連邦取引委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
連邦取引委員会
Federal Trade Commission
(FTC)
Flag of the United States Federal Trade Commission.svg
組織の概要
設立年月日 1914年9月26日
管轄 アメリカ合衆国連邦政府
本部所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントンD.C.
100 F Street, NE, Washington, DC 20549
北緯38度53分53.4秒 西経77度0分15.9秒 / 北緯38.898167度 西経77.004417度 / 38.898167; -77.004417
人員 1,131 (December 2011)[1]
年間予算 342億ドル(2016年度)[2]
行政官
ウェブサイト https://www.ftc.gov/

連邦取引委員会(れんぽうとりひきいいんかい、Federal Trade Commission、略称: FTC)は、アメリカ合衆国における公正な取引を監督・監視する連邦政府の機関である。同国の競争法にあたるシャーマン法クレイトン法などの反トラスト法規範に基づき、商業活動に関わる不公正な競争手段と、商業活動に関わる不公正または欺瞞的な行為または慣行を、人・団体・または法人が行わないようにするための権限と責務を与えられている。

概要[編集]

主な任務

現在は俗に独占禁止当局とされる。元々は1914年のFTC設立時には、当時の反競争的状況を防ぐ取組の一環として、不公正な方法による取引を防ぐことが主な目的とされていた。その後、FTCに反競争的行為を監督するより広い権限を与える法律が制定され、1938年には第5条に「不公正または欺瞞的な行為または慣行」の禁止規定が追加された。それ以降、FTCは消費者保護全般を所掌するようになり、1975年には産業全体の取引規制に関するルール策定権限が付与されている[3]。 この他、消費者プライバシー児童プライバシーといった個別分野も扱う。

Apex Building(1938年建設のFTC本部)ワシントンDC
沿革

FTC法(Federal Trade Commission Act of 1914)に基づいて、1914年に商務省(Commerce Department)の企業局(Bureau of Corporations)から独立する形で設置された独立行政委員会である。

M&Aに対する判断[編集]

FTCは、大型M&Aについても判断を下すが、しばしば業界の寡占化や節税などを目的とした事案を阻止する動きも取る。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]