自由の丘に私が残った

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

自由の丘に私が残った(じゆうのおかにわたしがのこった)はテレビ朝日系列・木曜ドラマの枠で1990年5月10日5月31日に放送されたテレビドラマ。全4回。

概要[編集]

OL1年生の御子柴(みこしば)康子が自由を求めて家出をしたことをきっかけに、残りの家族も次々と家を出てしまい自由が丘の家だけが残された。バラバラに暮らす家族それぞれの人生が、康子を中心にして描かれる。

キャスト[編集]

  • 御子柴康子(御子柴家の長女、OL):麻生祐未 
  • 栗原俊一(康子の恋人、カメラマン):吉田栄作 
  • 御子柴高明(康子の兄、サラリーマン):伊原剛志 
  • レポーター(ドラマの冒頭に「検証・若者文化の現在」と題して、六本木、赤坂、原宿、渋谷でレポートをする)若林正人 
  • 吹浦まゆみ(康子の同級生、放送作家):藤田朋子 
  • 御子柴悦子(康子の母、デパート勤務):加藤治子 
  • 御子柴正年(康子の父、生物学の教授):いかりや長介
  • 長野芳樹(まゆみの同棲中の恋人):加藤善博
  • 武田広美:徳丸純子
  • 三好奈々子(高明の婚約者、資産家の令嬢):上田綾
  • 岸本洋子:上村依子
  • 15歳の俊一:岡田秀樹
  • 7歳の康子:安達祐実

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

サブタイトル[編集]

  1. 突然!!家族が蒸発
  2. 木登りパパの秘密
  3. 家なき娘の逆襲
  4. 家出家族のオシャレな結末?