阿久利川事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

阿久利川事件(あくとかわじけん、あくりかわじけん)は、前九年の役中の天喜4年(1056年)に源頼義の部下が阿久利川畔の野営において何者かに夜襲を受け、人馬が殺傷された事件。前九年の役長期化の原因のひとつとなった。

経緯[編集]

奥州における安倍頼良の勢力に対し、朝廷は永承6年(1051年)、陸奥守藤原登任に討伐を命じたが、鬼切部(鬼首)の戦いで逆に敗北した。

登任の敗北により、公家ではなく武士である源頼義を陸奥守として東下させた永承6年(1051年)には陸奥守のみの任官であり鎮守府将軍任官は天喜元年(1053年)とする見解が近年は増加している)。

頼義着任間もない永承7年(1052年)、上東門院藤原彰子の病気平癒祈願の大赦布告が発せられ、罪を免ぜられたこともあり、頼良は源氏の棟梁である頼義に服従し、名を頼時と改め忠勤を約した。

天喜4年(1056年)頼義の任期が終わる頃のある日、鎮守府(胆沢城)から国府(多賀城)に頼義が帰ろうとして阿久利川(磐井川?・一迫川)畔に野営した際、頼義のもとを密使が訪れ、頼義の部下の藤原光貞藤原元貞が夜襲を受けて人馬に損害が出るという事件があったことを告げた。そこで頼義が光貞を呼び出して心当たりの犯人を尋ねると光貞は「安倍頼時の長男、貞任が光貞の妹を妻にしたいと願ったが、光貞はいやしい俘囚にはやらぬと拒んだのを逆恨みしての襲撃以外考えられない」と申し立てた。

これを聞いた頼義は大いに怒り真相を確かめることもなく、安倍頼時に命じ、息子の貞任を出頭させて処罰しようとしたが、頼時は父親として「貞任ハ愚ナレドモ父子ノ情、棄テラレンヤ」とこれを拒絶した。

藤原経清の離反[編集]

この時点で国府の将として衣川の南にいた平永衡藤原経清は頼義に従っていたが、2人とも頼時の婿であり微妙な立場であった。この時に永衡は陣中できらびやかな銀の兜を着けているのでこれは、敵軍への通牒でないかと永衡を誣告するものがあり、これを信じた頼義によって永衡は殺された。身の危険を感じた経清は、国府襲撃の偽の情報を流して頼義軍が多賀城へ急行している間に安倍頼時の軍に帰従した。この離反のため一時国府の政令がおぼつかなくなるほどで、前九年の役平定に時間を要することとなった。

陰謀説[編集]

陸奥話記』によると、頼時はこの事件の直前も頼義を饗応しており、間もなく任期が切れて京へと戻る頼義を敢えてこの時期に刺激する意味は無い。このことから、この事件は頼義か藤原説貞(光貞、元貞の父)が頼時の暴発を狙って仕掛けた罠であろうとの説が根強い。

所在地[編集]

早稲田大学名誉教授であった吉田東伍の『大日本地名辞書』によると、胆沢鎮守府と宮城(原文ママ)国府の間にある川の名とし、後世に伝えずとある。が、吉田は仮定としながらも名前の相似点から、磐井川付近の岩手県一関市赤荻(阿古幾)とした。岩手大学教授高橋崇もその著作の中で「阿久利川(あくりがわ)未詳宮城県北部か」としている。長年地域同定が出来なかったが、近年あくりでなく、利根川の利の様にあくとと呼ぶのではとの東北大学名誉教授高橋富雄の研究成果で、現在の宮城県栗原市築館志波姫の境の一迫川畔の「阿久戸」という地域が比定地として有力である。付近には、伊治呰麻呂の居城・伊治城があり、国の史跡として発掘調査が進んでいる。

関連文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典第三巻(岩手県)編 高橋富雄 他 角川書店 ISBN 4-04-001030-2. C0520