平岡照章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

平岡 照章(ひらおか てるあき、1907年明治40年)5月2日 - 1992年平成4年)6月9日)は、日本の作曲家。本名は平岡光之(ひらおかてるゆき)。

略歴[編集]

1907年(明治40年)5月2日に東京で生まれる。法政大学中退。

キングレコード専属、コロンビアレコード専属、東宝演劇本部音楽部長、日本ビクターレコード専属、NHK契約作曲家を歴任する。

1992年(平成4年)6月9日に死去、85歳。

人物[編集]

童謡を多く作曲しており、1936年(昭和11年)に第5回日本音楽コンクール作曲部門第3位、1937年(昭和12年)に内閣総理大臣賞を受賞している。

作曲[編集]

  • 『子鹿のバンビ』作詞坂口淳
  • 『赤ちゃんはいいな』作詞:坂口淳
  • 『ばあやのお里』作詞:坂口淳
  • 『花時計の歌』作詞:坂口淳
  • 『ママのおひざ』作詞:坂口淳
  • 『赤いリボン』作詞:坂口淳
  • 『パパのうた』作詞:平岡照章
  • 『光の馬車』作詞:宮沢章二
  • 『ぴょんぴょん虫』作詞:時雨音羽
  • 『めじろが来る山』作詞:後藤一夫、補作:サトウハチロー
  • 『もしも月給が上ったら』作詞:山野三郎
  • 『私鉄の仲間たち』作詞:古川和夫、補作:近藤東
  • 『杉の木一本』作詞:細川雄太郎
  • 『小さなかけ橋』作詞:細川雄太郎
  • 『ペンギンさん』作詞:重園よし雄
  • 『愛の花輪』作詞:松井美枝子
  • 『ひなまつりのうた』作詞:まどみちお
  • 『萱野しぐれて』作詞:中條雅二
  • 『おうちの赤ちゃん日本一』作詞:都築益世
  • 『集団体操歌』作詞:藤山一郎、編曲:奥山貞吉
  • 『東京電機大学校歌』作詞:草野心平
  • 『紫波町立紫波第一中学校校歌』作詞:巽聖歌
  • 『紫波町立日詰小学校校歌』作詞:巽聖歌
  • 『八王子市立浅川中学校校歌』作詞:巽聖歌
  • 『深谷市明戸中学校校歌』作詞:巽聖歌 
  • 『一宮町立一宮小学校校歌』作詞:巽聖歌
  • 『習志野市立大久保東小学校校歌』作詞:斎藤信夫
  • 『習志野市立袖ケ浦西小学校校歌』作詞:斎藤信夫
  • 『中間市立中間東中学校校歌』作詞:下沢白虹
  • 『横浜市立三保小学校校歌』作詞:加藤省吾
  • 『東広島市立高屋西小学校校歌』作詞:巽聖歌

[愛知県刈谷市立刈谷南中学校校歌]  [巽聖歌]

編曲[編集]

著書[編集]

  • 『音樂家になるには』(三友社、1933)
  • 『小学校教員検定受験用音楽科精説』(三友社、1935)

編集[編集]

  • 『くるみ童謡百曲集』(新興楽譜出版社、1956)
  • 『小学生の合唱全集』(全音楽譜出版社、1960)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]