深井城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
logo
深井城
大阪府
深井城の推定地
深井城の推定地
別名 深井城
城郭構造 丘城
天守構造 なし
築城主 細川政賢
築城年 永正8年(1511年
主な改修者 不明
主な城主 細川政賢
廃城年 不明
遺構 なし
指定文化財 なし
再建造物 なし
位置 北緯34度32分2.725秒
東経135度29分14.68秒

深井城(ふかいじょう)は大阪府堺市にあった日本の城遺構などは存在せず、推定地として中区深井中町にあった観音山古墳が城跡として有力である。

本項では深井の合戦についても記述する。

概要[編集]

宅地化された深井城推定地

深井城の遺構や正確な場所が明記されている古文献がなく推定地については議論され、正確な城郭は不明である。また恒久的な城ではなく、臨戦用の砦だった可能性もある。

堺市には大仙陵古墳をはじめとする百舌鳥古墳群があり、この周辺は高屋城誉田城のように古墳跡に築城されていたケースが見受けられる。これにより、深井城の推定地として、深井中町にあった観音山古墳跡がベースとなり、そこに築城したと思われている。しかし、その古墳も全壊しており伝承レベルでしかない。1970年代にはわずかに土塁、台地などの遺構もあったようだが、現在は宅地、農地化が進んでその遺構も消滅したようである。

西村砦と東村砦[編集]

東村砦/定の山古墳
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

深井城が古文書に記載されているのが、深井の合戦のみで細川政賢方の本拠地とした。これに対して細川高国方の本拠地としたのが、西村砦と東村砦である。

西村砦[編集]

西村砦も古墳跡に砦を建設したと思われており、城ノ山古墳跡が有力である。現在は古墳、砦跡とも消滅し、宅地化されている。

東村砦[編集]

東村砦も古墳跡に砦を建設したと思われており、定の山古墳跡が有力である。区画整理事業により、古墳も変形したが現在復元され、公園として整備されている。この定の山古墳は復元古墳であるため、山頂部に登頂することが可能である。

深井の合戦[編集]

深井の合戦
戦争両細川の乱
年月日永正8年(1511年7月13日
場所:深井城
結果細川政賢軍の勝利
交戦勢力
細川政賢
細川元常
山中為俊
畠山高国
遊佐順盛軍、浪人衆
池田軍、伊丹軍
三宅軍、茨木軍
安威軍、福井軍
太田軍、入江軍
高槻軍
指導者・指揮官
細川政賢 不明
戦力
7,000兵 - 8,000兵 20,000兵
損害
不明 300兵

深井城の歴史は、この深井の合戦のみで、その後どのような経緯をたどったか、いつ廃城になったかは全く不明である。

開戦までの経緯[編集]

永正6年(1509年)の如意ヶ嶽の戦い阿波に帰国した細川澄元は、なんとかして京都に戻り足利義澄将軍に復権するべく武略をめぐらしていた。そこでまず永正8年(1511年7月7日、総大将を同族の細川政賢和泉守護細川元常とし、軍を和泉の浜に上陸させた。『陰徳太平記』によると、まずは天王寺城を攻めようとしていたようである。これに山中為俊畠山高国遊佐順盛や浪人衆が合流し深井城に陣を敷いた。この時『瓦林正頼記』によると、政賢の軍勢は7、8千であったと記載されている。

この報を聞いた澄元の反対勢力である細川高国は「追討せよ」と摂津国衆に命じ、ただちに行動を開始。これに応じた池田氏伊丹氏三宅氏茨木氏安威氏福井氏太田氏入江氏高槻氏の2万の摂津国人衆勢が集結、西村砦と東村砦に布陣した。

戦いの状況[編集]

7月13日に火蓋が切られ、細川高国軍が先陣を切って深井城へ押し寄せた。

『細川両家記』によると、高国軍が城に突入したところ、城中には誰もいなかった。そこへ出口が閉められ「籠の中の鳥」状態になってしまった。すかさず脱出しようと出口に集中したところへ政賢軍が現れ、そこから漏れ出てきたところへ切り掛かってきた。高国軍も必死に防戦したが結局切り負けて、大将方は皆討ち死、雑兵も300名以上が討ち取られ大敗してしまった。

戦後の状況[編集]

高国軍の残兵は堺へ逃亡、これを好機とみた政賢軍はその日のうちに中嶋城まで攻め上り、船岡山合戦に繋がっていく。

別説[編集]

この時の戦いの状況は『細川両家記』には、「籠の中の鳥」という記載が見受けられるが、他の古文献では別の戦いの状況が見受けられる。

  • 『瓦林正頼記』
    • 高国軍はあまりにも大勢で連携がうまくいっていなかったのか大方が討死した
  • 『陰徳太平記』
    • 多勢に取り込まれた政賢軍は、おのおのが十死一生と覚悟きめ、一文字に切りて出撃した

深井の合戦の状況は古文献によっては諸説ある。

同時期、澄元が鷹尾城で引き起こした戦いは芦屋河原の合戦を参照。

城跡へのアクセス[編集]

定の山古墳、頭頂部の桜

参考文献[編集]

  • 細川両家記
  • 瓦林正頼記
  • 陰徳太平記
  • 日本城郭大系』第12巻 大阪・兵庫、新人物往来社、1981年3月。
  • 『堺市文化財地図』 堺市教育委員会、1989年3月。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]