村井貞勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
村井貞勝
Murai Sadakatsu.jpg
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不詳
死没 天正10年6月2日1582年6月21日
改名 貞勝、春長軒(号)
別名 吉兵衛
墓所 松林山春長寺京都市下京区
官位 民部丞民部少輔長門守
主君 織田信長
氏族 村井氏
兄弟 貞勝宗信
貞成清次、慈光院(佐々成政室)、娘(前田玄以室)、娘(福島高晴室)、
養子:村井重勝

村井 貞勝(むらい さだかつ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将織田氏の家臣。織田政権下の京都所司代。通称は吉兵衛。出家して春長軒と号す。官位は民部少輔長門守

生涯[編集]

出自[編集]

太閤記』に拠れば、出身は近江国。生まれた年は不詳だが、永正17年(1520年)頃かそれ以前だと考えられる。行政手腕に長けていたため、織田信長から厚い信任を受けて、早期より重用される。

弘治2年(1556年)に織田信勝が兄の信長に叛旗を翻した時にはすでに信長に仕えており、島田秀満(秀順)と共に土田御前の依頼を受けて、信勝や柴田勝家らとの和平交渉を行った。信長が足利義昭と共に上洛した際も同行し、明院良政佐久間信盛木下秀吉丹羽長秀らの諸将と共にに残留し、諸政務に当たっている。

西美濃三人衆降誘の際の人質受け取りや足利義昭の庇護、上洛後の二条城の造営、その他社寺との折衝など、織田家の政務を担う。朝山日乗と共に京都御所の修築も担当している。

京都所司代[編集]

足利義昭を追放した信長が京都を完全支配下に置いた後、天正元年(1573年)7月、信長より京都所司代(天下所司代)に任ぜられる。松井友閑武井夕庵明智光秀塙直政らの信長の行政官僚側近らと共に、京都の治安維持や朝廷・貴族・各寺社との交渉、御所の修復、使者の接待、信長の京都馬揃えの準備など、およそ信長支配体制下における、京都に関する行政の全てを任されている。

天正3年(1575年)4月、信長は困窮した公家を救うため、公家の旧領を返還させる徳政令を発する。貞勝は丹羽長秀とともに、土地や文書の調査や係争を担当した。7月、信長に官位昇進の勅諚が出されるが、信長はこれを固辞、代わりに家臣団への叙任を願い出て勅許された。7月23日、貞勝は朝廷との繋がりも考慮されて正六位下長門守に叙任される。10月19日には伊達輝宗の使者を接待した。

天正4年(1576年)4月、信長は足利義昭が使っていたものとは別に新たな二条城を築くことを決め、貞勝に普請を命じた。

天正5年(1578年)3月上旬、御所の修理が終わったため、貞勝は京都の町人に御所の築地塀の修復に協力するよう命じ、人数をいくつかの班に分けて作業を競わせた。築地塀の上では町人たちの歌や踊りが披露され、見物客が殺到し、周辺は大変な賑わいを見せた。あまりの賑わいに正親町天皇や貴族らも見物した。その賑わいの中で競い合わせて進めた修復工事は、瞬く間に完成したという。

天正8年(1580年)2月26日、信長は京都での居住場所を本能寺に移すことに決め、貞勝に普請を命じた。

天正9年(1581年)、出家して村井春長軒と号し、家督を子の貞成に譲っている。

最期[編集]

天正10年(1582年)5月、貞勝は朝廷から「信長を太政大臣関白征夷大将軍のいずれかに任じたい」という意向を伝えられたが、これは貞勝の方から言い出したという説がある(三職推任問題を参照)。

6月2日、本能寺の変では本能寺向かいの自邸にいたが、信長の嫡男・織田信忠の宿所の妙覚寺に駆け込んだ。信忠に二条新御所への移動を提言し、同じく駆けつけた他の織田家臣らとともに、二条新御所に立て籠もって明智軍に抗戦したが、信忠とともに討死した。また、子の貞成・清次も同所で討死している。

京都市大雲院には、頭を丸めた老人という体の貞勝の肖像画が残っている。娘は佐々成政前田玄以福島高晴に嫁いでいる。

逸話[編集]

  • ルイス・フロイスは貞勝を「都の総督」と呼び、「尊敬できる異教徒の老人であり、甚だ権勢あり」と評している。

参考資料 [編集]

関連項目[編集]