恋の奇跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

恋の奇跡(こいのきせき)は、もりたゆうこによる漫画作品。「Kiss」(講談社)で連載、コミックスは全8巻。及びそれを原作としたテレビドラマ

ストーリー(原作)[編集]

1月のある日、容姿にコンプレックスを抱く高校3年生の塚本妙子の元へ、父の遠縁で妙子と同い年だという倉田雪乃が現れた。母を亡くしたという雪乃を3月まで という条件で家に寄宿するというのだ。美しい容姿同様、性格も良い娘に思えた雪乃だったが、数々の不審な行動の末、妙子の母を殺害。泥酔した父をホテルに連れ込み、関係を持ったように見せかけた上で、妙子を家から出して欲しいと懇願する。母殺しを始めとする疑念を雪乃にぶつける妙子だが、雪乃は「醜い人が何を言っても周囲は信じない」と切り返した。絶望しトラックに飛び込もうした妙子を謎の医師、聖達彦が救出。その聖からダイエット計画を持ちかけられた妙子だが、過酷さに家に戻ろうとする。しかし、父は行方不明になり、家は妙子になりすました雪乃によって売却されていた(この時に来ていた買い手から、母の位牌の処分を頼まれたと聞かされ、持ち帰っている)。行き場をなくした妙子は、聖の命令でダイエットの為にパリへ。そこでモデルとして撮影に来ていた雪乃から、容姿に対して罵詈雑言を浴びせられ、復讐を誓う。

登場人物(原作)[編集]

