奥野谷浜駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
奥野谷浜駅
Kashima-Rinkai-Okunoyahama-Sta.JPG
奥野谷浜駅。各工場への専用線が分岐する
(2010年6月)
おくのやはま
OKUNOYAHAMA
神栖 (9.1km)
所在地 茨城県神栖市東和田
所属事業者 鹿島臨海鉄道
所属路線 鹿島臨港線
キロ程 19.2km(鹿島サッカースタジアム起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1970年(昭和45年)7月21日
備考 貨物専用駅
テンプレートを表示

奥野谷浜駅(おくのやはまえき)は、茨城県神栖市東和田にある鹿島臨海鉄道鹿島臨港線貨物駅である。

駅概要[編集]

専用線発着コンテナ貨物・専用線発着車扱貨物の取扱駅となっている。

地上駅で、三菱ケミカル鹿島事業所、JSR鹿島工場への専用線が分岐している。神栖 - 奥野谷浜間には、平日午前不定期にJSR向けのコンテナ列車が運行されている[1]

かつては信越化学工業鹿島工場、鹿島石油鹿島製油所、武田薬品工業鹿島工場への専用線もあった。武田薬品工業専用線では、速星駅からタンク車濃硝酸が輸送されていたが2008年3月限りで廃止された。信越化学工業専用線ではポリ塩化ビニルを、鹿島石油専用線では石油などを取り扱っていた。三菱化学専用線には液化酸化エチレンの荷役設備が設置され、塩浜駅へ液化酸化エチレンが発送されていたが2011年3月限りで廃止された。(東日本大震災により3月11日発送をもって事実上終了)

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

鹿島臨海鉄道
鹿島臨港線
神栖駅 - 知手駅 - 奥野谷浜駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 岩成政和「私鉄貨物列車 2018」『レイルマガジン』第418号、ネコ・パブリッシング、2018年7月。

関連項目[編集]