勝竜寺城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
勝龍寺城
京都府
模擬櫓と虎口跡
模擬虎口
別名 小竜寺城
城郭構造 梯郭式平城
天守構造 天守に相当する高層建築物が存在していた
築城主 細川頼春
築城年 室町時代延元4年/暦応2年(1339年
主な改修者 細川藤孝
主な城主 細川氏永井氏
廃城年 慶安2年(1649年
遺構 土塁、空、石垣、土橋
指定文化財 未指定
再建造物 模擬石垣・櫓
位置 北緯34度55分5.21秒
東経135度42分2.49秒
地図
勝龍寺城の位置(京都府内)
勝龍寺城
勝龍寺城

勝龍寺城(しょうりゅうじじょう)は、現在の京都府長岡京市勝竜寺に所在した、南北朝時代から江戸時代初期に存在していた日本の城である。城名は付近の同名古刹(勝龍寺)に由来する。

概要[編集]

勝龍寺城は京都盆地の西南部、小畑川犬川の合流地点に位置し、西国街道久我畷が交差する交通上の要衝で、京都では山崎城につぐ防衛拠点であった。また勝龍寺城は古墳を流用して築いたのではないかと言われているが、「主郭や沼田丸ではそれらしき痕跡は認められない」とされている[1]

沿革[編集]

勝竜寺城公園の管理棟

延元4年/暦応2年(1339年)、京都をうかがう南朝方に対抗するため、北朝方の細川頼春が築いた城と言われてきたが、「歴史的根拠はなく、むしろ後に城主となる細川藤孝(幽斎)の正当性を強調するための創作である可能が高い(幽斎は頼春次男頼有の末裔)」としている[2]。この城の初見は『東寺百合文章ひ』の康正3年(1457年)1月19日に「来る二月八幡御番人夫五人、晦日勝竜寺へ早々越さるべく候」とあるので山城守護畠山義就が郡代役所として築城したと推定されている。更に応仁の乱応仁2年(1470年)に、「四月十四日、勝竜寺搦手北の口に於て合戦仕り、安富又次郎相共に馬場犴びに古市を焼落とす」(『野田泰忠軍忠状』)と記しているので、この頃には軍事施設して使用されていた。「郡代の政庁から城郭に発展した典型的な例」としている[3]。その後有力な史料には勝龍寺城が現れてこないが、永禄9年(1566年)7月17日に、「小竜寺城、淀城扱いに依て取り退くと云々。小竜寺は岩成、淀は日向の内衆金子これを請け取ると云々」(『永禄九年記』)とあるので、戦国時代末期には淀古城と共に松永久秀三好三人衆の属城となっていた。

勝龍寺城の戦い[編集]

勝龍寺城の戦い
戦争攻城戦
年月日永禄11年(1568年)9月26日-29日
場所:勝龍寺城
結果織田信長Mon-Oda.pngの勝利
交戦勢力
織田信長軍Mon-Oda.png 三好三人衆Japanese crest Sanngai Hisi ni itutu Kuginuki.svg
指導者・指揮官
織田信長Mon-Oda.png
柴田勝家Japanese Crest Maru ni futatu Karigane.svg
蜂屋頼隆Ura manji.svg
森可成Maru-ni Mai-zuru.png
坂井政尚
岩成友通Japanese crest Sanngai Hisi ni itutu Kuginuki.svg
戦力
50,000兵 不明
損害
不明 50兵以上
勝龍寺城落城
織田信長像

観音寺城の戦いで勝利した織田信長は、足利義昭を奉じて上洛する2日前の永禄11年(1568年)9月26日、柴田勝家蜂屋頼隆森可成坂井政尚ら4人の家臣に先陣を命じ、桂川を渡河し三好三人衆岩成友通が守る勝龍寺城を攻撃させた。

岩成友通は足軽衆を中心に応戦したが、織田軍は馬廻り衆を乗り入れ戦いを有利に進めて首級を50余りあげ、上洛を果たしていた信長の陣所である東福寺へ届けたとされる。

自ら首改めを済ませた信長は、上洛を果たした翌9月29日に全軍に出陣を命じ、信長自身が5万兵を率いて勝龍寺城の攻略に向かった。畿内の広範囲を勢力下に置いていた三好三人衆であったが、織田方の大軍を前に降伏・開城する。これは観音寺城の戦いで近江守護であった六角義賢義治父子が織田軍の上洛を防ぐと予想していたが、一日も経たずに観音寺城が落城したことが少なからず影響していたと考えられている。

その後信長は芥川山城越水城高屋城を攻城、降伏させていき、三人衆を阿波に追い出し畿内から掃討することになる。
元亀2年(1571年)、細川藤孝が山城西岡一帯を信長より与えられ勝龍寺城主となり、二重の堀を持つ堅固な城に改修したとされる。同年10月14日の信長より藤孝宛ての『印判状』には「勝龍寺要害の儀に付て、桂川より西の在々所々、門並に人夫参カ日の間申し付けられ、普請あるべき事簡要に候、仍って件の如し」とあり、桂川より西にある家のすべては3日間の労働に出て、城の改修作事にあたるように信長自身が命じている。この頃の勝龍寺城は槇島城と共に信長の山城の二大前線拠点としての役割を担っていたと思われる。

