マキ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マキ科
Podocarpus macrophyllus inumaki.JPG
イヌマキの果実
分類
: 植物界 Plantae
: 裸子植物門 Gymnospermae
: マツ綱 Coniferopsida
: マツ目 Coniferae
: マキ科 Podocarpaceae
学名
Podocarpaceae Endl., 1847
和名
マキ科、イヌマキ科

本文参照

マキ科学名:Podocarpaceae)は、球果植物北半球で進化し繁栄している針葉樹がマツ科(Pinaceae)なのに対し、マキ科はナンヨウスギ科(Araucariaceae)とともに南半球を代表する針葉樹のグループである。分布の中心はオーストラリアニュージーランド、およびその周辺の太平洋の島々である。日本は分布の北限にあたり2種のみが分布するが、世界的には200種近くが含まれるとみられている。

和名[編集]

和名はマキ科という名前であるが、標準和名マキという植物が存在しない。日本に分布するマキ科の種はイヌマキPodocarpus macrophyllus)といい、「マキ」という植物に劣ることから「犬」という接頭語を付けたとみられている。「マキ」がどの植物を指すのかは諸説あるが、スギCryptomeria japonica)もしくはコウヤマキSciadopitys verticillata)であるという説が有力である。なお、スギはヒノキ科、コウヤマキも名前こそ似ているがコウヤマキ科に属し、いずれもイヌマキとは遠縁である。このことからマキ科をイヌマキ科と呼ぶ場合もある。

形態[編集]

葉は十字対生でつく。葉は針状のものから、ナギのようにある種の広葉樹のような丸いもの、ヒノキ科のヒノキアスナロのように魚の鱗の様なものもある。

花は雌雄異株(雄花だけ付ける雄株、雌花だけ付ける雌株の2種類があること)となる種が多い。マツ科やヒノキ科は雌雄同株である。

生態[編集]

広葉樹が強い熱帯においても条件次第では優勢になることがあり、パプアニューギニアの高原の湿地の脇ではDacrydium属(和名未定)などマキ科の針葉樹林が広葉樹より優勢だという[1]。一因として菌根が関係しているといわれている[2]

昆虫ではキオビエダシャクMilionia basalis)の幼虫がイヌマキやナギの葉を食べることで知られる。ケブカトラカミキリ(Hirticlytus comosus)など、幹を食料として利用する昆虫もいる。

人間との関わり[編集]

大きくなる種では木材として使われる。イヌマキなどはシロアリの食害に対して強いとされ、かつての沖縄では高級建材として扱われた[3]。庭園樹や生垣としてもよく用いられる。

マキ属のイヌマキやイラワラプラムPodocarpus elatus)の果実には少量なら食べられるものもあるが、一般に種子は細胞毒性を持ち有毒である。葉や花粉も有毒で、これらはイチイ科にも共通である。特に花粉はアレルギーの原因となることがあるとされる。毒成分の一つがラクトン類であり、生薬として利用されることもある。

下位分類[編集]

  • Acmopyle
和名未定の属。南太平洋ニューカレドニアフィジーに2種が分布する。
  • Afrocarpus
和名未定の属。アフリカ南部に6種が分布する。
  • Dacrycarpus
和名未定の属。ニュージーランドからフィリピンにかけて9種が分布する。
  • Dacrydium
和名未定の属。ニュージーランドからマレー半島にかけて20種程度が分布し、マキ属(Podcarpus)に次ぐ規模のグループである。ニュージーランドに分布するDacrydium cupressinumは現地ではリム(rimu)と呼ばれている。
  • Falcatifolium
和名未定の属。ニュージーランドからフィリピンにかけて6種が分布する。ニューカレドニアに分布するF. taxoidesは後述の寄生種Parasitaxus ustaの宿主となっている。
  • Halocarpus
和名未定の属。ニュージーランドに3種が分布する、
  • Lagarostrobos
オーストラリアタスマニアに分布するLagarostrobos franklinii(和名未定)だけからなる単型。
  • Lepidothamnus
和名未定の属。南米アルゼンチンとチリに3種が分布する。
  • Manoao
和名未定の属。Manoao colensoiのみからなる単型。
  • Microcachrys
和名未定の属。Microcachrys tetragonaからなる単型。
  • Microstrobos
和名未定の属。2種からなる
  • ナギ属 (学名:Nageia
日本にはナギN. nagi)が分布する。名前が似ているナギモドキ属Agatis)はマキ科に含める説もあったが、現在はナンヨウスギ科に置くのが一般的。
  • Parasitaxus
和名未定の属。Parasitaxus ustaからなる単型。同じマキ科で別属のFalcatifolium taxoidesという種に寄生している、
  • エダハマキ属(学名
    Phyllocladus
5種を含む。独立のフィロクラドゥス科 Phyllocladaceae とする説もある。
  • マキ属(学名:Podocarpus
マキ科の中でも最大のグループで100種あまりを含む。イヌマキP. macrophyllus)が日本にも分布する。
  • Prumnopitys
和名未定の属。9種を含む。
  • Retrophyllum
和名未定の属。6種を含む。
  • Saxegothaea
和名未定の属。Saxegothaea conspicua一種からなる単型。
  • Sundacarpus
和名未定の属。Sundacarpus amarus一種からなる単型。

脚注[編集]

  1. ^ 斎藤晶宏 .2018. 目で見る世界の森林(28) リムノキ属(マキ科)の森林. 海外の森林と林業. doi:10.32205/jjjiff.102.0_39
  2. ^ 潮雅之. 2017.特集:熱帯林における球果類優占のメカニズム-マキ科・ナンヨウスギ科の根の形態・菌根菌・窒素固定活性. 日本生態学会誌67(3), pp337-345. doi:10.18960/seitai.67.3_339
  3. ^ 屋我嗣良. 1997. 沖縄の建築物とシロアリ防除技術. 木材保存23(5), pp2222-228.doi:10.5990/jwpa.23.222

外部リンク[編集]