柳家三之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
柳家 三之助やなぎや さんのすけ
本名 溝口 博之(みぞぐち ひろゆき)
生年月日 (1973-05-01) 1973年5月1日(44歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県銚子市茨城県神栖市
師匠 10代目柳家小三治
名跡 1. 柳家小ざる(1996年 - 1999年)
2. 柳家三之助(1999年 -
出囃子 都鳥
活動期間 1995年 -
所属 落語協会
公式サイト 柳家三之助公式ブログ
備考
銚子市ふるさと大使

柳家 三之助やなぎや さんのすけ1973年5月1日 - )は、落語協会所属の噺家。10代目柳家小三治の9番目の弟子。千葉県銚子市出身。出生地は東京都江東区。本名は溝口 博之みぞぐち ひろゆき。血液型O型。

略歴[編集]

年表[編集]

  • 1973年(昭和48年)5月 東京都に生まれる
  • 1986年(昭和61年)3月 銚子市立清水小学校卒業
  • 1989年(平成元年)3月 波崎町立波崎第四中学校卒業(当時)
  • 1992年(平成4年)3月 銚子市立銚子高等学校卒業
  • 1995年(平成7年)9月 10代目柳家小三治に入門
  • 1996年(平成8年)3月 上智大学経済学部経営学科卒業
  • 1996年(平成8年)5月 前座名「柳家小ざる」を名乗る
  • 1996年(平成8年)6月 鈴本演芸場にて前座として入り、以後都内各寄席にて修行をする。
  • 1999年(平成11年)11月 二ツ目昇進「柳家三之助」と改名する。
  • 2010年(平成22年)3月 真打昇進

入門前の活動[編集]

一貫して帰宅部・文化部畑を歩む。小学校では器楽部、中学校では吹奏楽部、高校時代には吹奏楽部を掛け持ちしがら演劇部に所属し、長く休眠状態だった同部を二年連続県大会出場へと導いたが、県大会にてそのレベルの違いに愕然とする。小学生時代に水泳部と駅伝部に所属したことがあるが、公式の記録からは抹消されているようである。

大学入学と同時に新聞奨学生として二年間の経験を積むが、通常の学生のようなサークル活動が不可能であったために、主に飲酒と観劇、寄席見物などの活動に力を入れる。 大学生活の後半二年は、DTPオペレータとして出力センターでアルバイトをしながら生計を立てる。この頃覚えたデザインや印刷・製版の知識を生かし、現在自身のものだけでなく、多数の落語会のチラシその他の広告製作を手がけている。

入門後の活動[編集]

兄弟子に優秀な人材が多数おり、これは真似が出来ないと早々にあきらめながらも何とか前座修行を乗り切る。そのあきらめが図々しさに変質してきたのもこの頃である。

紀伊国屋寄席・TBS落語研究会などのホール落語の他、日本演芸若手研精会の前座を勤める。

二ツ目昇進後は、各地での落語会、寄席への出演を精力的に行う。 基本的には古典落語の演じ手ではあるが、2013年1月8日にPodcastのリスナーと勢いで約束してしまった新作落語の上演を強行した。演目は三遊亭天どん作の「巣鴨の噂」で、それ以降新作落語を上演した形跡は確認されていない。

落語協会ホームページ副委員長として約15年に渡りインターネットと落語界との関わり合い方を模索してきた。第一回の2000年から企画制作に関わり、2006年6月より「落語協会インターネット落語会」のナビゲータを林家ぼたんらとともに務めた。2006年7月よりアットネットホーム会員専用コンテンツにおいて、落語などの動画コンテンツや、趣味の写真を添えたコラムなどを発信する「柳家三之助ラク語旅」を開始、その後2006年11月よりYahoo!インターネット検定において落語「通」検定の企画・問題作成・公式テキストの執筆を行った。また、変わったところでは2012年に制定された落語協会公認キャラクター「はなしか」の企画にも参加した。いずれのコンテンツとも、落語をはじめて聞く人への配慮がなされており、自分自身のアピールだけでなく、インターネットという新しいメディアを使った新たな落語ファンの獲得を試みている。2015年3月末日に落語協会の方針変更により、落語協会ホームページの運営任務を辞する。

その他、落語協会の公式行事となった圓朝まつりの実行委員として広報活動に従事、若手二ツ目の会の広報活動なども得意のコンピュータを駆使して助力、落語界全体の活性化に寄与すべく活動している。「三之助とは電話よりメールTwitterなどのSNSの方が早く連絡が取れる」というのは落語ファン・寄席関係者の常識である。

