加藤レイズナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 レイズナ(かとう レイズナ、1987年9月11日 - )は、日本フリーライター茨城県神栖市出身[1]。筆名の由来は、アニメ『蒼き流星SPTレイズナー[2]

『webマガジン幻冬舎』、『日経BP』や『Quick Japan』、『エキサイトレビュー』などで活躍する[3]

高校卒業後上京し、警備員アルバイトをしながら、友人たちと『ニコニコ動画』ではまだ珍しかったゲーム実況を行うようになり、編集者の目に留まる[3][4]。2008年、『Quick Japan』vol.80に『プリキュアシリーズ』についてのコラムを執筆してライターデビュー。アニメゲーム関係を中心にインタビュー記事を多く執筆する。また、ゆとり世代ということや、『ニコニコ動画』では「ゆとり組」というグループ名で活動してきた出自を活かし、「ゆとり世代が業界の大物に話を聴く」というインタビューを数多く行っている。インタビューの対象は、政治家、小説家、漫画家、絵本作家、声優、ゲームクリエイター、テレビプロデューサー、舞台作家などジャンルを問わない。

書籍[編集]

  • 『プリキュア シンドローム! 〈プリキュア5〉の魂を生んだ25人』(幻冬舎、2012年3月9日発売) ISBN 978-4-344-02146-4
    • 川村敏江が描き下ろし表紙、裏表紙、シークレットイラストを3枚セットにしたオリジナルポストカード。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]