新治伸治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新治 伸治
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都
生年月日 1941年7月31日
没年月日 (2004-05-04) 2004年5月4日(62歳没)
身長
体重
181 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1965年
初出場 1965年
最終出場 1968年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

新治 伸治(にいはり しんじ、1941年7月31日 - 2004年5月4日)は、日本プロ野球選手投手)、実業家東京大学野球部初のプロ野球選手である。

来歴・人物[編集]

都立小石川高校時代には硬式野球部がなく、軟式野球部にてプレーする。その後、東大に進学し硬式野球部に入部した。東京六大学リーグ通算68試合に登板し8勝43敗、防御率3.21、149奪三振。43敗は現在もリーグ史上最多敗戦記録。一方で在学4年間で東大が勝った試合の勝利投手はすべて新治であった。

1965年、同大経済学部卒業後に大洋漁業(後のマルハ、現在のマルハニチロ)に入社。ほどなくして、球団オーナー(中部謙吉)の「南氷洋に2、3年行ったつもりで、ちょっとプロで投げてみなさい」という一声から、子会社である大洋ホエールズ球団への出向を命じられ、身分はサラリーマンのままプロ入り[1]。同時に東大野球部初のプロ野球選手となった。なお、当時はドラフト制がなく自由競争の時代であった為、ドラフトを経ることなく、プロ野球選手になることが出来た(ドラフト制度導入以降で初の東大出身指名選手は井手峻)。

やや変則的なフォームから投げるキレのいいストレートと縦のカーブ、スライダーを武器に、一年目には5勝をあげ、ジュニアオールスターにも出場。二年目もリリーフとして活躍し、4勝を記録した。しかし、その後二年間は振るわず、プロ入りを後押しした三原脩監督が退団したこともあって1968年に現役引退。

引退後は親会社に復帰し、海外勤務や秘書、支店長や支社長を歴任し、大洋クラブ(マルハ系列のゴルフ場運営会社)社長や横浜ベイスターズ球団顧問を務めた。2004年4月には東京六大学野球春季リーグ戦開幕戦で始球式を行ったが、翌月に自宅で急死した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1965 大洋 40 3 1 0 0 5 2 -- -- .714 317 77.1 64 6 23 1 2 40 0 0 36 27 3.16 1.13
1966 37 0 0 0 0 4 4 -- -- .500 271 64.2 67 6 17 2 2 35 0 0 33 26 3.60 1.30
1967 5 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 21 7.0 3 0 1 0 0 3 0 0 0 0 0.00 0.57
1968 6 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 32 7.1 10 1 2 0 0 4 0 0 4 4 5.14 1.64
通算:4年 88 3 1 0 0 9 6 -- -- .600 641 156.1 144 13 43 3 4 82 0 0 73 57 3.29 1.20

背番号[編集]

  • 28 (1965年 - 1968年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]