平群真鳥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

平群 真鳥(へぐり の まとり、生年不詳 - 498年)は、雄略清寧顕宗仁賢朝の大臣。父は平群木菟。子に平群鮪がいる。

概要[編集]

雄略天皇の御世に大臣となり、平群氏の全盛期を迎えさせる。

仁賢天皇の没後、自ら大王になろうとしたが、これに不満を抱いた大伴金村は小泊瀬稚鷦鷯尊(後の武烈天皇)の命令を受け平群真鳥を討ち、真鳥は自害し平群本宗家の一部は滅んだ(生存説もある)。