紀大磐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

紀 大磐(き の おおいわ、生没年不詳)は、古墳時代5世紀後半)の豪族紀小弓の子。紀小足の父。名は生磐ともいう。

記録[編集]

雄略天皇9年(465年5月、父が雄略天皇の命を受けての新羅との交戦中に、病死したと聞いて、百済に向かうが、横暴な振る舞いによって小弓の後に大将として権力を握っていた小鹿火宿禰を怒らせてしまう。小鹿火は、蘇我韓子を唆し、彼を暗殺しようとしたが、韓子は返り討ちにされ、小鹿火も、帰還の際、角国(今の山口県)に留まってしまうことになる。このとき大磐も一時帰国していたが[1]、その後、顕宗天皇3年(487年)、再び朝鮮に渡り、高句麗と結んで三韓(朝鮮南部)の王となろうとし自ら神聖(かみ)を名乗った。任那の左魯・那奇他甲背たちが計略を担当し高句麗と結んで百済人を殺害し、帯山に城を築いた上で道や港を塞ぐ妨害を行った。それに激怒した百済王に将軍の古爾解らが率いる兵を城に差し向けられ、激しい戦いの末に左魯・那奇他甲背をはじめ300人近くが死亡した。大磐はその年のうちに倭国に帰国した[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本書紀』雄略天皇9年5月条
  2. ^ 『日本書紀』顕宗天皇3年是歳条

参考文献[編集]