管理楽曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

管理楽曲かんりがっきょく)は、日本の音楽業界においてJASRAC著作権信託せず、レコード会社や所属プロダクション音楽出版会社など権利を保有する者が管理する制度、またはその楽曲である。

主に専属楽曲外国曲の2種類を合わせて管理楽曲と言うが、カラオケ等での管理楽曲は「専属楽曲」のみ指す傾向がある。

世に出回っている楽曲で(著作権が消滅しているものを除く)、JASRACのデータベースで登録がなければ(JASRAC非信託)、管理楽曲である可能性が高く[1]、この場合は権利を保有するレコード会社・音楽出版会社・制作企業か、作家本人あるいは遺族など作家側によって管理されている。

なお、権利者に無断でCDなどの発売・インターネット上での配信・放送などを行った場合は、当然ながら著作権法によって処罰の対象となる。

専属楽曲[編集]

1971年以前(著作権法施行前)の一部の曲(いわゆる懐メロ)で、作詞家・作曲家(作家)がレコード会社と専属契約を行い創作・発売した楽曲のため、作家がレコード会社に著作権を譲渡し、レコード会社が著作権と楽曲の利用権を独占的に保有している楽曲である。老舗のレコード会社で1930年~1960年代のヒット曲(演歌ムード歌謡)や童謡を作り上げた作曲家の多くがこれに該当する。

1971年に新著作権法が施行されてから、作家が所属するレコード会社や音楽出版社プロダクションを通して著作権をJASRACに信託し、JASRACの管理下となっているのが殆どである為、その楽曲の場合はJASRACに利用許諾申請と使用料を支払えば楽曲の利用が可能である。

しかし、専属楽曲は各々レコード会社に専属開放申請を行い、許諾された場合は使用料を支払わなければならない。

明確な利用目的が無かったり、インターネット上でのメロディー配信を目的とするものは許可が下りない事が多い。

主な専属作家の一覧[編集]

順不同・敬称略。※印がある作家はレコード会社の他にプロダクションなどにも楽曲の利害関係があるもの。

日本コロムビア[編集]

但し、越部のおかあさんといっしょ関連楽曲はビクターレコードよりリリース。また、古賀はテイチク(後述)にも所属アーティストとして在籍していたことがある。

ビクターレコード(ビクターエンタテインメント)[編集]

テイチクレコード(テイチクエンタテインメント)[編集]

キングレコード[編集]

ユニバーサルミュージック[編集]

ポリドール
東芝レコード(EMI Records Japan

第一興商グループ[編集]

ミノルフォン(徳間ジャパンコミュニケーションズ)
日本クラウン

特定のレコード会社に所属しないもの[編集]

コマーシャルソングなどで、JASRACに信託しない楽曲も管理楽曲に該当する。

主な専属楽曲の一覧[編集]

など多数。1960年代のヒット曲(日本レコード大賞受賞曲など)もかなり含まれている。

外国曲[編集]

日本で言う洋楽で、その楽曲の作者(作曲家)の所属する日本国外の音楽出版社やプロダクション、レコード会社が権利を保有しており、JASRACに信託していないもの。

ザ・ビートルズの殆どの楽曲が当てはまる他、特に「ドレミの歌」は作曲家(リチャード・ロジャース)と訳詞家(ペギー葉山)双方権利関係が複雑であり、容易にビデオ作品に収録するのは難しいとされている。(→トラップ一家物語)

ゲームミュージック[編集]

ゲームミュージックの一部(BEMANIシリーズなど)も外国曲であるものは管理楽曲が多い。また、それ以外のゲーム(アダルトゲームも含め)オリジナルBGMでも作曲家がJASRACに信託しないものは管理楽曲である。

インディーズ楽曲[編集]

インディーズからCDを発売するアーティストの多くは、CDを一般的なCDの流通ベースに乗せないこともあり、楽曲は著作権者が管理する形となる場合が多い。但し、通常の流通ベースに乗せる場合はJASRACへ信託する場合が多い。(テレビ・ラジオの音楽番組等への露出や、着信メロディカラオケなどの権利手続を簡略化するため。)

萬Z(量産型)2006年に発売したアルバム「フルスロットル〜TO THE TOP〜」では、著作権料相当分をモータースポーツ選手へスポンサー料として提供するため、収録された全ての楽曲をJASRAC非信託(管理楽曲)としている。萬Z(量産型)は、ヒットした「日本ブレイク工業社歌」などの楽曲をJASRACに信託しており、JASRACへ信託するかしないかを使い分けている。

同人音楽[編集]

同人音楽もまた、CDを一般的なCDの流通ベースに乗せないこともあり、楽曲は著作権者が管理する形となる。また、着信メロディ・カラオケなどの権利手続が行われる段階においても、著作権者が楽曲を管理している状態のまま権利手続きが行われることが多い。

「フルスロットル〜TO THE TOP〜」以後の新たな流れとして、同人音楽を発祥とするCDが、著作権者が楽曲を管理している状態のまま、メジャーレーベルから一般的なCDの流通ベースに乗せて販売されることが行われるようになった。2009年ソニー・ミュージックダイレクトより発売されたアルバム「supercell」などが代表例である。

脚注[編集]

  1. ^ これには、2012年3月31日付でJASRACを退会した穂口雄右が作詞・作曲した楽曲や、2015年10月16日にJASRACから自身の系列会社に管理先を変更したエイベックス・グループが保有する楽曲も含まれる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]