岡田彬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡田 彬
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京府
生年月日 1938年6月18日
選手情報
ポジション 捕手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • 三菱自動車京都
  • 東京大学

岡田 彬(おかだ ひとし、1938年6月18日 - )は、東京府(現・東京都)出身の元社会人野球選手(捕手)・監督。

略歴・人物[編集]

戸山高校卒業後は東京大学法学部に進学し、野球部では捕手としてプレー。後に「東大初のプロ野球選手」として大洋へ入団した新治伸治とバッテリーを組んだ。大学卒業後は1963年三菱重工業へ入社し、京都製作所勤労課において人事・労務政策業務に携わる傍ら、三菱自動車京都の選手兼任監督として創立間もない野球部を鍛え上げ、1970年に初の都市対抗京都市代表に導いた。同年限りで現役を退くとともに監督も退任し、1971年より1年間ドイツの三菱重工の子会社に勤務し、ヨーロッパ各国に機械の営業活動を行った。1974年から1975年まで母校・東大の監督を務め、1974年春の監督就任第一戦を勝利で飾るとともに、続いて前年度甲子園優勝投手の佃正樹投手(法大)を破り、秋には当時「昭和の怪物」と言われ全勝を続けていた江川卓投手(法大)に初黒星をつけるなど当時の六大学野球ブームの一翼を担い、1975年には12シーズンぶりの最下位脱出を果たした。特に江川攻略についてはその後、文藝春秋より本宮ひろ志作「たかされ江川卓物語」として刊行されている。東大監督退任後は1976年から1980年までフセイン政権下のイラクで化学肥料プラント建設に従事。その間にイラン・イラク戦争で4度の被爆を体験した。1986年から1992年までドイツ事務所長を務め、その間にベルリンの壁崩壊・東欧民主化・東西ドイツ統一を現地で体験した。社業の傍らで当時の「日経連欧州労働情勢調査団」に参加し、EU各国での調査を行った。その傍らでドイツ野球連盟コーチとして野球ドイツ代表の指導を続け、少年野球チームの監督として日本に2度遠征して世界大会に参加。帰国後は1994年から1998年まで三菱自動車トラック・バス営業本部副本部長を務める。その後は三菱埼玉ふそう自動車販売常務、ワンビシアーカイブズ常勤顧問を経て、現在千代田区観光協会常務理事・事務局長、三菱重工空調システム顧問を務めている。また、東京六大学野球連盟規則委員も務めている。

著作[編集]

  • エンジニアリング振興協会発刊「プロジェクト・マネジメント用語辞典」(共著)

その他野球に関する随筆等多数。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]