  • 井上彩子(本名:塚本妙子)
小学校から高校に掛けて、並外れた体重、女としては高すぎる身長を理由に男子にいじめられた事があり、被害妄想が強く、いじけた面が見られたが、雪乃への復讐心からダイエット等を開始。長身でボーイッシュな容姿へと変貌し、パリから帰国。メイクアップアーティストをしていたが、出張先で来られなくなったファッションモデルのピンチヒッターを依頼されたのを機に芸能界入り。母の出生名を名乗るようになる。雪乃との対立を目撃され、キツイ性格と誤解された事・雪乃の罠で整形疑惑を掛けられた事などを逆手に取り、中性的な印象とはっきりした物言いをするキャラクターとして売り出し、同時に強さを身につけてゆく。雪乃の過去などを知ったことから、最終的に彼女に対して寛大な態度で立ち向かう。身長は170センチ台、ダイエット開始時の年齢は18歳、雪乃との同居期間は2ヶ月程度、高校は卒業直前で中退と設定されている。
  • 倉田雪乃(本名:後藤由紀子)
父を知らず、貧困の中、母から疎まれ虐待を受けて育つ。高校入学後、告白した同級生の男子の仲間数人から性的暴行を受け、直後に母は愛人と失踪。絶望し自殺を図ろうとしたところを聖に救出される。彼の姉と瓜二つに整形を受けた直後、聖の紹介で働いていた病院で、数年前に亡くなった中学の同級生、倉田雪乃の母に再会。友人だと思っていた彼女の本心を知ってしまう。のちに倉田家の遠縁である塚本家に入り込むが、家族仲の良さを嫉妬・憎悪したこともあり、崩壊に追い込んだ上で、財産を強奪し、得た資金で芸能界デビューを果たす。表向きは清楚で穏やかで優しげだが、本心は残虐な野心家で、美に対しての執着心が強く、自らの目的を果たす為、さまざまな犯行を重ねてゆく(感情を露わにする場面は極めて少ない)。実母を殺害した直後、参考人として呼び出された警察で対面した遺体から母の整形を知る(この件に関しては、DNA鑑定などにより、母子と確定。容疑が固まり、逮捕された可能性が高い)。のちに受賞をするが、式の最中に早川とトラブルを起こし、ステージから落下。設置されていたスポットライトに顔から突っ込み、負傷。整形不能になってしまった事から自棄になり、妙子を殺害しようとする。
  • 甲斐将人
塚本家の隣の住人で、妙子とは中学卒業まで同級生(女生徒から人気が高かった)。心優しい性格だが、残虐な本性を知り、そして負傷させられても尚、雪乃に心惹かれる。
  • 聖達彦
美を研究する整形外科医。雪乃に整形・妙子にダイエットの計画を持ちかけている。両親の愛情に恵まれずに育ち、姉が唯一の理解者だった。その姉が政略結婚、死別を理由に精神を病んだ事を知りつつ男女の関係になった上、死に追い込んだという自責の念に駆られていた。姉の遺体を保管していた事もあるが、妙子と惹かれ合うようになった事から次第に変化が生じ、遺体を荼毘に付し、冷淡だった性格が変化してゆく。のちに雪乃の逆恨みが元で、医師免許を剥奪され、海外へと旅立つ。
  • 塚本正春
妙子の父でサラリーマン。家族想いで心優しい性格だったが、雪乃を家に入れてしまった上に、甘い顔をした事が家庭崩壊を招いてしまう。アルコール中毒により勤務先を解雇された直後、雪乃の罠にはまり、妙子と引き離された挙げ句 覚醒剤を打たれてしまう。妙子との再会を果たした直後に死亡。
  • 塚本彩子
妙子の母。雪乃の不審さに気づき、家を出るように言った直後、駅のホームから、突き落とされ殺されてしまう。容姿の老化を嘲った雪乃に平手打ちを食わせた事もあるが、さっぱりした気性で妙子を深く愛していた。旧姓は井上。
  • 後藤香
雪乃(由紀子)の母。未婚で出産した娘に壮絶な虐待を展開した挙げ句、男と駆け落ちした過去を持つ。整形した雪乃を娘と気づかず、スナックの経営資金を無心するが、スナックの客に娘の写真を見せ、あざ笑っていたところを雪乃(由紀子)に知られ、呼び出されて監禁、撲殺の後、遺体に放火される。警察による検死・復顔の結果、整形前の雪乃(由紀子)に瓜二つの容姿だったことが発覚。攻撃的で身勝手な性格で、娘を始めとする周囲に対しての愛情は感じられない。
  • 早川恵美子
妙子の母と同年代の美人女優だが、のちに聖の元で整形を繰り返していた事をマスコミにすっぱ抜かれる。情報をリークした犯人を雪乃と思い込み、泥酔し授賞式の壇上に上がり、もみ合いの末に雪乃を負傷させてしまう。受賞歴などはない様子。
  • 倉田雪乃(=本物)
由紀子の中学の同級生で評判の美人。病弱で欠席しがち・他に親しい友人等がなかったこともあり、何かと由紀子を頼っているように見えたが、裏では2人暮らしだった母親と一緒に由紀子の容姿を嘲っていた。中学校在学中に病死。
  • 倉田の母
娘の死から数年後、重病を患い入院。そこで働いていた整形後の由紀子に対して本人と気づかず、娘の容姿の自慢に加え、当時の由紀子に対しての本心を伝えてしまう。死後、由紀子に財産を奪われ、娘になりすまされる。塚本家とは遠縁の親戚だが、交流と面識はない。
  • 佐伯トモミ
新人女優。映画収録中、雪乃に殺害されかかり負傷した妙子の代役に抜擢されるが、妙子が復帰した為に没になる(本人はホッとした様子)。少々、ワガママな面が見られたが、妙子に憧れ、前向きな態度を見習うようになる。
  • マダム
パリ在住の邦人女性。美容関連のアドバイザーとして成功しているが、飛行機事故に遭遇。息子を亡くしたこと、体に消えない傷を負ったことを理由に離婚した過去を持つ。ダイエットに成功し、帰国する妙子にネックレスをプレゼントした。

テレビドラマ[編集]

1999年4月15日から同年7月1日までテレビ朝日系列で放映された。全12話。

ストーリー[編集]

