ボルドー液

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボルドー液を散布したブドウの葉
ボルドー液を散布したブドウの葉

ボルドー液(ボルドーえき、: Bouillie bordelaise)とは、殺菌剤として使われる硫酸銅消石灰の混合溶液[1]。塩基性硫酸銅カルシウムを主成分とする農薬で、果樹野菜などの幅広い作物で使用されている[2]。1L当たりの硫酸銅、生石灰のグラム数に基づき、“4-4式ボルドー”や“6-6式ボルドー”のように表記する場合もある[3]

また、ボルドー液は農林水産省告示する『有機農産物の日本農林規格』の「別表2」で指定されており、有機農法での利用が可能である[4][5]

概要[編集]

19世紀初頭のボルドー液の広告
19世紀初頭のボルドー液の広告

ボルドー液は100年以上の歴史を持つ伝統的な薬剤であるが、広範囲の病害に対する優れた予防効果と残効性を持ち、しかも安価である事などから現代でも農業において欠かすことの出来ない存在である[6]

全登録農薬を網羅した農山漁村文化協会刊行の『農薬・防除便覧』には、塩基性硫酸銅の水和剤として、井上石灰工業ICボルドー66D、ICボルドー48Q、ICボルドー412の3種類と、日本農薬フジドーフロアブルZボルドーの2種類が掲載されている[7]

効用[編集]

殺菌効果[編集]

ボルドー液の殺菌効果は、銅イオンスルフヒドリル酵素酸化する事によるチオール(SH)阻害であり、病原糸状菌のみならず病原細菌にも有効である[8]。また、耐性菌が生まれる心配も無いとされ、効果が安定している[8]チャ白星病や、水稲いもち病など、長年ボルドー液が唯一の特効薬とされてきた病気も少なくなかった[9][10]

細菌の侵入防止効果[編集]

ボルドー液はその優れた残効性から、果実の表面を覆い植物の内部への病原菌などの侵入を防止する効果も有している[11]

植物の活性化・抵抗性向上効果[編集]

こうした細菌等に対する効果の他にも、銅イオンがエチレン受容体配位されることで植物ホルモンの一種であるエチレンが機能することから[12]、植物そのものを活性化する作用もあるとされる。また、銅にはエリシターとしてファイトアレキシンを誘導する効果、つまり植物の免疫機構を活性化する効果も認められている[13]

害虫防除効果[編集]

更に、ナメクジカタツムリなどは銅イオンを忌避する事が研究で明らかになっており[14]、これらの防除効果も期待できる。

歴史[編集]

調製[編集]

一般的な調製方法の例として、大阪府環境農林水産部農政室推進課病害虫防除グループによるボルドー液の調整法を以下に示す[23]

  • 生石灰を消化し、10 - 20%の水で乳化する。
  • 硫酸銅を砕いて、80 - 90%の水に溶かす。
  • 石灰乳を混ぜながら、硫酸銅を注いでいく。

このようにボルドー液は、使用する前に“庭先混合”と呼ばれる[24]煩雑な調整作業を必要とするが、ICボルドーのように事前に調整が完了しており、水で薄めるだけで使用できる商品も存在する[25]

危険性[編集]

ボルドー液に使われる硫酸銅は劇物に指定されているが、ボルドー液自体の安全性は高く、収穫物に残留するレベルの量ではヒトへの危険性はない。ボルドー液のような無機銅農薬を使用した農産物は、日本農林規格(JAS)において「有機農産物」の表示が認められている[26]

ただし、硫酸銅は水棲生物(魚類、甲殻類、藻類)に強い毒性を有するため、ボルドー液が河川、湖沼、養殖池および海域に飛散、流入しないよう注意が必要となる。

また、生石灰は水と発熱反応する[27]ほか、石灰が皮膚に直接触れると、と反応して化学熱傷の原因になる[28]。また、作物の種類や不適切な混用などによっては、作物に汚損などの薬害を起こす場合もある[29]。そのため、ボルドー液の使用に際しては、適切な装備と適切な用法を心掛ける必要がある。

かつてはボルドー液に酢酸フェニール水銀やエチルリン酸水銀などを配合した水銀ボルドー液が使用された時代もあった。これは銅化合物の予防的効果に有機水銀の即効的な殺菌効果を付加したものであった[30][31]が、水銀が人体へ与える危険性が広まるにつれて使用されることは無くなった。

脚注[編集]

  1. ^ 松村 2006
  2. ^ 化学用語辞典編集委員会 1992, p. 81
  3. ^ 三重県農産物安全課
  4. ^ 農林水産省 2012, p. 1,7
  5. ^ 日本土壌協会 2010, p. 272-274
  6. ^ くぬ刀 1996, p. 35
  7. ^ 米山 2012, p. 菌8
  8. ^ a b 安東 2002, p. 118
  9. ^ 高屋 1982, p. 110
  10. ^ 田代 2009, p. 26
  11. ^ 田盛 1966, p. 31
  12. ^ 吉田 2007, p. 1
  13. ^ 渡辺 2000, p. 6の10
  14. ^ 奥谷 1983
  15. ^ Ainsworth 1981, p. 111
  16. ^ Mehrotra 2013, p. 16
  17. ^ Millardet 1885
  18. ^ 小島 1892
  19. ^ 井上 2007, p. 81
  20. ^ 大澤 2010, p. 199
  21. ^ 大田 2014, p. 368
  22. ^ 細辻 1986, p. 516
  23. ^ 大阪府環境農林水産部農政室推進課病害虫防除グループ
  24. ^ 松中 2002, p. 11
  25. ^ 井上石灰工業
  26. ^ 「有機」表示のできる農薬 http://www.greenjapan.co.jp/yuki_hyoji_noyak.htm
  27. ^ 化学工学会SCE・Net編 2011, p. 180
  28. ^ 永美 2010
  29. ^ 濱地 1985
  30. ^ 慶野金市「ボルドー液」『新版 林業百科事典』第2版第5刷 p292 日本林業技術協会 1984年(昭和59年)発行
  31. ^ 田中彰一, 北島博, 山田しゅん一「柑橘潰瘍病に対する殺菌剤,特に抗生物質の効果」『園芸試験場報告. B』第1号、農林省園芸試験場、1962年3月、 172-181頁、 ISSN 0424-9968NAID 220000126786

参考文献[編集]

関連項目[編集]