南一誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
南 一誠
出生名 南 義信
生誕 1952年10月19日
出身地 日本の旗 日本 大分県/広島県東広島市安芸津町
学歴 崇徳高等学校
職業 歌手
活動期間 1980年 -
事務所 IMOプロダクション

南 一誠(みなみ いっせい、1952年10月19日 - )は、日本演歌歌手広島県東広島市安芸津町出身。本名は南義信。広島県を中心に活動している。IMOプロダクション所属。ひろしま文化大使(広島市特任大使)[1]

経歴[編集]

崇徳高等学校卒業。高校時代は、グリークラブに所属し、全日本合唱コンクールで金賞を受賞。高校卒業後、広島市内の歓楽街などで勤務。薬研堀の有名店・クラブ「ポエム」向かいの料飲ビル"船屋ビル"に有った「マイウェイ」というスナックで代理マスターをしていた頃の常連客に、地元広島RCC中国放送の敏腕ディレクターで同社労組幹部・水野喬(南のデビュー曲を作詞作曲)ペンネーム"あきたかし"がいて、1980年前半にRCCラジオで水野喬が手掛けた「広島オリジナル演歌を育てる」主旨番組の"どっこい演歌だ~"からの第一弾として、当初は地域盤で1980年に「広島天国」「雨の港から」で歌手デビューする。尚、南自身は高校卒業後からデビューまでの約10年間、クラブ歌手などの音楽芸能経験は皆無で、RCCの水野との出会いが幸運なデビューと成った。「雨の港から」の当初のタイトルは「宇品の港から」だったが、戦後から数えて400曲前後に及ぶ広島関連のご当地ソングはヒットしない(美空ひばりの「1本の鉛筆」と北島三郎の「尾道の女」が知られる程度)とのジンクスからタイトル変更されたのではと、当時の関係者談がある。「広島天国」は、広島を代表する曲として有名になるが、当初は唄い出しが「二人の銀座」(1967年・和泉雅子と山内賢のデュエットでヒット)に酷似していると指摘する声も有った。その後、「慕情の街」、「ひろしまかくれんぼ」、広島東洋カープ球団歌「それ行けカープ」を唄う。2010年には平成22年度広島市民賞を広島前田健太と共に受賞。広島特任大使にも任命されている。東広島市安芸津町は出身地ではなく、出身地の九州大分県から一家で移り住んだと言うのが事実のようだと広島県内や安芸津町周辺では認識されている。1980年現在でデビュー40年近くに成るが、驚く事にCD発売曲の半数に及ぼうとする楽曲が「重複使用」されている。例として、シングル2枚目のA面「笑顔いいね」はシングル13枚目のB面「笑顔がいいね」で使用され、シングル4枚目A面「冬木立」はシングル14枚目のB面「冬木立」で使用されている。ディスコグラフィーを見るとこのような「使い回し」の曲が多数有り、東京ではなく地方都市広島で個人活動してきたゆえの企画力・プロモーション戦略の不足と、元来が演歌の歌唱法・発声とは異なる南一誠の「引き出しの数」「声質」「音域」などから悲哀と苦労が垣間見れる。今後の一層の努力とご当地ソングに依存しない発想の転換も願うものである。

人物[編集]

  • 趣味はスポーツ(なんでも好きと)、書道、陶芸、料理。
  • 誰しも認める酒豪。
  • 崇徳高校グリークラブの創設時の部員である。
  • 信条は「五力(魅力、実力、迫力、気力、体力)」である。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • 雨の港から/広島天国(1980年4月1日)
  • 笑顔がいいね/雨の宿(1981年11月1日)
  • 俺とお前/もう泣くなよ(1983年2月25日)
  • 冬木立/恋こごろ(1984年11月25日)
  • 恋の虫/好きだから(1987年1月25日)
  • 夢宿/広島天国(1989年4月10日)
  • 瓢湖〜ひょうこ〜/冬木立(1990年12月5日)[2]
  • 熱き願い/かきぶね夢情(1993年6月21日)[3]
  • 雨情け/哀待人〜あいまちびと〜(1994年10月21日)
  • 慕情の街/ひろしまかくれんぼ(1996年8月21日)[4]
  • 追憶の日々/リメンバー マイ ラブ(1998年4月21日)
  • ふりむけばいい女/浪漫世代(1999年8月21日)[5]
  • 命こがれて/笑顔がいいね(2001年10月20日)
  • 愛を眠らせて…/冬木立(2004年4月21日)
  • 俺たちの時代/瓢湖(2006年9月20日)
  • 広島天国/雨の港から/それ行けカープ(2008年4月23日)
  • 歌手生活30周年記念 青春のポケット/慕情の街(2009年4月22日)
  • 泣いてもいいよ/哀愁のトレモロ(2011年10月19日)
  • 三景の女(ひと)/ 広島恋の街/愛の終章(エピローグ)(2014年10月22日)
  • 男の栄光(あかり)/郷愁の太田川/それゆけカープ(ボーナストラック)(2017年4月19日)

アルバム[編集]

  • オリジナルベスト 慕情の街(1997年3月20日)
  • 愛を眠らせて… 歌手生活25周年記念ベストアルバム(2004年6月30日)

その他[編集]

  • ‘99広島カープ選手別応援歌(1999年6月19日)
  • 広島東洋カープ 選手別応援歌2000(2000年3月31日)
  • 広島東洋カープ 選手別応援歌2002(2002年1月30日)
  • 広島東洋カープ 選手別応援歌2003(2003年1月1日)
  • 広島東洋カープ 選手別応援歌2004(2004年4月17日)

出演[編集]

ラジオ[編集]

レギュラー[編集]

  • 南一誠のゆめ語り一誠一座(RCCラジオ)毎週月曜20:00 - 20:30

ゲスト出演[編集]

テレビ[編集]

  • 浮気なストリッパー(2014年1月11日、RCCテレビ) - 刑事 役

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 広島市 - 特任大使一覧・活動内容”. 広島市 (2018年10月1日). 2018年10月30日閲覧。
  2. ^ 「瓢湖」はNHKNHK新ラジオ歌謡である。
  3. ^ 「熱き願い」は1994年アジア競技大会広島の応援歌である。
  4. ^ 「慕情の街」、「ひろしまかくれんぼ」は‘96ひろしまの歌
  5. ^ 「浪漫世代」は、元広島広島監督の古葉竹識とのデュエット

外部リンク[編集]