石那坂の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
飯坂(舘の山公園)

石那坂の戦い(いしなざかのたたかい)は、奥州合戦の際に行われた合戦の一つ。

概要[編集]

文治5年(1189年)7月、鎌倉の源頼朝は、謀反人源義経をかくまったとの理由で藤原泰衡を討つため、奥州平泉に向けて出陣した。頼朝軍は3手にわかれ、千葉常胤らが常陸国から浜街道(福島県浜通り)沿いを、比企能員らが越後国から出羽国の日本海沿いを、そして頼朝本隊は宇都宮から白河関をとおる奥州街道を進撃する。『吾妻鏡』によれば7月29日に頼朝本隊は白河関を越え、8月7日に国見宿(福島県国見町)に布陣し、阿津賀志山に陣取る藤原国衡と対した。その前後に(『吾妻鏡』では8月8日条)、泰衡の郎従・信夫佐藤庄司(佐藤基治)が石那坂の上に陣を構えており、伊達郡沢原から侵攻した鎌倉方の常陸入道念西伊達朝宗に比定されている)の子息4人(為宗為重・資綱・為家)によって討ち取られ、首を阿津賀志山経岡に晒されたという(後に許されて所領へ戻ったという記述もある。後記文章を参照)。この佐藤庄司と常陸入道念西らの戦いを石那坂の戦いと称する。

古戦場の場所[編集]

石那坂古戦場碑

福島市平石の東北本線上り線の石名坂トンネル付近に石那坂古戦場碑が建てられているが、これは、明治時代にこの辺りから刀剣や甲などが出土したため、この辺りを石那坂古戦場と勘違いした土地の有力者が建設したのである。出土した刀剣や甲は古墳時代のものとわかり、また碑のあるあたりも古墳であることが後年判明した。したがって、古戦場跡が碑のある辺りだとは断定できない。ただ、前述したトンネルの名前からもわかるように石名坂という地名や頼朝軍が通ったであろう奥州街道(奥大道)の位置関係から見て、福島市南部にあったと思われる。

戦後[編集]

合戦に功のあった常陸入道念西は伊達郡を与えられ、子孫は伊達氏を称するようになる。一方、敗れた佐藤氏であるが、『吾妻鏡』10月2日条で囚人佐藤庄司が許されて所領へ戻ったという記述がある。前述のように佐藤庄司は戦いで討ち取られて阿津賀志山(厚樫山)経岡に晒されたともあり、どちらが正しいのか、あるいはこれらの佐藤庄司が同一人物でないのかなどを含めてよくわからない。ただ、佐藤氏はその後も信夫郡北部を領有しており、完全に滅亡したわけではないことは確実である。なお、佐藤氏は室町時代初頭に将軍足利尊氏より伊勢国一志郡を与えられてそこに本拠を移した。

関連項目[編集]