終業式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

終業式(しゅうぎょうしき)は、学校などにおいて、学業の終業にあたって行う式典である。

日本小学校中学校高等学校では、一般にそれぞれの学期の終了日に行われる。ただし、学年末(年度末)の場合には修了式を行うので、終業式は行わない(ただし学校によっては、3学期にも「終業式」と呼ぶ場合がある)。この点が、対になる始業式と異なるところである。また、学校の卒業にあたっては卒業式を行うので、該当の学期の終業式や学年の修了式は行わない。警報が出て臨時休校によって中止になることがある。

3学期制の学校では、この日を最後に夏休み冬休みなどの長期休業に入るので、終業式の後に学級担任から通知表やその学期の間の提出物、テスト、製作作品などの返却を受け、休業日中の生活上の注意事項などの指導を受けることとなる。2学期制の場合でも、この日の後に短い期間休業(いわゆる秋休み)を取ることがある。

日本の小学校、中学校、高等学校などにおいては、終業式は、始業式、修了式、入学式、卒業式などと並び、特別活動儀式的行事に分類される学習活動である。

関連項目[編集]