2010年(平成22年)に銚子市ふるさと大使に任命される。

趣味の「旅客機好き」が高じて平成18年1月25日に「オールフライトニッポン」、平成20年10月24日にその続編となる「ANAの女性たち オールフライトニッポン2」(ともに風濤社)を出版。プロのパイロットや整備士、CAなどから引き出したマニアックな話を、誰にでも楽しめるようにまとめた内容が、インターネット上や、各種雑誌(「本の雑誌」にて紹介された)にて評判を呼び、書店でのトークショーも各地で行なわれた。 平成19年7月29日より千葉県芝山町航空科学博物館にて本業の落語と「やさしい航空のはなし」を組み合わせた「航空寄席」を毎年一回開催。平成21年8月29日から定期会として中部国際空港セントレアホールにて「セントレア寄席」もスタートし、わざわざ成田国際空港から、セントレアまで飛行機で駆けつけるなど、趣味と実益を兼ねた活動を広げている。貯めたマイレージは主に地方公演の交通費を観客に負担させないための特典航空券取得のために使用してしまっている。本当は「陸マイラー」なのではないかという噂も根強い。2015年ごろから熱心なファン・ご贔屓のことを「PAX(パックス)」(搭乗者の意味)、落語会のことと「FLT(フライト)」と呼ぶようになったが、言い出した本人も含め定着はしなかったようである。

2004年に始まった自身の独演会「三之助をみたかい?」は他の公演活動とは一線を画し、規模よりもその継続性や生の高座の醍醐味を伝えることに重きを置いている。また、その考え方に賛同した各地の落語ファンにより「三之助をみたかい?in ◯◯」としてまずは札幌市から広がり始め、現在では全国10ヶ所に増えている。この公演の特色は、スタッフが興行関係者、いわゆるプロではなく、地元の落語好きが独自に企画運営をしているので、出演者は同じでも各地で様々な特色のある落語会となっており、札幌のように東京と同じ開催頻度(隔月)となっているものもある。また「三之助をみたかい?」から派生した独演会も群馬県高崎市宮崎県日南市福岡県糸島市など各地に生まれ、2016年現在の最新のものとしてマレーシアプタリンジャヤで、国内では北海道余市町や愛知県名古屋市鹿児島県鹿児島市でも落語会を始動させている。初の海外公演としては2015年3月21日にタンザニアダルエスサラームにて現地邦人のための独演会がある。もうこれ以上はスケジュールのことを考えても開催箇所を増やすのは無理だと高座で公言しているが、その信憑性は低いとみるべきである。

2014年8月にはこれまでのインターネットを用いた広報活動を一つにまとめ、顧客の利便性を向上させる目的でスマホアプリを公開した。アプリ利用者だけのコンテンツや会員制度、落語会の来場に応じたポイント付与など「遊び半分の中のご贔屓さんとのつながり」を重視した内容となっている。なお、アプリの開発と保守は宮崎県にて行われており、地方と地方の文化格差を根絶する実現不可能と思われる夢の実現に向けて日々試行錯誤する片鱗が垣間見える。

レギュラーの落語会[編集]

  • 三之助をみたかい?in 東京(2004年より年6回程度。他の場所での開催が増えたため、2011年2月開催より「in 東京」となった)
  • 三之助をみたかい?in 札幌(2008年より年6回程度)
  • 三之助をみたかい?in 福岡(2009年より年3回程度)
  • 三之助をみたかい?in 稚内(2010年より年1回程度)
  • 三之助をみたかい?in 神栖(2010年より年2回程度)
  • 三之助をみたかい?in 室蘭(2011年より年3回程度)
  • 三之助をみたかい?in 宮崎(2012年より年2回程度)
  • 三之助をみたかい?in 松本(2012年より年3回程度)
  • 三之助をみたかい?in 函館(2013年より年2回程度)
  • 三之助をみたかい?in 薩摩川内(2013年より年2回程度・in 鹿児島より2016年に改称)
  • 三之助をみたかい?in BKK(2015年3月より年2回程度)
  • 三之助をみたかい?in 余市(2016年2月より年2回程度)
  • 三之助をみたかい?in MYS(プタリンジャヤ・2016年9月より年2回程度)
  • 三之助をみたかい?in 名古屋(2016年11月から)
  • 三之助をみたかい?in 谷山(鹿児島市・2016年12月から)
  • 航空寄席(2007年より航空科学博物館年1回)
  • セントレア寄席(2009年より中部国際空港にて年2回程度)
  • 駒沢ひろの亭寄席(2001年より年4回程度)
  • 三之助三昧(2011年より群馬県高崎市にて年3回程度)
  • 三之助いと愉会!(2012年より福岡県糸島市にて年2回程度)
  • 三之助にちなんで!(2012年より宮崎県日南市にて年2回程度)
  • 院内寄席(2012年より北海道室蘭市製鉄記念室蘭病院にて年2回程度)
  • 狸寄席(2013年より北海道札幌市にて年2回程度)
  • 三本締めの会(2000年より不定期開催)
  • 鶴ヶ峰寄席(2004年より月1回)レギュラー出演者桃月庵白酒三遊亭時松と交互出演
  • 西が丘落語会(2004年より年2回)
  • 北二寄席(2003年より年2回)
  • 神保町らくごカフェ・らくごカフェに火曜会OB会(2013年より・不定期出演)

