友部町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
友部町
廃止日 2006年3月19日
廃止理由 新設合併
笠間市、友部町岩間町笠間市
現在の自治体 笠間市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 茨城県
西茨城郡
団体コード 08321-6
面積 58.71km²
総人口 35,425
推計人口、2006年3月1日)
隣接自治体 笠間市水戸市茨城町岩間町
町の木 モクセイ
町の花 キク
町の鳥 ウグイス
友部町役場
所在地 309-1792
茨城県西茨城郡友部町中央3-2-1
外部リンク 友部町 (Internet Archive)
座標 北緯36度20分42秒
東経140度18分15.1秒
友部町の県内位置図
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

友部町(ともべまち)は、関東地方の北東部、茨城県中部の西茨城郡にあったである。

2006年3月19日に、旧笠間市岩間町と合併し、新制の笠間市が成立したことにより廃止された。
新制の笠間市役所の本庁は旧友部町域に置かれている。

地理[編集]

茨城県のほぼ中央に位置し、北西部は八溝山系が緩やかに連なる丘陵地帯で、東南部は概ね平坦な大地が開ける。涸沼川が南西部を流れ涸沼に注ぐ。

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

1955年1月15日、宍戸町・大原村・北川根村と鯉渕村の一部が合併して成立。

「友部」の名の由来はさして古くはなく、1895年に現在の水戸線の駅が設置された際、付近が「南友部村」と呼ばれた地域であったことにちなむ。上記4か町村が合併したのも、中学校の学区に合わせるためという、極めて政治的な理由に基づく。歴史的には、上記4か町村間に密接な関係はない。

大原村は明治以前は茨城の里と呼ばれた。大原の名そのものも、うばらき(茨城の古発音)が転訛した小原(おばら・現友部町大字小原)に由来する。茨城の里が文献に登場するのは非常に早く、古事記の神代巻にすでに「茨城国造」の語が登場する。常陸国風土記にもこの地についての記述があるが、風土記成立当時、すでにこの地域は茨城郡ではなく那珂郡となっていた。このため、「茨城」の名の由来となった地はここではなく茨城郡の中心地であった現石岡市近辺であるとする説もある。

中世には、後の宍戸町となる地域に宍戸荘が開かれ、やがてここに土着した八田知家の子孫・宍戸氏の勢力範囲となる。他方、小原地域には、室町時代中期に里見氏が土着し、小原城を築いて戦国期まで勢力を張った。この里見氏は後に安房の大名となった里見氏の祖先であると伝えられるが、確証はない。小原城は戦国末期に佐竹氏の攻撃により滅び、宍戸も関ヶ原の戦いの後秋田氏の領地となる。江戸期においては、宍戸は水戸藩連枝の領地となり、大原地区は天領となって明治維新を迎えた。

年表[編集]

行政区域変遷[編集]

※細かい町域の変遷は省略。

  • 変遷の年表
  • 変遷表

行政[編集]

  • 末代の町長:川上好孝

経済[編集]

産業[編集]

特産品[編集]

主な学校[編集]

交通[編集]

東京方面と栃木県方面を結ぶ交通の結節点である。

鉄道[編集]

道路[編集]

観光・祭事[編集]

  • 北山公園
  • ふるさと友部まつり

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 友部町史編さん委員会編『友部町史』、友部町、1990年より
  2. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 8 茨城県』、角川書店、1983年 ISBN 4040010809より

関連項目[編集]