竹隆光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

竹 隆光(たけ りゅうこう、旧名:竹 和也(たけ かずや)、1953年11月29日 - )は、日本空手家(八段)。鹿児島県奄美大島出身。国際空手道連盟ワールド極真会館の代表理事[1]

経歴[編集]

1971年、18才で極真会館総本部に入門。大山倍達の門弟となる。

1981年3月、故郷・奄美大島を振り出しに極真会館鹿児島県支部を設立。

1982年6月、第1回鹿児島県大会を開催、金属バット折りの演武を披露。

2018年9月、一般社団法人国際空手道連盟ワールド極真会館を設立し理事長を務める。

人物[編集]

指導者として第8回世界大会チャンピオンの木山仁、第40回全日本大会チャンピオンの谷口誠らの選手を育成し輩出した。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ワールド極真会館とは”. ワールド極真会館鹿児島県支部. 2018年9月29日閲覧。

外部リンク[編集]