活量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

活量(かつりょう、activity)は、できる限りモル濃度(あるいは他の濃度)に近い性質を持ち、しかも厳密な熱力学の関係に登場し得る量である。一般的には、温度、圧力、物質量についての複雑な関数になる[1]

理想系と実存系に存在する誤差を修正するためにギルバート・ルイスによって導入された物理量で、普通、或いはと表される。活動度と呼ばれる場合もある。

化学ポテンシャルとの関係[編集]

理想的な混合物の場合には、ラウールの法則により成分の化学ポテンシャルは以下のようにモル分率で与えられる。Θは基準となる化学ポテンシャル、成分のモル分率、カッコ内は変数を表す。

これに対し、実際の系では以下のように活量で表される。

つまり

である。

活量係数[編集]

活量係数は次式によって定義される。

これは理想とする数値からのずれを表す指標となっている。

絶対活量[編集]

絶対活量は以下のように定義される。そのため相対活量と呼ばれることもある。

参考文献[編集]

  1. ^ 田崎晴明 『熱力学 現代的な視点から』 培風館〈新物理学シリーズ 32〉、2000年4月12日、初版、184頁。ISBN 9784563024321

関連項目[編集]