また勝龍寺城は細川忠興ガラシャ夫妻ゆかりの城としても有名である。天正6年(1578年)8月、藤孝の嫡男忠興と明智光秀の娘お玉(細川ガラシャ)が勝竜寺城で結婚式を挙げ、新婚時代を過ごしたとされている。

細川藤孝は天正9年(1581年)に丹後に入封し、代わって村井貞勝の家臣矢部善七郎、矢部猪子兵助の両名が城主となったが、翌天正10年(1582年)、本能寺の変によって明智光秀の属城となる。同年の山崎の戦いで敗走した光秀は勝龍寺城に帰城するも、羽柴秀吉軍の追撃を受け、勝龍寺城から坂本城へ逃走する途中で死去。翌日に明智軍を破った秀吉が勝竜寺城に入城している。一方、光秀の援軍要請を断った藤孝は剃髪、家督を忠興に譲って居城を田辺城に移し、ガラシャを幽閉してしまった。その後勝龍寺城は石材が淀古城の修築に使用されるなどして一旦荒廃する。

江戸時代に入った寛永10年(1633年)、永井直清山城長岡藩へ封ぜられ、荒廃していた勝龍寺城の修築を行うが、江戸幕府より「堀はさわらない、勝龍寺城古城の北へ屋敷を取れ」という命を受けた。この際に不完全ながらも近世城郭としての勝龍寺城が完成した可能性が指摘されている。しかしそれも短期間のもので、慶安2年(1649年)に直清が摂津高槻藩に転封されると同時に完全に廃城となった。

現在[編集]

本丸および沼田丸趾が1992年(平成4年)に勝竜寺城公園として整備され、模擬櫓などが建造された。往時の遺構としては、北門に当時の石垣の一部が残る。また当城の北東に位置する神足神社境内に土塁・空堀を復元している。

明智光秀の娘 玉(細川ガラシャ)が細川忠興に輿入れした史実にちなんだ「長岡京ガラシャ祭」が毎年11月第2日曜日に開催され、当時の様子を模した行列巡行などが行われている。

城郭[編集]

勝龍寺城の推定城郭部分/国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

勝龍寺城の主郭部分は東西120m、南北80mの長方形をしており、東、北側の幅12mの水を残している。また東、西、北の三面には土塁が残っている。西側の土塁は高さ10m、幅5mと大規模なものである。南側の土塁、堀は消滅してしまったが大正11年(1922年)の地図には記載されており、主郭部分を堀と土塁が巡っていた。またこの主郭の西側には「沼田丸」という曲輪があった。これは細川藤孝の妻の実家であった沼田氏の屋敷があったのではないかと伝えられている。また大正11年の地図には沼田丸周囲にも堀が描かれていた。現在は勝竜寺城公園の駐車場がある。それ以外の曲輪として、

  • 松井屋敷
  • 米田屋敷
  • 神足屋敷

等があった。主郭部分より北東に200mの地点に神足神社があり、そこから南側に東西に土塁と空堀がある。この空堀の中央部分には土橋が架かっており、この土橋に対して西側土塁が張り出した部分が、横矢がかかる構造となっている。大正11年の地図には、この土塁跡からJR京都線まで続いており、更に北側には並行してもう一本土塁があり、勝龍寺城の北方防御であったと思われる。『米田文章』にある元亀2年に細川藤孝が改修した「外二重堀」とは、この土塁跡の遺構を指すと思われている。主郭部分の南側は現在住宅地が密集しているが、大正11年の地図には堀や土塁らしきものがあり、「城郭の一部であったと推定できる」とされている[4]。勝龍寺城は永正時代までは方形単郭館であったものを、元亀2年に細川藤孝が大幅に改修したと考えられている。

また『東山文庫記』によると天正2年(1574年)に「御主」が存在していたようで、安土城築城に先行する数少ない天守であったことを示している。現在石垣は北門の一部に残るのみだが昭和54年(1979年)の発掘調査で石仏二体と石材数個、また大量の栗石が検出され、この発掘調査以外からも勝龍寺城の大半が石垣によって築かれたことが推定されている。また虎口部分が枡形虎口となっていることも明らかにあり、織豊系城郭であることが明確になっている。

主郭部分[編集]

沼田丸部分[編集]

神足神社土塁部分[編集]

城跡へのアクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『図説中世城郭事典』
  2. ^ 『よみがえる日本の城』
  3. ^ 『日本城郭大系』
  4. ^ 『図説中世城郭事典』

参考文献[編集]

勝龍寺城の出土物
  • 『図説中世城郭事典』 第二巻 新人物往来社、1987年6月、318-320頁。 
  • 『よみがえる日本の城(19)』 学習研究社、2005年6月、58頁。 
  • 『日本城郭大系 第11巻 京都・滋賀・福井』 新人物往来社、1980年9月、64-65頁。 
  • 戦国合戦史研究会編 『戦国合戦大事典』 6巻 新人物往来社、1989年1月、66-67頁。 
  • 西ヶ谷恭弘 『戦国の城 中巻<西国編>』 学習研究社、2005年2月、38-39頁。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]