容姿に対してコンプレックスを抱いてはいるものの、両親の愛情に恵まれ、明るく心優しい性格に育った塚本妙子。高校の卒業式の日の夜、「母が亡くなって天涯孤独になってしまった」「大学を卒業するまで」として、遠縁の親戚の娘で妙子と同い年の倉田雪乃が父、正春に連れられて来る。大学生モデルとして活躍する程の美貌に加え、気さくな性格で周囲を魅了する雪乃だったが、3年が経過する頃から、塚本家の隣家の住人、甲斐へ急接近。近所の商店で塚本家を中傷したり、同時に父に対しての思わせぶりな言動で母、彩子を挑発。家族仲は険悪になってゆく。雪乃と正春の間の秘密を疑い素行調査に出掛けた彩子が駅のホームから転落し死亡。家庭崩壊状態に悩み、ノイローゼになっていた事を周囲に知られていた為、警察は自殺として処理するが、さまざまな出来事から雪乃に不信感を抱いていた妙子は、雪乃に彩子殺害の嫌疑を掛け罵倒。しかし本性を現した雪乃は「私を疑うのは、あなたの心が醜い証拠。姿が醜い人は心も醜い」等、言い放つ。放心状態になった妙子は、踏切で自殺を図ろうとするが、間一髪で謎の医師、聖達彦に救出され、彼の指導の下で1年間、過酷なダイエットに励むことになる。のちに華麗なる美貌を手に入れるも、自宅は妙子になりすました雪乃により競売に掛けられ、家財道具のほとんどが消失。父は行方不明。甲斐は就職して家を出たという。雪乃の携帯電話に連絡をする妙子だが、「1年間、連絡をしなかったのはあなたの落ち度」と切り返されてしまう。父を捜す妙子は、雪乃の専属アーティストとなるが、そこで広告代理店社員の甲斐と再会。そして同時期、モデルにスカウトされ芸能界入り。しかし美に固執する雪乃の嫉妬心などから妨害と嫌がらせを受けてしまう。雪乃を憎悪する妙子だが、次第に雪乃の生い立ちと正体、そして自分との繋がりが明らかになってゆく。

キャスト[編集]

