宇治川の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宇治川の戦い
Stone monument in Ujigawa.jpg
宇治川先陣の碑
戦争治承・寿永の乱
年月日寿永3年(1184年)1月20日
場所:京都近郊 宇治(現 宇治市
結果:頼朝軍の勝利
交戦勢力
源氏(頼朝)軍 源氏(義仲)軍
指導者・指揮官
源範頼
源義経
源義仲
戦力
25,000騎 400騎
損害
不明 不明
治承・寿永の乱
宇治川の先陣争い

宇治川の戦い(うじがわのたたかい)は、平安時代末期の寿永3年(1184年)1月に源義仲鎌倉源頼朝から派遣された源範頼源義経とで戦われた合戦治承・寿永の乱の戦いの一つ。

背景[編集]

寿永2年(1183年)7月、信濃国平家打倒の挙兵をした源義仲が数万騎を率いて入洛した。義仲軍はの治安回復が遅れ[1]、やがて皇位継承を巡って後白河法皇とも対立した。9月、義仲軍は備中国水島の戦いで平家軍に大敗、後白河法皇は義仲を見放した。10月、後白河法皇は鎌倉の源頼朝に東海道東山道の支配を認める院宣を下し、頼朝に接近する(寿永二年十月宣旨)。

11月、起死回生をはかった義仲は院御所の法住寺殿を攻撃、後白河法皇を幽閉して政権を掌握した(法住寺合戦)。孤立を深める義仲は平家との和平を打診するが、拒絶される。12月、義仲は後白河法皇に強要して頼朝追討の院宣を発出させる。そして翌寿永3年(1184年)1月、義仲は征東大将軍に任命された。1月20日、頼朝は近江にまで進出させていた範頼、義経に義仲追討を命じた。

経過[編集]

宇治川の戦い(歌川国芳画)
宇治橋より宇治川上流を望む

入洛時には数万騎だった義仲軍は、水島の戦いの敗北と状況の悪化により脱落者が続出して千騎あまりに激減していた。また、義仲は平家との和平交渉とともに後白河法皇らを奉じて北陸道へ下る事も考えていたようであるが関東は飢饉によって兵力を動員できず義経の兵も千騎ほどという情報が入ってきたため、北陸下向を中止して迎え撃つ判断をしてしまったのである(『玉葉』寿永3年正月13・14日条)。義仲が敵の実勢を把握したのは15日の夜であり、翌16日には範頼が北陸道の入口である近江国の瀬田に兵を進めて義仲軍を京都に閉じ込めてしまった(「関東が飢饉によって兵力が動員できない」という情報自体が頼朝側が流した偽情報であった可能性もある)[2]

義仲は義仲四天王今井兼平に500余騎を与えて瀬田の唐橋を、根井行親楯親忠には300余騎で宇治を守らせ、義仲自身は100余騎で院御所を守護した。1月20日、範頼は大手軍3万騎で瀬田を、義経は搦手軍2万5千騎で宇治を攻撃した。『延慶本』によると「義経は、合戦に邪魔なので、川端の民家を焼き払えと命じた。逃げ遅れた老人・女・病人などが焼け死んだ」という。

義経軍は矢が降り注ぐ中を宇治川に乗り入れる。佐々木高綱梶原景季の「宇治川の先陣争い」はこの時のことである。根井行親、楯親忠は必死の防戦をするが、義経軍に宇治川を突破される。義経軍は雪崩を打って京洛へ突入する。義仲が出陣し、義経軍と激戦となる。義仲は奮戦するが遂に敗れ、後白河法皇を連れて西国へ脱出すべく院御所へ向かう。義経は自ら数騎を率いて追撃、院御所門前で義仲を追い払い、後白河法皇の確保に成功する。後白河法皇を連れ出すことを断念した義仲は今井兼平と合流すべく瀬田へ向かった。

瀬田で範頼軍と戦っていた今井兼平は宇治方面での敗報を知り退却、粟津で義仲との合流に成功する。義仲は北陸への脱出をはかるが、これへ範頼の大軍が襲いかかる。義仲軍は奮戦するが次々に討たれ、数騎にまで討ち減らされたところで、遂に義仲が顔面に矢を受けて討ち取られた。今井兼平も義仲を追って自害した(粟津の戦い)。

脚注[編集]

  1. ^ 当時の京の治安維持、警察は平家軍が担当していた。寿永2年7月25日、平家軍が京都から退却したので、京は無警察状態となり、僧兵や市民の放火や略奪が始まった。吉田経房の日記『吉記』の寿永2年7月26日の記述に詳しい。義仲軍が入京後、7月30日に京都守護に命ぜらたとあり、治安維持、警察を担当したようだ。『平家物語』や『玉葉』には、源氏軍が乱暴したと記述しているが、慈円の『愚管抄』によれば、平家軍の退却後、平家屋敷への火事場泥棒、市内での略奪の記述があるが、義仲軍入京後には放火、掠奪の記述は無い。『平家物語』の北陸下向の場面では平家軍が兵糧米を現地調達という乱暴な方法で進軍している。当時は養和の大飢饉のあとで、京周辺で兵糧米が集まらなかった。残りは進軍途中でどこからでも徴収してよいという朝廷の許可を得ている。以後、現地調達が当たり前となった。『延慶本平家物語』には義経軍も一の谷合戦に向かう途中、大阪の勝尾寺で兵糧米調達を行っている。抵抗する者は殺され、放火してたので、ほとんど全焼したと記述されている。『玉葉』の9月5日まで、市内の乱暴が時々記述されているが、以後、乱暴の記述が無い。つまり治安回復に1ケ月を要したので、貴族の期待した数日での治安回復に遅れた。つまり失敗ではなく、治安回復の期待への遅れとすべきである。入京の7月28日は新暦の8月17日であり、米の収穫時期の直前だったので、食糧が最も不足していた時期だった。現実に入京後の1ケ月で米の収穫・流通が始まり略奪などの混乱は収まった。
  2. ^ 菱沼一憲「総論 章立てと先行研究・人物史」(所収:菱沼 編『シリーズ・中世関東武士の研究 第一四巻 源範頼』(戎光祥出版、2015年) ISBN 978-4-86403-151-6

関連項目[編集]