南都焼討

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南都焼討
Toudaiji daibutu migi.JPG
東大寺盧舎那仏像
戦争治承・寿永の乱
年月日治承4年12月28日1181年1月15日
場所南都(現奈良県
結果:平氏の勝利
交戦勢力
Ageha-cho.svg平氏 東大寺興福寺
指導者・指揮官
平重衡 南都大衆
戦力
40,000(平家物語) 7,000(平家物語
損害
不明 主要な堂舎が全焼、焼死者多数で壊滅状態
治承・寿永の乱

南都焼討(なんとやきうち)は、治承4年12月28日1181年1月15日)に平清盛の命を受けた平重衡平氏軍が、東大寺興福寺など奈良(南都)の仏教寺院を焼討にした事件。平氏政権に反抗的な態度を取り続けるこれらの寺社勢力に属する大衆(だいしゅ)の討伐を目的としており、治承・寿永の乱と呼ばれる一連の戦役の1つである。

背景[編集]

平治の乱の後、大和国が清盛の知行国になった際に清盛は南都寺院が保持していた旧来の特権を無視して大和全域において検断を行った。これに対して南都寺院側は強く反発した。特に聖武天皇の発願によって建立されて、以後鎮護国家体制の象徴的存在として歴代天皇の崇敬を受けてきた東大寺と藤原氏氏寺であった興福寺は、それぞれ皇室摂関家の権威を背景とし、また大衆(だいしゅ)と呼ばれる僧侶集団が元来自衛を目的として結成していた僧兵と呼ばれる武装組織の兵力を恃みとして、これに反抗していた。だが、治承3年(1179年)11月に発生した治承三年の政変で皇室と摂関家の象徴ともいえる治天の君後白河法皇関白松殿基房が清盛の命令によって揃って処罰を受けると、彼らの間にも危機感が広がり、治承4年(1180年)5月26日の以仁王の挙兵を契機に園城寺や諸国の源氏とも連携して反平氏活動に動き始めたのである。

以仁王の挙兵が鎮圧された後の6月、平氏は乱に関わった園城寺に対する朝廷法会への参加の禁止、僧綱の罷免、寺領没収などの処分を行ったが、興福寺はこの時の別当玄縁が平氏に近い立場をとっており、興福寺内部に平氏との和平路線をとる勢力が現れた事により、園城寺ほど厳しい処分はされなかった。平氏と興福寺の緊張関係は平氏の福原行幸後に一定程度緩和されていたが、この年の末に近江攻防で園城寺・興福寺の大衆が近江源氏らの蜂起に加勢し、それによって平氏は12月11日に平重衡が園城寺を攻撃して寺を焼き払うと、いよいよ矛先は興福寺へと向くことになる。

経過[編集]

清盛はまず妹尾兼康に兵500を付けて奈良に派遣した。清盛は兼康に対して出来るだけ平和的な方法での解決を指示して軽武装で送り出した。だが、南都の大衆は兼康勢60余人の首を切り、猿沢の池の端に並べるという挙に出て兼康は命からがら帰京し、清盛を激怒させた。『平家物語』ではこの事件によって南都への攻撃がなされたとするが、先述のように平氏は遷都後に園城寺、近江源氏などの京周辺の反対勢力を相次いで追討しており、南都攻撃も必然的な行動であった。

大衆の行動は興福寺の平氏に対する敵意の大きさを物語る出来事だが、結果的に興福寺攻撃に対する公卿たちの反対を封じ込め、興福寺への大軍派遣の大義名分を与える事になった。清盛は12月25日には息子の重衡を総大将、甥の平通盛らを副将として4万の兵を向かわせた。これに対して南都大衆も般若寺奈良坂を築き、兵7千で固めたのである。これに対して27日に重衡らも兵を2手に分けて木津方面より侵攻したが、大衆も木津川沿岸や奈良坂・般若寺などで抵抗を続けたため、全体的に平氏軍有利ながらも決着が付かなかった。28日に入ると、平氏軍は奈良坂と般若寺を占拠して本陣を般若寺内に移した。『平家物語』によると、その夜、重衡が陣中にて灯りを求めたところ、配下が火攻めの命令と勘違いして周囲の民家に火を放った。それが折からの強風に煽られて大火災を招いたとする。しかし僧坊等を焼き払うのは当初からの計画であった。また『延慶本平家物語』では計画的放火であった事を示唆しており、放火は合戦の際の基本的な戦術として行われたものと思われる。ただ興福寺・大仏殿までも焼き払うような大規模な延焼は、重衡たちの予想を上回るものであったと考えられる。

これによって奈良の主要部を巻き込む大火災が発生、興福寺・東大寺などの有力な寺院が焼け落ちて多数の僧侶や避難していた住民など、数千人が焼死した。特に東大寺は金堂(大仏殿)など主要建築物の殆どを失い、中心から離れた法華堂二月堂・転害門・正倉院以外は全て灰燼に帰するなど大打撃を蒙った。興福寺でも三基の塔の他、金堂・講堂・北円堂・南円堂など38の施設を焼いたと言われている。『平家物語』は惨状を「天竺・震旦にもこれほどの法滅あるべしとも覚えず」と語り、この知らせを受けた九条兼実日記玉葉』に「凡そ言語の及ぶ所にあらず」と悲嘆の言葉を綴っている。重衡は29日に帰京し、この時持ち帰られた49の首級は、ことごとく溝や堀にうち捨てられたという。

戦後[編集]

年が明けて治承5年になると清盛は直ちに東大寺や興福寺の荘園所領を悉く没収して別当僧綱らを更迭、これらの寺院の再建を認めない方針を示した。ところが、その最中に親平氏政権派の高倉上皇が死去、続いて閏2月4日1181年3月20日)には清盛自身も謎の高熱を発して死去。人々はこれを南都焼討の仏罰と噂した。また、東国源頼朝の動きも不穏との情報が入ってきたために、清盛に代わって政権を継承した平宗盛は、3月1日に東大寺・興福寺以下の南都諸寺への処分を全て撤回した。

4月に入ると、平氏政権側は後白河法皇が南都の被害状況を把握するために使者(院司蔵人藤原行隆)を派遣することを容認した。行隆は同地で重源という僧侶と出会い、東大寺再建の必要性を説かれる。帰京した行隆の報告を受けた法皇は重源を召して大勧進職に任命、直ちに東大寺の再建に取り掛かることになった。東大寺の再建は大仏からとりかかった。1185年(文治元年)に再建。後白河法皇が開眼供養を行った。続いて大仏殿を再建。法皇崩御後は源頼朝が再建支援し、1195年(建久6年)に落慶供養が行われた。また、興福寺も後に再興され、後に大和国守護の地位を獲得することになる。

参考文献[編集]