吉備上道田狭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉備上道 田狭(きびのかみつみち の たさ、生没年不詳)とは、日本古代の5世紀後半の吉備上道の豪族

一族について[編集]

吉備氏は、吉備国一帯を本拠地とした地域首長で、姓は臣。孝霊天皇の子の稚武彦命を祖先とする、と伝えられている。

鉄・塩・瀬戸内の海上交通を牛耳り、大王と姻戚関係を結び、内外の軍事行動に深く関与することで、王権中枢に参画したようである。『日本書紀』巻第十には、応神天皇の妃として、吉備御友別の妹である兄媛の名前があり[1]、『古事記』下巻には、仁徳天皇が吉備海部直の娘である黒日売(くろひめ)を妃にしようとして、大后(皇后)の嫉妬を買う、という記述も見られる。

造山古墳岡山市新庄下)・作山古墳総社市三須)・両宮山古墳赤磐市穂崎・和田)など、天皇陵に匹敵する巨大古墳は、その首長の独自の地位の象徴の現れであった。

記録[編集]

『日本書紀』によると、田狭は宮殿のかたわらで、朋友に盛んに自身の妻、稚媛(わかひめ)の美貌を以下のように褒め称えた、という。

「天下(あめのした)の麗人(かほよきひと)は、吾が婦(め)に若(し)くは莫(な)し。茂(こまやか)に綽(きはやか)にして諸の好(かほ)備(そなは)れり。曄(あきらか)に温(にこやか)に、種(くさぐさ)の相(かたち)足れり。鉛花(いろ=白粉)も御(つくろ)はず、蘭沢(か=化粧)も加(そ)ふること無し。曠(ひさ)しき世にも儔(たぐひ)罕(まれら)ならむ。時(いまのとき)に当たりては独(ひとり)秀(すぐ)れたる者(ひと)なり」

これを耳を傾けて聞いていた雄略天皇は心の中で喜悦して、稚媛を女御にしようと望んだ。田狭を任那国司(派遣官)に任命し、その留守中に、稚媛を後宮に入れてしまった。

なお、別伝では、「天皇、体貌(みなり)閑麗(きらぎら)しと聞(きこ)しめして、夫を殺して自ら幸(つかは)しつ」ともあり、この場合は、田狭はこの時になくなっており、以下の記述は成立しなくなる。

この出来事を聞いた田狭は、(復讐のため)援助を求めに新羅に入国しようと思った。

田狭と稚媛との間には、既に成人した二人の息子がいた。

その後、天皇はその田狭の子の一人である弟君(おときみ)を吉備海部直赤尾(きびのあま の あたい あかお)とともに新羅討伐に派遣したが、息子が新羅を討たずに朝鮮半島に滞在したままであることを父親である田狭は喜んだ。彼は秘密裏に百済に人を遣わして、弟君を戒め、「お前の首はどれだけ固く、人を討てるというのか、伝え聞くところでは、稚媛と天皇との間には子供が居るらしい」と伝えた。そして、百済で自立し、大和朝廷から離叛することを勧め、自分は任那から日本へは通うまいと伝えた。しかし、その事が原因で弟君は朝廷への信奉の念の強い妻の樟媛(くすひめ)によって人知れず殺され、寝室の中に埋められてしまった、という[2]

以上の出来事が、西暦に換算すると、463年に日本と朝鮮半島で起こった、と『書紀』には記録されている。これは倭王武が半島に侵入し、南朝順帝昇明2年(478年)に上表文を奉り、「安東大将軍」に除せられた[3]という記述とも対応している。新羅側の記録にも、慈悲王炤知王の時代の459年462年463年476年477年479年482年486年493年497年500年に「」が侵入したという記載がある[4]

以後の田狭の行方は杳として知れぬままである。

雄略天皇23年8月(479年)、天皇が崩御した際に、稚媛が弟君の兄である兄君(えきみ)らとともに、息子の星川稚宮皇子(ほしかわ の わかみや の みこ)を擁して反乱を起こす。この時に援軍にかけつけようとした「吉備上道臣」は、田狭であった可能性もある[5]

なお、雄略天皇の三人の妃の中にいる稚媛は、「吉備上道臣の女(むすめ)」・「吉備窪屋臣(きび の くぼや の おみ)の女」とあげられている[6]ので、田狭はその婿であったとも推定される。

別本では、田狭の妻の名前は毛媛(けひめ)といい、葛城襲津彦(かずらき の そつひこ)の子の玉田宿禰(たまだ の すくね)の女である、とも記述されている[2]吉田晶は、この別伝に注目し、この場合は分注の方に信憑性があり、田狭には二人妻がいたこと、吉備氏が葛城氏と連合しようとして失敗したこと、さらに吉備勢力と朝鮮半島南部との間には、独自の密接な関係性があったことを指摘している[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本書紀』応神天皇22年3月14日条
  2. ^ a b 『日本書紀』雄略天皇7年是歳条
  3. ^ 『宋書』巻九十七、夷蛮伝・倭国条
  4. ^ 『三国史記』「新羅本紀」慈悲麻立干二年4月条、5年5月条、6年2月条、19年6月条、20年5月条、『三国遺事』「王暦第一」第二十慈悲麻立干条、『三国史記』「新羅本紀」炤知麻立干4年5月条、8年4月条、15年7月条、19年4月条、22年4月条。
  5. ^ 『日本書紀』清寧天皇即位前紀条
  6. ^ 『日本書紀』雄略天皇元年3月条
  7. ^ 『毎日グラフ別冊 古代史を歩く4吉備』「古代吉備通史」、吉田晶:文

参考文献[編集]

関連項目[編集]