両親に愛されて育った事もあり、本来の性格は心優しく天真爛漫だが、ややお人好しの面も見られた。遠縁で天涯孤独の身だと言う雪乃を暖かく迎え入れ、友人として接していたが、酷い裏切りに遭い、家庭崩壊に追い込まれ絶望。自殺を図ろうとしていた所を聖に助けられる。ダイエット後、素性を隠す為と母への思いから母の出生名を名乗り、メイクアップアーティストをしていたが、美貌を買われ芸能界デビュー。新しい世界への戸惑いから来る言動、雪乃との対立を目撃された事から「何を考えているか分からない、少し暗めの子」と誤解されてしまう。のちに血縁を打ち明けた雪乃の依頼で、娘の優希を引き受けシングルマザー宣言をする。1975年の冬生まれと推定される。
表向きは明るくさっぱりとした性格の美人で、皆から愛されているが、冷酷な裏の顔を持つ。少女時代は容姿の他、暗い性格を理由に同級生から壮絶ないじめを受けていた様子(甲斐が雪乃(由紀子)の過去を調べた際に「後藤由紀子」時代の彼女を覚えている同級生は殆どいなかった事からも、彼女が暗い少女期を過ごしていた事がうかがえる)。母を始めとする周囲の仕打ちの後、自殺を図るが聖に救出され、整形。のちに実父と聞かされていた塚本正春に会いに行き、大学を卒業まで という条件で塚本家に滞在(同時に数年前に病死した中学の同級生の美少女「倉田雪乃」の名を名乗るようになる)。小さい頃から読書家だったこと、中学生の頃には、所属していた演劇部での采配の全てを任される程、並外れた才能を持ち活躍していたことなどから芸能界を目指し、女子大生モデルから女優に転身。その為、芸能人としてのプライドが非常に高い。最終回で出産した甲斐の子を妙子に託し、焼身自殺を図る。1989年度に中学3年生だった事から、妙子と同い年の1974年度生まれと推定。横須賀市で生まれ育っている。
謎めいた印象の整形外科医。女優志願だった恋人が、役作りの為のダイエットが元で、摂食障害を引き起こし死亡したことから、美容整形に対して肯定的な思想を持つようになる。雪乃に対しては恋人と同じ顔に整形を施しているが、妙子にはカウンセリングと運動、食事療法によるダイエット指導をおこなう。雪乃への怒りをあらわにした妙子に「憎しみは人を醜くする」と諭したり、競売に掛けられていた妙子の家を買い戻したことがある。のちに違法行為が発覚し、医師免許剥奪となった直後、雪乃から依頼された甲斐の目の手術を終え、妙子から告白を受け海外へ旅立った。
妙子の幼なじみで隣家の住人。大学卒業後に広告代理店に就職し自立。交際していた雪乃を戒めた事を逆恨みされ、解雇に追い込まれるが、直後に文筆家に転身。映画の脚本を手がけた際に、雪乃と妙子を和解させるようなストーリーに書き換えた事もある。雪乃に心惹かれはするが、明るく心優しい性格で、妙子の良き理解者となる。のちに稲垣から雪乃を守ろうとして負傷。一時的に失明状態となるが、聖の執刀ののち、娘の誕生を知ったこともあり、回復に向かう。
妙子の母。本来は優しい性格で、家族を愛していたが、脆い面を雪乃に見抜かれて煽られ、ヒステリックになっていた。大学を卒業後に家を出るように言ったことから口論になり、平手打ちをくらわせた翌日、雪乃の秘密を探ろうと正春の故郷である横須賀へ向かう途中、駅のホームから雪乃に突き落とされ死亡。妙子が画家から貰ったスケッチを評価し、額縁に入れて飾った事もある。
