常山城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
logo
常山城
岡山県
常山全景
常山全景
城郭構造 連郭式山城
天守構造 なし
築城主 上野氏
築城年 文明年間(1469年1486年
主な城主 上野氏、戸川秀安伊岐真利
廃城年 慶長8年(1603年
遺構 曲輪、石塁、空堀、井戸
指定文化財 なし
位置 北緯34度31分29.82秒
東経133度53分12.22秒
座標: 北緯34度31分29.82秒 東経133度53分12.22秒
女軍の墓

常山城(つねやまじょう)は日本岡山県岡山市南区玉野市にまたがる常山にあった日本の城山城)である。

概要[編集]

常山城は文明年間(1469年1486年)に備中戦国大名三村氏の姻戚である上野氏によって築かれたとされるが、詳細については不明である。以後、備中上野氏の居城となった。

上野肥前守隆徳が、備中上野氏最後の当主となった。天正3年(1575年毛利氏により攻撃を受けた三村氏一族最後の居城が常山城であり、常山城は毛利氏の軍勢に取り囲まれ上野隆徳は城内で自害したが、上野隆徳の妻である鶴姫は、武家に生まれた女としての信念を貫き、城内の侍女三十余名を率い、城外の毛利軍に突撃した。鶴姫は毛利軍の武将である乃美宗勝一騎討ちを挑むが、乃美宗勝はそれを拒否し、思わぬ奇襲に乱れた軍を建て直した。鶴姫は再度城内に戻り、自害した。

豊臣時代には宇喜多秀家の所領となり、戸川秀安が城主となった。山麓には秀安の墓と位牌所・友林堂(友林は秀安の)がある。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦い宇喜多氏改易となり、小早川秀秋が当地の領主となるとその家臣の伊岐真利が城主となった。慶長8年(1603年)小早川秀秋が病死し改易となると、池田忠継の所領となり忠継はこの城を廃城とした。

現在、常山には現存しておらず、城跡として案内されている。また山頂付近には、鶴姫や侍女たちを祀る墓が34基あり、『女軍の墓』として紹介されている。

観光的な役割[編集]

常山山頂からは児島湖児島湾から岡山市街地までを見渡せ、晴れたときには瀬戸大橋も見えるなど景観はとてもよい。登山道・車道も整備されており、頂上まで登ることが可能。

車道に関しては車一台がやっと通れる程の狭さであり、落石・野生動物・ガードレールなしの悪路となっている。携帯電話の電波も繋がりにくく、事故が起こった場合救助を呼ぶ事も大変困難であることが予測される。悪天候・夜間の登山は非常に危険である。また悪路の運転に自信の無いドライバーは避けた方が良い。


※ 2012年7月現在、車道は土砂崩れにより完全に崩落しており、車にての登城は不可能となっている。 また、現場を徒歩にて通行することも出来ないため登山道を登る必要があるので、軽装での訪問は控えたほうが良い。

最寄駅[編集]

参考文献[編集]

  • 『新版 岡山県の歴史散歩』 岡山県高等学校教育研究会社会科部会歴史分科会、山川出版社〈新全国歴史散歩シリーズ〉、1991年、104頁。ISBN 4-634-29330-4
  • 『定本 日本城郭事典』 西ヶ谷恭弘、秋田書店2000年、310頁。ISBN 4-253-00375-3
  • 現地説明板

関連項目[編集]