(終了したもの)

  • 桜田落語会(2007年より年6回)真打昇進とともに卒業
  • 日本演芸若手研精会(2000年より月1回)真打昇進とともに卒業
  • てうし寄席(2003年年2回)真打昇進とともに終了
  • 新橋レッドペッパー・火曜寄席(2000年より週一回のレギュラー)2004年に終了
  • 神保町らくごカフェ・らくごカフェに火曜会(2009年より)2013年に卒業
  • イオンシネマ寄席 柳家三之助の会(2012年より千葉県銚子市にて)2013年に終了
  • 馬吉と三之助の(2008年より)2016年に終了
  • せんのは落語会(2008年より国立演芸場)2017年に10回目の区切りで終了

二ツ目時代から寄席囃子の笛吹きとしてTBS落語研究会、朝日名人会、ビクター落語会(ビクターエンタテインメント)や寄席披露興行にて演奏。各種媒体での録音も多数ある。

各種媒体への出演など[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

地方公演の際にはコミュニティーFM等へも出演している。

インターネット[編集]

  • 2006年(平成18年)〜 2008年(平成20年) インプレスTV インターネット落語会 ナビゲータ・出演
  • 2006年(平成18年)〜 2008年(平成20年) Yahoo! JAPAN・Yahoo!動画「インターネット落語会」出演
  • 2006年(平成18年)〜 2009年(平成20年)  ニフティ ココログポッドキャスティング「にふ亭 ぽっどきゃすてぃんぐ落語」出演
  • 2006年(平成18年)  アットネットホーム会員用コンテンツ 柳家三之助ラク語旅 写真・執筆・落語コンテンツ
  • 2006年(平成18年)  フジテレビフジポッド「お台場寄席」出演
  • 2006年(平成18年) Yahoo!インターネット検定・落語「通」検定 企画・問題作成
  • 2007年(平成19年)〜 2009年(平成21年 ) 日経BP社・nikkeiBPnet「セカンドステージ」内コラム 噺家・柳家三之助の「落語の世界へようこそ」執筆
  • 2008年(平成20年)  北海道テレビ放送 「On!Line Podcast KISSA」出演
  • 2008年(平成20年)  ぷららひかりTVナビ「東京落語散歩」出演
  • 2008年(平成20年)〜 2009年(平成21年) So-net 「みんなのテレビ」落語協会インターネット落語会 ナビゲータ・出演
  • 2009年(平成21年)〜 2015年(平成27年)  YouTube 落語協会インターネット落語会 ナビゲータ・出演
  • 2013年(平成25年) 札幌発のWebメディア「札幌人図鑑」出演

新聞[編集]

  • 2001年(平成13年) 日刊スポーツ「寄席」欄
  • 2002年(平成14年) 毎日新聞「圓朝まつりのハイテク落語家」
  • 2005年(平成17年) ふれあい毎日「千葉県出身の噺家特集」
  • 2006年(平成18年) 東京新聞「Show 笑芸人」欄
  • 2006年(平成18年) 東京新聞「放送&芸能」欄
  • 2011年(平成23年) 北海道新聞夕刊土曜版・週刊フムフム
  • 2013年(平成25年) 毎日新聞朝刊千葉県版・あした輝く:ちばRookies
  • 2013年(平成25年) 北海道新聞朝刊・ひと2013

雑誌[編集]

映画[編集]

イベント[編集]

その他[編集]

  • 2006年(平成18年) 「小沢昭一的新宿末廣亭十夜」小沢昭一著(講談社)書籍情報: ISBN 4-06213-478-0 の巻頭写真を撮影
  • 2008年(平成20年) 航空科学博物館ニュース「えあろみゅーじあむ」コラム「三之助さん、今日も空港ですか?」を執筆
  • 2011年(平成23年) 演劇集団キャラメルボックス「降りそそぐ百万粒の雨さえも」方言指導
  • 2012年(平成24年)〜  三省堂 文部科学省認定教科書「現代の国語」指導者用デジタルテキスト 映像提供

著書[編集]

DVD[編集]

CD[編集]

ネット配信[編集]

スマホアプリ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]