる士魂村上塾に所属。

略歴[編集]

2008年3月2日、K-1 JAPAN TRYOUT(ヘビー級)を受験し、合格を果たした[1][2]

2008年7月13日、K-1 WORLD GP 2008 IN TAIPEIのASIA GP 1回戦でパク・ヨンスと対戦し、延長R左フックでKO勝ちするも、眼窩底骨折の疑いにより準決勝を辞退した[3]

2011年7月23日RISE第2代ヘビー級王者決定戦で羅王丸と対戦し、KO勝ち。王座を獲得した。

2013年3月17日、RISE初代ライトヘビー級王者決定戦で清水賢吾と対戦し、判定勝ち。王座を獲得した。

2013年12月21日GLORY 13GLORYデビュー戦でGLORY世界ランキング10位と対戦し、判定勝ち。軽重量級では日本人初の勝利となる。

2014年2月4日芸能事務所プラチナムプロダクション」とマネージメント契約したことを発表[4]

戦績[編集]

キックボクシング 戦績
28試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
22 12 10 0 1 0
5 2 3 0


勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
KOICHI 3R終了 判定3-0(30-28,29-28,29-28) K-1 WORLD GP 2016 in 国立代々木競技場第二体育館 2016年9月19日
高萩 ツトム 1R 0:32 TKO K-1 WORLD GP 2016 in 国立代々木競技場第二体育館 2016年6月24日
山下 力也 3R終了 判定3-0(30-28,30-28,30-29)) MA 日本キックボクシング連盟 村上祭 2016年4月10日
訓 -Nori- 1R 2:08 KO(右フック) K-1 WORLD GP 2016 in 国立代々木競技場第二体育館 2016年3月4日
× ザビット・サメドフ 延長R終了 判定0-3(9-10,9-10,9-10)) BLADE 1 2014年12月29日
セルグ・弁慶・ガレシック 1R 1:25 KO(右フック) RISE 100 ~BLADE 0~ 2014年7月27日
ヤン・ヘジョン 3R終了 判定3-0(30-28,30-27,30-26) RISE 98 2014年3月30日
ダスティン・ジャコビー 3R終了 判定2-1(30-27,30-27,28-29) GLORY 13 2013年12月21日
- キム・ネイチェル 延長R終了 判定(10-10,10-10,10-9) RISE 95 2013年9月13日
清水賢吾 5R終了 判定2-1(47-46/46-47/47-45) RISE 92
【初代RISEライトヘビー級王座決定戦】
2013年3月17日
天田ヒロミ 3R終了 判定3-0(29-27/30-27/29-28) K-1 RISING 2012 WORLD GP FINAL 16 in 両国国技館 2012年10月14日
クラフトン・ブレイズ・ワランス 2R 2:27 KO(右フック) RISE 88 2012年6月2日
ワン・ジンガン 1R 0:22 KO(右ローキック) RISE 87 2012年3月24日
× シング・心・ジャディブ 1R 0:38 KO(左ストレート) RISE 85
【RISE HEAVY WEIGHT TOURNAMENT 2011決勝戦】
2011年11月23日
ヤン・ソウクップ 延長R終了 判定(10-9,10-9,10-9) RISE 85
【RISE HEAVY WEIGHT TOURNAMENT 2011準決勝】
2011年11月23日
ステファン・レコ 3R終了 判定3-0 (30-27,30-27,30-26) RISE 85
【RISE HEAVY WEIGHT TOURNAMENT 2011一回戦】
2011年11月23日
羅王丸 3R 2:49 KO(右フック) RISE 80
【第2代RISEヘビー級王座決定戦】
2011年7月23日
イ・ギファン 1R 2:14 KO(右ローキック) RISE 74 2011年2月27日
羅王丸 3R終了 判定2-0 RISE 73R 2010年12月19日
清水賢吾 3R 1:24 KO(左ハイキック) RISE 68 2010年7月31日
× 高萩ツトム 3R終了 判定0-2 K-1 WORLD GP 2010 IN YOKOHAMA
【オープニングファイト】
2010年4月3日
× シング・心・ジャディブ 2R 1:36 KO(右フック) K-1 WORLD GP 2009 FINAL
【オープニングファイト】
2009年12月5日
× 天田ヒロミ 3R終了 判定0-3 HEAT 10
【HEATキックルール ヘビー級トーナメント 決勝】
2009年7月18日
恩田剛徳 延長R KO(3ダウン:左フック) HEAT 9
【HEATキックルール ヘビー級トーナメント 準決勝】
2009年3月28日
孫武 2R 1:10 TKO(タオル投入) HEAT 8
【HEATキックルール ヘビー級トーナメント 1回戦】
2008年12月14日
パク・ヨンス 延長R 1:25 KO(左フック) K-1 WORLD GP 2008 IN TAIPEI
【ASIA GP 1回戦】
2008年7月13日
沢田秀男 3R終了 判定3-0 K-1 JAPAN TRYOUT 〜日本人戦士育成プロジェクト〜 トライアルリーグ 2008年4月20日
高橋竜平 1R 1:26 KO(2ダウン:右ハイキック) マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟「BREAK THROUGH-1 〜突破口〜 MA.KICK 2008 士道館新春正月興行」
【オープニングマッチ】
2008年1月14日

獲得タイトル[編集]

  • 士道館関東大会無差別級グローブ空手2007 優勝
  • 士道館全日本ストロングオープントーナメント2007 優勝
  • 士道館全日本ストロングオープントーナメント2008 優勝
  • 士道館全日本ストロングオープントーナメント2010 優勝
  • 士道館全日本ストロングオープントーナメント2011 優勝
  • 第2代RISEヘビー級チャンピオン
  • 初代RISEライトヘビー級チャンピオン

アマチュア成績[編集]

  • 17戦17勝10KO
    アマチュア時代に無敗と言う好成績を残しており、対戦相手の半数が試合中のダメージが大きかったため、救急車で都内の病院に運ばれている。

受賞歴[編集]

  • 2009年1月11日 士道館世界空手道連盟敢闘賞

その他[編集]

  • 成立学園高校時代は野球部に所属しており、投手としては最速145kmの速球を投げ、プロからも注目されていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ TRYOUTに合格したのは… ドラマが一杯、夢一杯!! K-1公式サイト 2008年3月2日
  2. ^ [K-1] トライアウトで山本真弘、健太、日菜太、竹内裕二も合格 BoutReview 2008年3月2日
  3. ^ [K-1] ルスラン、3連続KOでアジアGP優勝。澤屋敷KO負け BoutReview 2008年7月13日
  4. ^ お知らせ”. 上原誠オフィシャルブログ (2014年2月4日). 2014年2月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]