ヤン・ソウクップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヤン・ソウクップ
基本情報
本名 ヤン・ソウクップ
通称 極真の爆撃機
階級 ヘビー級K-1
国籍  チェコ
誕生日 (1979-09-17) 1979年9月17日(38歳)
出身地  チェコ
身長 185cm
体重 100kg
スタイル 極真空手
テンプレートを表示

ヤン・ソウクップJan Soukup男性1979年9月17日 - )は、チェコ出身の空手家で、キックボクサー極真会館(松井派)チェコ支部所属。

来歴[編集]

11歳で伝統派空手松濤館流を始めた[1]

2004年に来日し、極真会館(松井派)鹿児島支部に入門。3年半内弟子として修行し、弐段を取得した[2]。その後、チェコで自身の道場を開いた。

2007年11月16日から18日にかけて開催された極真会館『第9回全世界空手道選手権大会』の決勝でエヴェルトン・テイシェイラに一本負けを喫し、準優勝となった。

2009年8月11日K-1初参戦となったK-1 WORLD GP 2009 IN TOKYO京太郎と対戦し、3Rに右フックで失神KO負けを喫した。しかし、解説をしていた魔裟斗やK-1イベントプロデューサー谷川貞治は「空手家のデビュー戦にしては、パンチが見えてるし、上手い。ソウクップは悪くない。」などと賛辞を送った。

2009年12月5日K-1 WORLD GP 2009 FINALのオープニングファイトで高萩ツトムと対戦し、判定勝ち。K-1初勝利となった。

戦績[編集]

キックボクシング 戦績
5 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
2 0 2 0 0 0
3 1 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 上原誠 延長R終了 判定3-0 (三者とも10-9) RISE85
【RISE HEAVY WEIGHT TOURNAMENT 2011準決勝】
2011年11月23日
ファビアーノ・サイクロン 3R終了 判定2-0 (29-28,28-28,29-28) RISE85
【RISE HEAVY WEIGHT TOURNAMENT 2011一回戦】
2011年11月23日
× ムラデン・ブレストヴァック 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2010 IN BUCHAREST -EAST EUROPE GP-
【リザーブファイト】
2010年5月21日
高萩ツトム 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2009 FINAL
【オープニングファイト】
2009年12月5日
× 京太郎 3R 1:20 KO(右フック) K-1 WORLD GP 2009 IN TOKYO 2009年8月11日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]