水島の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
水島の戦い
良寛壮付近から見た玉島港.jpg
良寛壮付近から見た玉島港
戦争治承・寿永の乱
年月日:寿永2年10月1日1183年11月17日
場所備中国水島 (倉敷市
結果:平氏軍の勝利
交戦勢力
源氏 平氏
指導者・指揮官
足利義清
海野幸広
平重衡
平通盛
戦力
7,000騎
船数:500余艘
船数:1,000余艘
治承・寿永の乱

水島の戦い(みずしまのたたかい)は、平安時代末期における治承・寿永の乱戦闘の一つである。寿永2年10月1日ユリウス暦1183年11月17日 グレゴリオ暦換算1183年11月24日)、備中国水島(現在の倉敷市玉島[1]において源義仲軍と平氏軍との間で行われた。

概要[編集]

当時、平氏軍の拠点は讃岐屋島にあった。平氏を追討するため、寿永2年(1183年)9月20日に源義仲軍は都を出発して屋島方面へ進軍していったが、閏10月1日、四国へ渡海する前に、水島付近で平氏軍に敗れた。義仲軍を率いていたのは、義仲の部将足利義清海野幸広海野氏)である(『源平盛衰記』)。

平氏は、軍船同士をつなぎ合わせ、船上に板を渡すことにより、陣を構築した。源平両軍の船舶が接近し、互いに刀を鞘から抜いて、今にも白兵戦を始めようかという時、平氏の射手が義仲軍へ矢を浴びせかけて戦闘が開始した。平氏軍は船によく装備された馬を同乗させており、その軍馬とともに海岸まで泳いで上陸した。最終的に平氏軍は勝利し、義仲軍は足利義清・海野幸広の両大将や足利義長(義清の弟)、高梨高信、仁科盛家(仁科氏)といった諸将を失い壊滅、京都へ敗走することとなった。この勝利により平氏軍は勢力を回復し、再入京を企て摂津福原まで戻り、一ノ谷の戦いを迎えることとなる。

なお、この戦いの最中に95%ほど欠けた金環食が起こったことが、「源平盛衰記」等の資料によって確認されている。(参照:「日食」→日本での記録→金環日食)

当時、平氏は公家として暦を作成する仕事を行なっていたことから、平氏は日食が起こることを予測しており、それを戦闘に利用したとの説がある[2]

脚注[編集]

  1. ^ 現在、水島といえば倉敷市水島もしくは、水島群島(上水島・下水島)を指すが、合戦当時は、現在の同市玉島地域にある柏島もしくは乙島(ともに現在は陸地化)、あるいは両島および周辺の島々の総称であったとされる。
  2. ^ “スコープ2012:21日に金環日食 源平水島合戦、勝敗分けた天文知識 日食予測、平家が勝利 /岡山”. 毎日新聞. (2012年5月19日). http://mainichi.jp/area/okayama/news/20120519ddlk33040517000c.html 

関連項目[編集]