成田市営大谷津球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
成田市営大谷津球場
Narita Municipal Ohyatsu Baseball Stadium
成田市営大谷津球場の位置(千葉県内)
成田市営大谷津球場
施設データ
所在地 千葉県成田市押畑952-3
座標 北緯35度47分59.6秒 東経140度18分33.1秒 / 北緯35.799889度 東経140.309194度 / 35.799889; 140.309194座標: 北緯35度47分59.6秒 東経140度18分33.1秒 / 北緯35.799889度 東経140.309194度 / 35.799889; 140.309194
開場 1971年
所有者 成田市
管理・運用者 成田市生涯スポーツ課
グラウンド 面積:-m2 
内野:クレー舗装、外野:天然芝
照明 照明塔:6基
使用チーム • 開催試合
高校野球千葉県大会予選
収容能力
12,000人
グラウンドデータ
球場規模 両翼 - 92 m
中堅 - 120 m

成田市営大谷津球場(なりたしえいおおやつきゅうじょう)は、千葉県成田市大谷津運動公園内にある野球場。施設は成田市が所有する。 一般的に「成田市営球場」と呼ばれる(球場外壁にもそう書かれている)が、成田市内には成田駅近くの中台運動公園、大栄地区にあるナスパ・スタジアムなどにも成田市所有の野球場が存在するので注意。単に「大谷津」と呼ばれることもある。

歴史[編集]

1971年昭和46年)に開場。主に夏の高校野球千葉県予選や中学野球の試合会場として使用されている。1973年(昭和48年)の若潮国体2005年平成17年)の千葉きらめき総体2010年(平成22年)開催のゆめ半島千葉国体ではソフトボール競技の会場となるなど、ソフトボール場として使われることも多い。

プロ野球の試合が初めて開催されたのは2004年(平成16年)4月25日イースタン・リーグ読売ジャイアンツ千葉ロッテマリーンズ戦(巨人主催)で成田市市制施行50周年記念事業として行われた。2008年(平成20年)には同様のカード(千葉ロッテ主催)が7月30日に行われた。この球場でホームゲームを行うロッテが浦和球場同様3塁側ベンチを使用する。

球場のすぐ脇を京成成田空港線高架橋が通る。

北千葉道路の整備に伴い、2014年(平成26年)10月1日より2019年(平成31年)3月19日(予定)まで閉鎖されている[1]

施設概要[編集]

  • 所在地:成田市押畑952番地3号地
  • 両翼:92m、中堅:120m
  • 外野フェンス高:{stub}
  • スコアボード:パネル式
    バックスクリーン側に得点掲示板、右中間側(バックスクリーン右側)にメンバー表がある(DH制非対応)
  • 照明設備:6基
  • 収容人員:12,000人(外野は芝生席)
  • ダッグアウト ホーム3塁側)、ビジター1塁側

交通[編集]

※高校野球千葉県大会予選やイースタンリーグ公式戦等の開催時には臨時直行バスが運行される。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]