新治伸治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新治 伸治
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都
生年月日 1941年7月31日
没年月日 (2004-05-04) 2004年5月4日(62歳没)
身長
体重
181 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1965年
初出場 1965年
最終出場 1968年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

新治 伸治(にいはり しんじ、1941年7月31日 - 2004年5月4日)は、東京都出身の元プロ野球選手投手)、実業家東京大学野球部初のプロ野球選手である。

来歴・人物[編集]

都立小石川高校時代には硬式野球部がなく、軟式野球部にてプレーする。高校卒業後は1年間の浪人生活を経て、1961年東京大学経済学部へ進学し、硬式野球部に入部。東京六大学リーグでは1年次の同年春季から8季連続最下位であったが、リーグ通算68試合登板で8勝43敗、防御率3.21、149奪三振を記録。43敗は2020年現在もリーグ史上最多敗戦記録である一方、在学4年間で東大が勝った試合の勝利投手はすべて新治であった。大学卒業後の1965年に「食べるのも釣るのも魚が好き」という単純な理由で大洋漁業へ入社するが、ほどなくして、球団の中部謙吉オーナーの「南氷洋に2、3年行ったつもりで、ちょっとプロで投げてみなさい」という一声から、子会社である大洋ホエールズへの出向を命じられ、身分はサラリーマンのまま入団[1]。同時に東大野球部初のプロ野球選手となったが、当時はドラフト制がなく自由競争の時代であった為、ドラフトを経ることなく、プロ野球選手になることが出来た[2]。この年は大洋がめぼしい即戦力投手を獲得できなかったという裏事情で、アイディアマンの三原脩監督が中部に頼み込んで実現したとも言われている[1]

1年目の1965年は6月12日中日戦(中日)で初先発を果たし、19試合目の登板となった7月25日広島戦(広島市民)で初勝利を挙げる[1]及川宣士稲川誠に次ぐ3番手として1回3分の2を2安打1四球で1失点も4個の三振を奪い、チームが逆転したことでの嬉しいプロ1勝目であった[1]。試合後に新治は「稲川さんと最後に投げた平岡君がしっかり投げてくれたから僕に白星が転がり込んできた。感謝しています」と語り、度の強い眼鏡の奥の瞳は感激でやや潤んでいた[1]。開幕の時点では二軍暮らしであり、左肩が早く開き、球の出所が打者に分かりやすい癖を森田斌二軍投手コーチと共に徹底的に矯正。その間に走り込みをしながら、下半身を安定させたのが、夏場に来て生きた[1]。敗戦処理から接戦の時のリリーフと、大車輪の活躍で、ついに勝ち星が付いた[1]。1勝すると後はトントン拍子であり、3日後の同28日には中日戦(中日)に3番手で登板。3イニングのロングリリーフで、試合は4-3で大洋が勝利。新治は2勝目をマークし、「自信がつきますね。これからもっとやれそうな気がしてきた」と表情が和らいだ。やや変則的で2段モーション的な決してしなやかとはいえないフォームから投げるストレートはキレも良く、ウイニングショットに縦のカーブとスライダーであった[1]10月18日サンケイ戦(川崎)では佐藤進巽一森滝義巳緒方勝と投げ合い初の完投勝利を記録したほか、初安打となる三塁打も打った。ルーキーイヤーは高橋重行・稲川に次ぐ40試合登板で5勝を挙げ、防御率は3.16であり、ジュニアオールスターにも出場した。「話題先行だったが、結構使えた。嬉しい誤算だったね」と、数限りない奇策を演じてきた三原を喜ばせた[1]。2年目の1966年もリリーフとして活躍し4勝を記録したが、その後は登板機会が減少し、プロ入りを後押しした三原が退団。通算成績は現役4年で88試合9勝6敗、防御率3.29。東大時代より勝ち星も1つ多く、決して悪い数字ではなかったが、三原から代わった別当薫監督は力的にも技術的にも限界と判断[1]1968年限りで現役引退。なお、上記の経緯で本社からの出向扱いのままプレーしていたため、現役引退も社内の人事異動扱いとなった[1]

引退後は親会社に復帰し、経理畑を歩み、海外勤務や秘書、支店長や中国支社長も歴任。1987年には大洋球団の非常勤取締役に就任すると、古葉竹識監督を助けて球団改革に乗り出そうとしたこともあり、同年入団したシクスト・レスカーノは新治の推薦でもあった[1]。マルハ系列のゴルフ場運営会社の大洋クラブ社長や、横浜ベイスターズ球団顧問を務めた新治は「ある意味、東大卒より才能のあるプロ野球選手の待遇改善にかかわる仕事がしたい」と常々話していたが、夢が果たせぬまま、2004年5月4日に自宅で心不全で急死[1]。享年62歳。机の上には出版を考えていた、野球の理論書の原稿が残されたままであった[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1965 大洋 40 3 1 0 0 5 2 -- -- .714 317 77.1 64 6 23 1 2 40 0 0 36 27 3.16 1.13
1966 37 0 0 0 0 4 4 -- -- .500 271 64.2 67 6 17 2 2 35 0 0 33 26 3.60 1.30
1967 5 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 21 7.0 3 0 1 0 0 3 0 0 0 0 0.00 0.57
1968 6 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 32 7.1 10 1 2 0 0 4 0 0 4 4 5.14 1.64
通算:4年 88 3 1 0 0 9 6 -- -- .600 641 156.1 144 13 43 3 4 82 0 0 73 57 3.29 1.20

背番号[編集]

  • 28 (1965年 - 1968年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]