蠣崎光広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
蠣崎光広
時代 室町時代 - 戦国時代
生誕 康正2年(1456年
死没 永正15年7月12日1518年8月18日
別名 彦太郎
官位 若狭
氏族 蠣崎氏
父母 父:武田信広、母:蠣崎季繁養女(安東政季娘)
兄弟 下国恒季室、光広、女子
女子、義広高広基広
テンプレートを表示

蠣崎 光広(かきざき みつひろ)は、室町時代後期から戦国時代にかけての武将

父・信広の後を継いで本拠をそれまでの上国から松前の大館に移し、蝦夷の経営に力を注いだ。永正12年(1515年)または同16年(1519年)のショヤコウジ兄弟の戦い等にも関与している。