妙子の父で弁護士(個人で事務所を経営していた)。優しい性格で家族思いだったが、結婚前に交際していた香の娘である雪乃に弱みを握られ、甘すぎる態度で接した事と彩子のヒステリックな態度に嫌気がさして家を出た事が原因で一家離散の憂き目に遭う。彩子の葬儀直後、行方不明になった妙子を探しに出かけ、事故に遭遇。記憶喪失の状態で横須賀の病院に入院中、雪乃によって死に追い込まれる(この件に関しては、のちに病院から警察に証言があり、雪乃の犯行と断定されている)。しかし記憶をなくしても家族の写真を大事にしていて、幸せそうだったと担当ナースから妙子に伝えられた(他にも初音の前で、妙子の名を呼んだこともある)。横須賀市出身。
雪乃と初音の母(どちらも未婚で出産)。男と金銭にルーズなこともあり、雪乃に虐待を展開の末、初音の父との復縁の為に見捨てる。彼との破綻後は、初音を親戚の家に預けた上でスナックを経営していた。妙子により娘たちと再会。雪乃の父である正春との交際・破綻等の経緯を話して聞かせ、優しい母の顔を見せるが、その時点で交際していた男に嗾されたこともあり、雪乃の通帳を持ち出してしまう。男に逃げられた後、雪乃に自身も整形していた事、家族と不仲だった事、容姿と性格にコンプレックスを抱いていた事を打ち明け、口論の末にもみ合いで負傷(この時、雪乃を庇っている)。雪乃が自殺後、元恋人の正春の娘と知った妙子の元を訪れ、「あの子を許してやって欲しい」と謝罪。同時に亡くなった彩子の写真を見て「優しそうなお母さん」と感嘆している。
雪乃とは8歳違いの異父妹(1981年頃生まれ)。高校生に該当する年齢だが、両親から見捨てられ、行き場をなくしており、学校へ通っている様子・親しい友人の姿は見えない。憎悪されながらも姉に忠実に振る舞っていたが、次第に姉を心配するようになり、妙子と甲斐と共に、立ち直らせようと奔走。のちに母と再会。姉への仕打ちに激怒もしたが、間もなく和解する。無口で無愛想な印象もあるが、基本的には素直で純朴な性格。病院で正春の世話をしていた。ドラマオリジナルキャラクター。
  • 稲垣:佐藤新平
雪乃のマネージャーだったが、妙子との人違いで、初音に怪我をさせる等のヘマを理由に解雇される。その後も何かと接近。雪乃から香殺害を依頼され、実行に移そうとしたことなどを警察に知られ、追われるようになる。屑呼ばわりをした雪乃を殺そうとするが、甲斐に突き飛ばされ失敗。雪乃を追って来た刑事に逮捕された。原作にも似た立場の人物が登場するが、解雇以外のエピソードとキャラクター設定はドラマオリジナル。
最初はメイクアップアーティストとして妙子と一緒に働いていたが、のちにマネージャーにスカウトされる。原作の岩国に該当する立場だが、マネージャーという部分の他はドラマオリジナル。氏名は不明だが、「しんのすけ」と呼ばれる場面が確認出来る。
雪乃の所属事務所で働くアシスタント。日和見的な面、「自分には才能がない」と言ったことを雪乃に詰られる。ドラマオリジナルキャラクター。
路上で絵描きをしていた時、通りかかった妙子の容姿を評価。デッサンを描く。のちに雪乃の妊娠に気づき、胎児のデッサンを描いてプレゼントしている(このデッサンは、室内に保管されていたのを雪乃の死後、初音によって発見され、妙子によって優希の部屋に飾られた)。最後に妙子の為に大作を仕上げ、何も言わずに旅立った。ドラマオリジナルキャラクター。
買い物に来た雪乃の虚言を鵜呑みにし、彩子を注意した。
山梨県の田舎町在住。警察から逃走してきた雪乃を受け入れ、生まれた優希を妙子の元に届けた。

