備中兵乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
兵乱の中心となった松山城

備中兵乱(びっちゅうひょうらん)は、備中国内(現在の岡山県高梁市周辺)で起こった、備中の戦国大名三村元親毛利氏宇喜多氏による戦いである(ただし、宇喜多氏の出兵は極く一部に限られ、事実上、三村氏対毛利氏の戦いであった)。この戦いの経緯を記した軍記物としては、成立年代不詳で三村旧臣が記したと考えられる『備中兵乱記』などがある。

兵乱以前の状況[編集]

戦国時代前期の備中国は小領主が入り乱れ、大内氏尼子氏などの有力大名が地元の小領主を抱き込んで覇権を争っていた。

天文2年(1533年猿掛城主の庄為資は尼子氏と結び、備中松山城を拠点に松山周辺を領有していた上野頼氏を破り松山城を拠点とした。その後、星田(現在の井原市美星町)から成羽(現在の高梁市成羽町)周辺を領していた鶴首城主の三村氏も備中の覇権を手にしようと、尼子氏と対立する毛利氏と結び、家親の代には庄氏を事実上追放して拠点を備中松山城へ移した。

永禄9年(1566年)三村元親の父・家親は浦上宗景の被官の宇喜多直家によって暗殺された。元親が父の死によって家督を相続した時には、備中松山城を拠点に備中のほぼ全域と備前国の一部を手中に収めていた。

永禄10年(1567年)元親は父・家親の弔い合戦と称し約2万の軍をもって備前に進攻し明善寺合戦が行われたが、直家は元親を巧みに誘い出す戦術を採り、三村軍は待ちかまえていた5千の宇喜多軍に敗れた。

永禄11年(1568年)三村氏に率いられた備中の軍勢が毛利氏の九州進攻に参加していた隙をつき、直家は備中に侵攻した。備中松山城を守る庄高資斉田城主・植木秀長などはこの時に宇喜多側に寝返った。更に機に乗じて宇喜多勢は猿掛城などを攻め落とし、これに危機感を覚えた安芸国毛利元就は四男の毛利元清を遣わして猿掛城を奪還し、更に備中松山城を攻撃し庄氏を追い落とした。この戦いで備中松山城をようやく奪還した元親は、同城に大幅に手を加えて要塞化した。

戦いの経過[編集]

天正2年(1574年)毛利氏の山陽道守将で元就の三男の小早川隆景は「宇喜多などは表裏の者であり到底信用できる相手ではない」「歴代忠孝を働いてきた三村家を蔑ろにするものであり、義から外れる行いである」とする山陰道守将で元就の二男の吉川元春らの反対を押し切り、宇喜多直家と事実上の同盟を結んだ。このため、宇喜多氏に遺恨を持つ元親は義憤を以って毛利氏より離反し、叔父・三村親成とその子・親宣などの反対を押し切り、織田信長と内通した。このため親成・親宣父子は元親を見限って出奔した。この年の冬、三村氏の離反に危機を感じた輝元は隆景を総大将として備中に8万の大軍を派兵し、備中兵乱の口火が切られた。なお、この際も元春は「自分が直接元親に会って翻意させるので討伐は厳に避けるべきである」と具申したが容れられず、「義を通さぬ毛利家の将来は暗い」などと嘆いたと言われる。元春の危惧はこの備中兵乱の数年後に直家が織田方に寝返ったことにより現実化する。

三村軍の本城である松山城は砦二十一丸と呼ばれた出丸が築かれて要塞化していた。このため毛利軍は備中松山城を残し猿掛城・斉田城・国吉城・鶴首城など周辺の城を次々に陥落させた。毛利勢は裸城となったとはいえ要塞である備中松山城を力攻めせず、持久戦に持ち込んで離反など内部からの崩壊を待った。

城が包囲されて1ヶ月近く経過して三村軍の士気が衰えた。まず内応により天神の丸が陥落した。その後、次々に内応するものが現れた。天正3年(1575年)5月、最後まで残った家臣の説得により、元親は妻子・家臣とともに落ちのびることを決めた。こうして備中松山城は陥落し落ち延びる途中で怪我をした元親は隆景に切腹を願い出た。隆景は願い出を認め、元親は阿波三好氏出身の老母や親交のあった細川藤孝等に宛てた辞世数首を残し、松連寺で自刃した。

この年の松山城落城後、毛利氏は備中平定のため三村氏ゆかりの諸城掃討を行った。元親の妹(鶴姫)の婿・上野隆徳が拠る三村一族最後の城である常山城も鶴姫ほか城の女性共々奮戦したが多勢に無勢で落城し、備中兵乱は幕を閉じた。
なお、これらに先立つこと天正3年(1575年)1月8日、毛利勢は杠城新見市)、城主の三村元範を攻撃して落城する。 1月17日、荒平山城(総社市秦)城主、川西三郎左右衛門之秀、城兵の助命と引き替えに四国讃岐(一説では備前児島)へと流された。

この備中兵乱によって戦国大名としての三村氏は滅亡した。なお、元親の叔父・親成は当主・元親を諫止できなかった咎を受けて減封されたものの所領は一応安堵され、引き続き成羽鶴首城主の地位をも許された。その後、親成は姪に当たる元親の妹など三村本家の縁者を庇護したという。子孫の系統は、江戸期に入り、備後福山藩水野氏家老職(1,500石)を務めた。

以後、備中の大半は毛利氏の領土となり、南方の一部が宇喜多氏に与えられた。

参考文献[編集]