八浜合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
八浜合戦
Gthumb.svg
画像募集中
戦争戦国時代 (日本)
年月日天正10年1582年2月
場所岡山県玉野市八浜
結果:引分
交戦勢力
毛利氏Ichimonjimitsuboshi.svg 宇喜多氏Jimonji.svg
指導者・指揮官
穂井田元清 宇喜多基家
戦力
不明 不明
損害
不明 不明
宇喜多氏の戦い
船坂峠明善寺天神山上月城辛川八浜備中高松城文禄碧蹄館慶長関ヶ原

八浜合戦(はちはまかっせん)は、天正10年(1582年)2月に備前国児島郡八浜村(岡山県玉野市八浜)で戦われた戦い

当時、中国地方最大勢力の毛利氏織田氏中国方面軍指令である羽柴秀吉の傘下に入っていた宇喜多氏との間で戦われた合戦である。

経緯[編集]

開戦前の地域情勢[編集]

天正9年(1581年)末、当主であった宇喜多直家は53歳の時岡山城にて病没。

翌年春、毛利氏は穂井田元清を総大将として常山城へ進軍し、児島郡を制圧しようと画策。

毛利勢進出の報せは児島から岡山へ注進される。宇喜多氏は宇喜多春家宇喜多基家 父子を大将とし、戸川秀安岡家利等を率いて八浜城に布陣し、常山城に対抗して麦飯山に砦を築こうとした。しかし、築城を察知した毛利勢は、麦飯山を占拠して八浜城と対峙し、小競り合いを続けた。

大崎村の戦い[編集]

天正10年2月24日の早朝、宇喜多勢が麦飯山麓に馬草刈りのために数名の兵を繰出す。

これに対して毛利勢は数人の兵を出し、馬草刈りをしていた宇喜多勢を追い払う。そこで宇喜多勢は更に数人が加勢、毛利勢も数名を繰出し応戦。

こうした両軍のやり取りで双方共に大勢となり、大崎村(玉野市八浜町大崎) 柳畑の浜辺で大合戦となった結果、宇喜多基家は戦死した。 敗走した宇喜多勢は八浜七本槍の働きでかろうじて毛利勢をくい止め、以降八浜城に籠城して秀吉の救援を待つこととなったとされる。

主に活躍した武将[編集]

八浜七本槍
能勢頼吉
国富貞次
宍甘太郎兵衛
馬場職家
岸本惣次郎
小森三郎右衛門
粟井三郎兵衛正晴

参考文献[編集]

  • 森俊弘「年欠三月四日付け羽柴秀吉書状をめぐって」『岡山地方史研究』100、2003年。
  • 山本浩樹『西国の戦国合戦』(戦争の日本史12)吉川弘文館、2007年。
  • 光成準治「高松城水攻め前夜の攻防と城郭・港」『倉敷の歴史』18号、2008年。