原作との違い[編集]

ドラマ化に際して登場人物の性格、塚本家と雪乃の繋がり、その他も設定の変更が行われ、原作とは大分異なったストーリーとなった。

  • 妙子は渡仏せず、聖の元に留まりダイエットをおこなう。美容関連のアドバイザー等は登場しない。
  • 妙子がトラブルに巻き込まれ、ダイエットを開始した年齢が18歳から22歳。当時の体重が102キロ。身長は「役者である葉月のプロフィールに準じる」と変更。
  • 競売に掛けられた家屋は買い手がつかず、聖の手で妙子に戻される。
  • 雪乃の顔のモデルになった故人が、聖の姉から女優志願だった恋人に変更。遺体の保管などはおこなわれていない。
  • 聖の過去が恋人とのエピソードのみで、生い立ち等は一切、描かれていない。
  • 聖の立ち振る舞いから冷酷さと非常識な面が軽減。理解のある性格に描かれている。
  • 塚本正春の職業がサラリーマンから弁護士に変更。それに伴い、「由紀子と雪乃が戸籍を入れ替えたのでは?」と甲斐が疑念を抱く設定が付け加えられている。
  • 彩子の嫉妬心と脆さ、ヒステリックな面が強調されている。
  • 家族が不仲になった事を理由に、正春が家を出て事務所に寝泊まりするようになる。
  • 雪乃が正春をホテルに連れ込んだり、覚醒剤漬けにする設定がみられない。他にも犯行の数が原作より少なくなっている。
  • 後藤香と正春が過去に恋人同士で、破綻後に香が未婚で出産した事から、雪乃と妙子は異母姉妹となる。
  • 雪乃が塚本家にやって来たのは、自分の娘と知り、責任を感じた塚本が身元を引き受けた為。そして塚本家が倉田家と面識なしの遠縁という設定は消滅。
  • 妙子は私立女子高校を卒業後、雪乃と一緒に大学へ進学。その為、塚本家への滞在期間が2ヶ月程度から4年弱に変更。
  • 雪乃の言動から凶暴な面と陰湿さが軽減。ストーリーが展開するに伴い、感情を露わにする場面が多くなる。
  • 雪乃は女優デビューの前、ファッションモデルをしていた。
  • 初音(雪乃の異父妹)、あすか、画家を始めとするオリジナルキャラクターが登場。
  • 妙子がスカウトされた経緯であるモデルのピンチヒッター場面が描かれず、簡略化されている。
  • 妙子のマネージャーが中年の女性から、同年代の男性に変更。
  • 雪乃のマネージャー(稲垣)がヘマを理由に解雇された後も登場。事件などに関わって来る。
  • 周囲が妙子に対して誤解し、抱いたイメージが「わがままでキツイ性格」から「何を考えてるか分からない少し暗めの性格」と変更。
  • 中学の同級生である本物の倉田雪乃の本音を知った経緯が、見舞いに行った際の立ち聞きに変更。
  • 映画の撮影中、雪乃が妙子を崖から突き落とす場面が、家の中で怒りと悲しみをぶつける場面に変更。同時に新人女優、佐伯トモミに該当する人物が登場しない。
  • 香は雪乃に殺害されず、負傷のみ。それももみ合いの末に階段から転落と変更。
  • 偽名使用等の疑念を抱いた警察に対して、雪乃がねつ造した「自身の生い立ち」が異なる。同時に母親探しの番組を放送したというエピソードも描かれない。
  • 香が雪乃に対して、それなりに愛情を抱いており、見捨てた事と傷つけた事を悔やみ続ける。
  • 香が雪乃を見捨てた理由が、初音の父との復縁となっている。
  • 雪乃が母の本心と整形を知った経緯は、母からのカミングアウトによるもの。
  • 聖が医師免許を剥奪となった違法行為発覚の経緯が、雪乃からの密告によるものではなくなっている。
  • 甲斐が脚本家として成功。
  • 作中に登場する甲斐が執筆した劇中劇が、原作に登場する複数の作品を掛け合わせたようなストーリー展開となっており、同時に雪乃と妙子の生い立ちを彷彿とさせる内容である。
  • 授賞式、雪乃が顔に負傷する場面が描かれない。同時に早川恵美子に該当する人物が登場しない。
  • 中盤付近から雪乃が、妙子を始めとする周囲にやや心を開くようになる。
  • 甲斐の失明の原因は雪乃による暴力ではなく、彼女を守ろうとした事によるもの。
  • 雪乃が甲斐の子を妊娠。未婚で出産し妙子に託す。
  • 映画のクランクアップと同時に容疑が固まった雪乃は、追ってきた警察から逃走。出産直後に焼身自殺を図り、同時に素性が発覚する。
  • 正春の死の原因が雪乃である事が立証されている。

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率 備考
Stage1 1999年4月15日 天使のような悪魔に出会った 中園ミホ 中島悟 16.5% 15分拡大
Stage2 1999年4月22日 102キロの私に幸せは来ないの? 15.7% -
Stage3 1999年4月29日 私の正体がバレてしまった… 赤羽博 13.4%
Stage4 1999年5月6日 美味しすぎる復讐のチャンス 吉本昌弘 14.0%
Stage5 1999年5月13日 嘘つきで、したたかで危険な女 中園ミホ 13.7%
Stage6 1999年5月20日 倉田雪乃は死んでいる…!? 16.4%
Stage7 1999年5月27日 甲斐くん、邪魔するなら消すわ 吉本昌弘 16.4%
Stage8 1999年6月3日 雪乃は整形、そして本当の悪魔に 中園ミホ 中島悟 16.2%
Stage9 1999年6月10日 裏切りの女彩子…あなたを殺す 吉本昌弘 14.3%
Stage10 1999年6月18日 私があんたを憎んだ本当の理由 中園ミホ 赤羽博 14.3%
Stage11 1999年6月25日 天使が舞い降りて…雪乃は死ぬ 中島悟 15.3%
final stage 1999年7月1日 今夜、最後の奇跡が起こる! 16.4% 15分拡大
平均視聴率15.2% (視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)